05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    SST-ST85F-GS トレンドを取り入れた電源! 

    SilverStone Strider SST-ST85F-GS
    SilverStoneが昨年より注力している点に、高出力の電源をサイズをより小さくするというところにありますが、その代表格がSST-ST85F-GSとSST-ST75F-GSでないでしょうか。
    従来のGoldシリーズのSST-ST85F-G-Eと比較して、奥行が180㎜から150㎜に小さくなっています。850Wクラスで奥行が150㎜ということは、CORSAIR Air 540のようなキューブ型PCケースにも対応しますし、時代を先取りした電源と言えそうです。

    今回SilverStone製のGSシリーズにするか、Corsair製のRMシリーズにするか悩みましたが、マザーボードのZ87 OC Formulaの12V電源コネクタが8ピン✖2に対応しているのが、GSシリーズの750W&850Wは問題ありませんが、RM750Wだと8ピン✖1(RM850はOK)のため非対応ということで、今後の拡張性も考慮してSilverStone製をチョイスしました。


    SST-ST85F-GS
    小さいサイズ、高パフォーマンス、効率および品質というパーフェクトな組合せの電源ということでSST-ST85F-GSをチョイスしました。世界最小の完全モジュラーATX PSUであり、CORSAIR Air540にピッタリですね!
    Picture 1028_R


    安心の3年間保証
    保証期間が3年が長いか短いかは評価が分かれると思いますが、個人的には消耗品である電源を、メイン機で5年以上使うことは無いかなと思いこれに決めました。CORSAIR RMシリーズは5年保証、AXシリーズは7年保証ですが、使い方にもよりますが、恐らくSST-ST85F-GSも5年間は問題なく使える思っています。
    Picture 1033_R


    パッケージ開封
    今までのSST-ST75F-G-Eのパッケージに比べてもかなりコンパクトになっています。なるべくパッケージは細かく内容物が充実というのが理想的ですね!
    Picture 1035_R


    同封されているケーブル類
    1 x 24 / 20ピンマザーボードコネクタ(550mm)
    1 x 8 / 4ピンEPS / ATX 12Vコネクタ(750mm)
    1 x 8 / 4ピンEPS / ATX 12Vコネクタ(550mm)
    4 x 8 / 6ピンPCIEコネクタ(550mm)
    8 x SATAコネクタ(”600mm / 150mm / 150mm / 150mm” x 2)
    6 x 4ピン周辺用コネクタ(”600mm / 150mm / 150mm” x 2)
    2 x 4ピンフロッピーコネクタ(”600mm / 150mm / 150mm / 150mm” x 2)
    Picture 1037_R


    フラット24ピンケーブル採用
    新モジュラーケーブルは、従来のものと比べ柔らかさを増しており、更にケーブルマネジメントを容易にしています。
    Picture 1041_R


    フラットタイプで取り回しが容易?
    今まで付属のケーブルを使っている方は、柔らかく取り回しが容易と思うかもしれませんが、SST-PP06Bシリーズのスリーズケーブルを使ったことがある方は、やや不満があるかもしれません。ビニール製のケーブルはやや安っぽく見えますが、ケース内では見栄えはなかなかいいですよ!
    Picture 1046_R


    ペリフェラル電源用ケーブル
    ペリフェラル&SATA電源用ケーブルは従来のものと250㎜間隔から150㎜間隔に変わっています。その他の24ピンやEPS、PCIEケーブルは長さも同じになっています。
    Picture 1050_R


    ペリフェラルコネクタ
    従来のSST-ST75F-Pなどに付属しているケーブルと比較すると、確かにかなり柔らかく取り回しもしやすくなっています。
    Picture 1051_R


    6ピンPCIEコネクタ
    PCI-E 8(6+2)ピンコネクタ×4搭載で、SLI、CrossFireの構築が可能です。かなり拡張性がありますね!
    Picture 1055_R


    Silver Stone製対応の3種類のケーブル
    左から従来のケーブル、SST-ST85F-GS付属のフラットケーブル、SST-PP06Bシリーズのスリーブケーブルです。やはりSST-PP06Bシリーズが一番使いやすいかな・・・
    Picture 1057_R


    静音120㎜ファン搭載
    最小18dBAの静音120mmファンです。PSU LOAD60%までは700rpm前後で回転しますので、現状では400W以上は使いませんからかなり静かに使えそうです。
    Picture 1064_R


    外側から電源内部を確認
    なんとSilverStoneの電源にもON/OFFスイッチが搭載されました。今まで無かったのが不思議でしたが・・・
    Picture 1067_R


    モジュラー部
    メイン電源ケーブルや、ATX12Vケーブルも全てモジュラー方式です。これってかなり有難いです。最少必要ケーブルだけでいいし、配線がかなり容易になります。今回12V電源コネクタが8ピン✖2に対応というのが前提でしたので満足の構成です。
    Picture 1070_R


    SST-ST85F-GS規格
    連続70Aシングルの強力な+12V出力が魅力です。
    Picture 1075_R


    DC出力&負荷範囲
    SST ST85F


    80 PLUS Goldレベルの効率設計
    「80PLUS Gold」認証を取得しています。20~100%負荷時、効率87~90%の高電源効率です。廃熱を減らし電力を節約できそうです。
    ST75f-85f-1000F-1200f-g-e-1.jpg


    消費電力を比較してみました
    CPU&グラフィックカードの高負荷状態の3DMARKでMAX320Wを超えることはありませんでした。もしかしたら750Wで十分だったかな・・・
    後日PowerSupplyをしてみましたが、消費電力はMAX395Wでしたので、現状の構成でこれ以上CPUやグラボをOCしなければ400W以上使うことはないようです。
    消費電力


    PCの構成
    【M/B】 ASRock Z87 OC Formula
    【CPU】 intel Core i7-4770K 4.5GHz OC
    【GPU】 N760GTX Twin Frozr 4S OC
    【RAM】 XPG V2シリーズ AX3U2600W4G11-DGV
    【クーラー】CORSAIR H110
    【SSD】 PX-128M5P
    【HDD】 ST2000DM001
    【HDD】 ST1000DM003
    【サウンド】PCIe Sound Blaster Z SB-Z
    【PSU】 SILVERSTONE SST-S875F-GS
    【CASE】CORSAIR Air 540
    【OS】 Windows8.1 Pro 64bit

    OCCT Linpack
    4770K 4.5GHzでLinpackをしてみました。NAX78℃と何とか80℃以下に収まりました。電源の安定感は抜群ですね。
    LINPAK.png


    2014-01-08-20h33-Temperature-Core #2

    2014-01-08-20h33-Voltage-AVCC.png


    Linpack時のHWiNFO64
    4770k 4.5GHz Vcore1.285VでLinpack時のHWiNFO64です。
    Core#0 77℃
    Core#1 76℃
    Core#2 70℃
    Core#3 69℃
    HWiNFO64 ST85F GS


    Power Supplyで電源の安定性を確認
    Power Supplyで電源の安定性を確認してみました。4770KのVcore1.275Vに変更しています。
    Power Supply


    CPU&Bus周波数も安定しています!
    2014-01-14-13h16-Frequency-Bus.png

    2014-01-08-20h33-Frequency-CPU #0

    CPUへの供給電圧、コア電圧も安定!
    2014-01-14-13h16-Voltage-CPU VCORE

    2014-01-14-13h16-Voltage-VIN4.png

    Power Supply時のHW Monitor
    Power Supply HWM


    3DMARK時の消費電力
    3DMARK時の消費電力は290W~320Wで表示されています。PSU LOAD50%で効率91%ですから、現状の構成ではややオーバースペック気味ですが、今後新たなパーツを組むことを考えると余裕がありあそうです。
    Picture 1035_R


    奥行き150㎜で設置が簡単に
    今まで使っていたSST-ST75F-PたSST-ST75F-G-Eは奥行が180㎜でしたので、SST-ST85F-GSの150㎜はかなり設置しやすくなります。その分電源ストレージエリアも広くなるのでいいですね!
    Picture 1077_R


    換装後の電源ストレージエリア
    配線は適当にしていますが、意外とフラットケーブルだとまとめるのが難しそうです。後日きれいに裏配線していきます。
    Picture 1081_R


    SST-PP06Bシリーズが綺麗かな?
    個人的にはこちらの方がきれいに見えますが・・・
    Picture 592_R


    Air 540機にBKフラットケーブルが似合う?
    マザーボードストレージエリアのケーブルはきれいに見えます。ケーブルが整列しているのでなかなかいい感じです。
    Picture 1061_R


    Air 540機の大きさには丁度いい本体の大きさと、フラットケーブルの長さもGoodなSST-ST85F-GSでした。80+Gold 850Wということもあり、高負荷時も安定していますし満足の電源でした。
    SilverStoneと言えばPCケースと電源が人気ですが、このSST-ST85F-GSはかなり力を入れて作られたんでしょうね!
    同時期に発売されたCORSAIR RMシリーズをかなり意識した電源ですが、いやCORSAIRがGSシリーズを意識したのかもしれませんが、世界最小の完全なモジュラーATX PSUということで、今後はGSシリーズが人気になってきそうです。


    CONECO・NETレビュー
    SilverStone製PSUも進化していた!



    SilverStone STRIDER GOLD S シリーズ 80+Gold 850W電源 奥行150mmモデル SST-ST85F-GS 【Haswell対応】SilverStone STRIDER GOLD S シリーズ 80+Gold
    850W電源 奥行150mmモデル
    SST-ST85F-GS 【Haswell対応】


    商品詳細を見る


    SilverStone STRIDER GOLD S シリーズ 80+Gold 750W電源 奥行150mmモデル SST-ST75F-GS 【Haswell対応】SilverStone STRIDER GOLD S シリーズ 80+Gold
    750W電源 奥行150mmモデル
    SST-ST75F-GS 【Haswell対応】


    商品詳細を見る
    スポンサーサイト
    2014/01/11 Sat. 19:21 | trackback: 0 | comment: 6edit

    SST-ST75F-G-Eをスリーブケーブルにする 

    Silver Stone PP06シリーズ スリーブケーブル紹介
    電源のスリーブケーブルと言ったら第2世代スリーブケーブルを発売したCORSAIRが有名ですが、私のお気に入りのPSUであるSilverStoneでも、やっと昨年11月に発売されました。ただ、最近はどこのメーカーも上位機種のPLATINUMあたりは、標準でスリーブケーブルが多くなっていますので、あまり発売当初は気にもしていなかったのですが、魅せるPCを目指す私にとっては、やはりどうしても試しておく必要があると思いポチッてしまいました。
    現在使っている電源は、SilverStone製の STRIDER Gold Evolution SST-ST75F-G-ESilverStone STRIDER PLUS SST-ST75F-Pですが、今回購入したPP06シリーズは、ほとんどのSilverStone製の電源ユニット対応ですから、今後もSilverStoneを購入される方には便利なアイテムになりそうですよ!
    2009年以後リリースされたSilverStoneモジュラーPSU全てと互換性あり

    今までは、魅せるPCアイテムで紹介した、BitFenixの赤色と白色の延長ケーブルを使ってきましたが、PCI Express 6ピン電源延長ケーブルが45cm、ATX24Pin用が30cmと通常のケーブルプラスこの長さになるため、正直裏配線が非常に難しくなりますし、電源ユニット本体周りの配線が自由がきかないという不満点もありました。
    PP06シリーズは、シルバーストーン製モジュラー式電源用ケーブルで、個々の電線を黒色スリーブで包むことで、まとめやすさや取り回しやすさが向上します。選んだ一番の理由は見栄えもよくなるところでしょうか!


    PP06シリーズ
    SST-PP06B-MB55(メイン電源用・550mm)
    SST-PP06B-EPS55(ATX12V用・550mm)
    SST-PP06B-EPS75(ATX12V用・750mm)
    SST-PP06B-2PCIE70(VGA用・700mm)
    SST-PP06B-PCIE55(VGA用・550mm)
    SST-PP06B-3PER10F(ATAPI、FDD用・1000mm)
    SST-PP06B-4SATA10(SATA用・1000mm)
    Picture 51_R


    PP06シリーズ紹介動画



    PP06シリーズ対応電源
    SST-ST60F(V5.0以降) / SST-ST70F / SST-ST1000
    SST-ST1000-NV / SST-ST1200 / SST-ST1500
    SST-ST50F-P / SST-ST60F-P / SST-ST75F-P
    SST-ST85F-P / SST-ST1000-P / SST-ST75F-G
    SST-ST85F-G / SST-ST1000-G / SST-ST1200-G
    SST-ST75F-G Evolution / SST-ST85F-G Evolution / SST-ST1000-G Evolution
    SST-ST1200-G Evolution / SST-ST45SF-G / SST-ZM1350
    SST-ST55F-G / SST-ST65F-G / SST-ST60F-PS


    SILVERSTONE SST-ST75F-G-E
    80PLUS Gold認証ですが、性能的には80PLUS PLATINUM並みの評価ができそうです。20~100%負荷時、効率88~91%の高電源効率です。フルモジュラーケーブル方式ですが、ややケーブルが硬めなのが難点です!
    DSCF9609_R.jpg


    SST-ST75F-Pの基本のケーブルです
    最初からケーブルが全部挿してあるSilverStoneです。当初は感じがいいケーブルかなと思っていましたが、BitFenixのフリーブ延長ケーブルを使い始めて、やはり黄色や赤色のケーブルが気になるようになりました。
    DSCF7067.jpg


    SST-PP06B-3PER10F
    ペリフェラル用4ピン(大)×3、FDD用4ピン(小)×1の構成です。長さは550+150+150+150mm(合計1000mm)
    Picture 12_R


    ブラックのスリーブケーブルはカッコいい!
    従来の黄色や赤色のケーブルでないので、上品な感じになります。何と言ってもケーブルが柔らかい!裏配線が凄く楽になります。
    Picture 19_R

    CONECO・NETレビュー
    SilverStone PSUファンの方に!


    SST-PP06B-4SATA10
    SST-PP06B-4SATA10の製品構成は、4×SATA用(550+150+150+150mm)です。SATA×4の構成でケース内のSATA電源はカバーできますし、長さもフルタワーケースでもリアからトップに回しても、十分ディスクドライブまで届く長さです。
    Picture 20_R


    SST-PP06B-4SATA10は必需品
    今回は取り敢えずSST-PP06B-4SATA10は1本のみ購入しましたが、2台のPSUで使うことを考えたら、また追加購入する予定です。こちらも配線は楽ちんでした。
    Picture 25_R



    SST-PP06B-2PCIE70
    コネクタが6+2ピン×2で、長さが550+150mm(合計700mm)です。N660GTX Twin Frozr Ⅲ OCは補助電源は6ピン×1ですから、6ピンのみ使い2ピンは使いません。
    Picture 35_R


    注文を間違いました!
    長さが700㎜で×2というのは、6+2ピンが分岐して550㎜の先に同じ6+2ピンが付属していました。あー間違えた!本当はSST-PP06B-PCIE55でよかったのですが、まあそのまま使えますので良しとします。ちょっとフリーブケーブルがかさばりますが...
    Picture 41_R


    SST-PP06B-MB55
    コネクタは20+4ピンで、製品構成は1×20+4ピンATXコネクタ(550mm)です。今までBFA-MSC-24ATX45RK-RPで延長していましたので、十分過ぎる長さがありましたが、550㎜でガンダム1号機で裏から回せるか不安はありますが...
    Picture 44_R


    ちょっと短いかな?
    ガンダム1号機は、ケーブルホールがかなり遠くにあるので、550㎜で裏配線をして何とかギリギリ届きました。あと20㎜~30㎜あれば余裕があるのですが、でもあれだけ硬かったATXケーブルですが、このケーブルが一番取り回しが容易になり満足しています。
    Picture 49_R


    SST-PP06B-EPS75
    コネクタは4+4ピンで、長さが750mmです。こちらはケースの大きさで550㎜と選択できますので、ミドルタワーケースであれば、550㎜で十分でしょうね!
    Picture 65_R


    赤黒のイメージからシックな黒色をメインに!
    今までの赤黒のイメージから、黒をメインのケース内にしました。LEDファンが目立つのでケーブルくらいは少し質素にしないと、ハデハデでしたので(^-^)
    Picture 72_R


    PP06シリーズで揃えました!
    PSU周辺はこんな感じになりました!全てが黒いスリーブケーブルですから、上品な印象になりました。青いコネクタが少し目立つのが気になりますがGoodです!ちょっとCorsairのPSUみたいでいいのではないでしょうか?
    Picture 77_R

    今までの裏配線
    今までの裏配線はグチャグチャですね!言い訳をするならば、ファンケーブルだけで14本ありますので、これでもいい方かもしれませんが・・・
    Picture 6_R


    PP06シリーズに変更後の裏配線
    PP06のお陰で、ケーブル類の配線が楽になりましたので、この機会にさっと裏配線をしてみました。細かいケーブル類はエーモン工業の配線チューブ10㎜に収納しました。少しはマシになりましたが、またファンの配置換えなどしたらバラバラになりそうで怖いですね!
    Picture 96_R


    見栄えがしますか?
    これでPP06シリーズ取り付け完了です。ケース内のエアフローも完璧かな?BX141Wのケースにケーブルホールが2列あればもっときれいにできる自信はあるのですが、これでも少しは魅せるPCが出来上がったと我ながら満足しております。
    Picture 94_R


    最終的にBitFenixの延長ケーブルを装着して赤黒に変更しました!



    これからもSilver Stone製のPSUを使いたいと思っている方は、1セット持っていたら重宝すると思いますよ!
    PP06シリーズは見た目もですが、配線が超簡単になりますし、今後発売されるPSUにも対応していくと思いますので使い回しが可能です。この辺はCORSAIRより柔軟に対応しているのかもしれません。
    最初からPP06シリーズが付属していると言うことないいのですが、Silver Stone製のPSUはコストパフォーマンスがいいですから、その分高くなるよりは別途購入がいいかもしれませんね!
    できたらGOLD認証以上の上位クラスのPSUには付属して欲しいですが・・・

    最後にSilver Stoneの製品に対するこだわりのコメントがありましたので紹介します。

    Silver Stoneの製品紹介ページより
    PP06は、互換性のあるSilverStoneモジュラーPSUを利用して、ケース内の見栄えを改善したいユーザー皆様を対象として作られました。PP06はフルの長さのコネクタで、個々のワイヤーは黒のスリーブが装着されています。これは、種々のコンポーネントを接続しつつ、ケース内を整頓された状態に保ちたい方々にとって必須です。SilverStoneは同一のコネクタ装備のモジュラーPSUをリリースすることを約束するので、PP06は将来のSilverStone PSUアップグレードのために使用できる大きな投資となります。


    Haswell対応電源は大丈夫?
    オリエントブルーさんからの情報で、“Haswell”で新たに導入されるC6/C7 sleep stateでは12Vで0.05Aを供給できる必要があるということでしたが、SST-ST75F-G Evolutionは12V1系統で、最小電流が0.1Aで数字上はクリアできていませんが、恐らく4770KもOCで使うためC State SupportはDisabledにするし、C6/C7もアイドル時におけるシステム全体の消費電力は下がるかもしれないけど、一応Enabledにしておいて不安定になればDisabledに変更したらよさそうですね!
    個人的な見解では、SST-ST75F-G EvolutionもSST-ST75F-Pも問題なくHaswellで使えると思いますよ!


    SilverStone製のPSU Haswell対応表です
    またまたオリエントブルーさんから情報いただきました。ありがとうございます。
    SilverStoneのPSUのHaswell対応電源です。参考にして下さい。
    無題



    SilverStone プラグイン式電源用スリーブケーブル  SST-PP06B-MB55SilverStone プラグイン式電源用スリーブケーブル
    SST-PP06B-MB55


    商品詳細を見る


    SilverStone プラグイン式電源用スリーブケーブル  SST-PP06B-EPS55SilverStone プラグイン式電源用スリーブケーブル
    SST-PP06B-EPS55


    商品詳細を見る


    SilverStone プラグイン式電源用スリーブケーブル  SST-PP06B-3SATA80MSilverStone プラグイン式電源用スリーブケーブル
    SST-PP06B-3SATA80M


    商品詳細を見る
    2013/05/04 Sat. 12:57 | trackback: 0 | comment: 4edit

    新しい電源を80PLUS Goldにする 

    電源をStrider Goldシリーズに交換
    現在ガンダム1号機で使っている電源は、SILVERSTONEのSST-ST75F-Pですが、特に不満点は無かったのですが、Z9plusをそろそろパーツ交換していきたいので、今回SST-ST75F-PをZ9plusで使うことにしました。
    ガンダム1号機にはCorsair CMPSU-750AXかCMPSU-850AXが欲しかったのですが、良質なのはわかりますが、非常に高い!いろいろ吟味して選らんだ電源は、今までと同じくSILVERSTONEのSST-ST75F-G-Eです。今までの電源より高い変換効率、より静かな動作音を期待して選びました。


    SILVERSTONE SST-ST75F-G-E
    ゴールドラインが入ったパッケージで高級感がありますね!更に進化したStrider Goldシリーズと書いてありましたので期待できそうです。
    DSCF9609_R.jpg


    製品特徴
    3年間保証が長いと思うか、短いと思うかは・・・、まあ3年も使ったら間違いなく買い替えると思うので、個人的には○です。
    【製品特徵】
    ◆20%~100%負荷における高効率88%~91%を備えた80 PLUS Gold認証製品
    ◆徹甲弾ファン搭載、流体軸受け装備、非常に静音で動作するAir Penetrator の139mmファン
    ◆FF141 には、マグネット式ファンフィルタも付属
    ◆100%モジュラーケーブル
    ◆750W (850Wピーク出力) 24時間完全連続出力、動作温度40℃時
    ◆クラスをリードするシングル+12Vレール、62A
    ◆厳格な ±3%電圧制御および低リップル&ノイズ
    ◆日本製主要コンデンサ
    ◆マルチPCI-E 8ピンとPCI-E 6ピンコネクタをサポートするデュアルEPS 8ピン
    ◆ATX 12V 2.3 & EPS 12Vをサポート
    DSCF9616_R.jpg


    SILVERSTONE説明書
    説明書はありますが、特に目を通す必要もないかな?基本的なことの確認程度に見てみましょう。
    DSCF9619_R.jpg


    日本語での説明もあります
    SST-ST75F-Pにも確か少しだけ日本語ページがあったと思います。3~4ページだけ説明がありますよ!
    DSCF9622_R.jpg


    開封後の内容物
    FF141ファンフィルタが付属していますね!すでにガンダム1号機で3枚使用していますが、簡単メンテナンスで使い勝手がいいです。フルモジュラーケーブルはやはり全て差し込んだ状態ですね!SST-ST75F-Pの時と同じ状態です。
    DSCF9624_R.jpg


    製品仕様
    連続62Aシングルの強力な+12V出力です。SST-ST75F-Pは60A (ピーク時最大66A)でしたから、更なる安定が期待できそうです。
    【DC出力】
    +3.3V/22A
    +5V/25A
    +12V/62A(744W)
    -12V/0.3A
    +5Vsb/3.5A
    DSCF9631_R.jpg



    全てのプラグインは挿してあります
    フルモジュラーケーブル方式で、メイン電源ケーブルや、ATX 12Vケーブルも全てモジュラー方式になっています。SST-ST75F-Pよりややケーブルが柔らかくなっているみたいですね!
    1 x 24 / 20-Pin Motherboard connector (550mm)
    1 x 8 / 4-Pin EPS / ATX 12V connector (750mm)
    1 x 8 / 4-Pin EPS / ATX 12V connector (550mm)
    2 x 8/6-Pin PCIE connector (550mm)
    2 x 6-Pin PCIE connector (550mm)
    8 x SATA connector (600mm / 150mm / 150mm/150mm)
    6 x 4-Pin Peripheral connector (600mm / 150mm / 150mm)
    2 x 4-Pin Floppy connector (600mm / 150mm / 150mm / 150mm)
    DSCF9638_R.jpg


    ON/OFFスイッチが無い排気口
    前回からON/OFFスイッチが無いのは、慣れているので問題ありません。使っていてもあまりON/OFFスイッチがあればと思うこともほとんどありません。その分排気口が広くなりますので、排熱処理は期待できそうです。
    DSCF9634_R.jpg


    付属品一覧
    一般的な付属品ですが、FF141ファンフィルタがあるのが、細かい配慮があり◎です。ただ今回はZ9plus用につかいましたが・・・
    DSCF9643_R.jpg


    SST-ST75F-Pと比較
    SST-ST75F-Pと比較したら、奥行きが2㎝広いです。180mmありますので、ボトムファンがあるケースでは干渉しそうですから、購入前に必ずサイズを確認した上で購入しましょう!フルタワーケースであれば、何ら問題なく設置できると思いますが、裏配線がしにくくなるなど、問題点もありますのでご注意を。
    DSCF9650_R.jpg


    排気口比較
    SST-ST75F-Pの電源コネクタはやや抜けやすい感じでしたが、SST-ST75F-G-Eでは改良されているみたいです。コネクタ部分は、少しくらい入りにくくて抜けにくい感じがいいですね!
    DSCF9647_R.jpg


    180㎜の大型サイズです
    BX141Wには余裕で設置できますが、Z9plusだとボトムファンを外さないと設置できません。Z9plusは奥行き160㎜までの電源を選ぶようにしましょう!ただガンダム1号機にもボトムにFF141ファンフィルタを設置しようと思いましたが、設置不可でした。ファンを上向きに設置すればFF141も付けられますが、基本は電源はファンは下向きに設置するようにしています。しかし大きさだけでみれば1000Wクラスの電源の大きさですね!
    DSCF9652_R.jpg


    ジャストフィット
    ネジ穴もジャストフィットです。しかし排気口の網目が本当に粗いので、熱はこもらないようです。電源を切っている時はこの部分から埃が入りそうでね!
    DSCF9653_R.jpg


    設置後のケース内
    きれいに設置できました!フルプラグインケーブルですから、必要なケーブルのみで済みますので、配線は非常にしやすくなります。やはりケーブル自体は、SST-ST75F-Pより柔らかく、曲げやすい感じです。しかし裏配線が面倒ですね!細かい裏配線は、また後日きれいにするということで、SST-ST75F-G-Eに負荷を掛けて、安定性などを検証していきます。
    DSCF9658_R.jpg


    ツヤなしの表面加工が高級感あり
    表面処理はツヤ有ではなく、ガザガザとした肌触りの感触がある、ツヤ無し加工になっています。埃が目立ちにくくなることもありますし、何と言っても高級感があります。NZXTのCB-LED20-WTのホワイトLEDが表面を明るく写しなかなかいい感じの電源周りになりました。ケーブルがファンに干渉しそうですから、後日140㎜用のファンガードを購入しないといけません。
    DSCF9665_R.jpg


    OCCT4.3.2 POWER SUPPLY
    4.7GHzでOCCT4.3.2を走らせてみました。今回30分だけですがPOWER SUPPLYを実行。ノーエラーで安定性がありそうです。良質な電源は負担がかかっても出力電圧が変動しないことと思います。
    2013-02-26-19h30-Voltage-CPU VCORE
    2013-02-26-19h30-Voltage-3VCC.jpg


    ワットモニタで電圧計測
    先日購入したワットモニターTAP-TST8で、OCCT時のワット数を計測してみました。MAXが339Wと今回のSST-ST75F-G-Eでは余裕のようですね!TAP-TST8は消費電力(W)、積算電力量(kWh)、積算時間(H)、積算電力料金(円)、二酸化炭素量(kg)の5種類が測定できますので、今後も検証時に確認していきたいと思います。
    DSCF9697_R.jpg


    検証時のPC構成
    M/B / ASRock Fatal1ty Z77 Professional
    CPU /Intel Core i7-3770K 4.7Ghz OC
    RAM / CFD W3U1600HQ-4G×4 1866
    SS D/ intelSSD330 120GB
    HDD / WESTERN DIGITAL WD5000AAKX
    GPU / N660GTX Twin Frozr Ⅲ OC
    クーラー / CORSAIR H100i
    ケース/ IN WIN BX141W
    ファンコン / Recon White BFA-RCN-WS-RP(ファン14台)
    電源 / SILVERSTONE SST-ST75F-G-E


    CONECO・NETレビュー
    レビュアーの必須アイテム
    STRIDER Gold はいいかもしれない!




    SilverStone POWER SILVERSTONE 750W 電源 SST-ST75F-G-ESilverStone POWER SILVERSTONE 750W 電源
    SST-ST75F-G-E


    商品詳細を見る


    SilverStone POWER SILVERSTONE 850W 電源 SST-ST85F-G-ESilverStone POWER SILVERSTONE 850W 電源
    SST-ST85F-G-E


    商品詳細を見る


    【サンワサプライ】5種類の測定ができる検電器。積算電力料金や二酸化炭素量測定も可能【ワットモニター】【サンワサプライ】5種類の測定ができる検電器。積算電力料金や二酸化炭素量測定も可能
    【ワットモニター】


    商品詳細を見る
    2013/02/26 Tue. 14:39 | trackback: 1 | comment: 4edit

    ハイスペックPCを自作していく 電源ユニット編 

    SILVERSTONE SST-ST75F-Pに電源を交換

    PCのパーツをよく人間に例えることがありますが、CPU=頭脳、マザーボード=心臓、電源=血液という具合に、全てのパーツがハイスペックでバランスがとれていれば優秀なPCと言えると思いますが、アンバランスだったり不安定なパーツがあればトラブルの原因になりかねません。
    使用中の電源ですが負荷がかかると異常に高温になり再起動するなど不安定になることがあったので(寿命が近かったのでしょうね)、コスパ最高のSILVERSTONE SST-ST75F-Pに電源を交換することにしました。

    長年使っていたのでそろそろ買い替え時期ではあったので、次のような条件で探しました。
    ①700W以上で1万円以内
    ②プラグイン方式
    ③80PLUS Gold認証か80PLUS Silver認証


    SILVERSTONE SST-ST75F-P
    700Wクラスでは人気もありコスパ最高の電源ではないでしょうか。最近はパーツ選びはCONECO・NETや価格COMで人気があるパーツをメインで選んでいます。当然人気だけでなく、満足度が高いため上位にきているので使い勝手は良好です!
    SSF75F-P1.jpg

    【製品特徵】
    •750W連続出力、動作温度40℃
    •750W連続および800Wピーク出力
    •100%モジュラーケーブル
    •20%~100%負荷時効率85%~88%、80 PLUSシルバー認証
    •クラスをリードするシングル+12Vレール、60A (ピーク時最大66A)
    •正確な±3%電圧制御
    •最小19dBAの静音135mmファン
    •日本大手メーカー製コンデンサ
    •2個のEPS 8ピンコネクタを装備
    •2個のPCI-E 8ピンおよび4個のPCI-E 6ピンコネクタを装備
    •ATX 12V 2.3およびEPS 12V対応
    •アクティブPFC

    【M/B】 ASRock Fatal1ty Z77 Professional
    【CPU】 Intel Core i7-3770K 4.4Ghz OC
    【RAM】 CFD W3U1600HQ-4G×4
    【SSD】 intelSSD330 60GB×2 RAID0
    【HDD】 WESTERN DIGITAL WD5000AAKX
    【GPU】 GTX550Ti OC
    【CPU cooler】サイズ兜
    【ケース】 Z9PLUS
    【電源】 SilverStone SST-ST75F-P


    SST-ST75F-P開封
    今までの電源に比べたら大きいの一言です。2㎝の差しかないのですが一回り以上に大きく感じます。コネクタ数も多いので追加のパーツがあっても安心して使えそうです。
    SSF75F-P2.jpg

    マニュアル
    ちゃんと日本語のページもありそうです。
    SSF75F-P3.jpg

    日本語版もありました
    基本的なことが書いてありますが、ほとんど目を通すだけでいいような内容でした。
    SSF75F-P4.jpg

    全てのプラグインが挿してあります
    メイン電源ケーブルや、ATX 12Vケーブルも全てモジュラー方式です。小さいケースで、短めのケーブルが欲しい、という時にオプションを選択することができます。
    SSF75F-P6.jpg

    十分過ぎるコネクタ数
    今までもSATA用電源などS3-1504SAU(3分岐)を使って最少コネクタ数でやっていたので、今回も使用本数は6本と少ない本数でコンパクトになりました。やっぱり網パイプは高級感がありいいですね!
    SSF75F-P8.jpg

    搭載ファンは13.5cm角静音ファン
    ノイズレベルは19dBA-36dBAです。アイドル時は19dBAですから静音ファンのように静かですね!高負荷時は当然うるさいですが・・・
    SSF75F-P5.jpg

    排気口も問題なさそうです
    ON/OFFスイッチが無いのでメッシュ部分が広く排気も問題なさそうです。以前から基本的にはON/OFFスイッチは使ってなく、必要な場合はコンセントのON/OFFスイッチを使っていたので何ら抵抗はなさそうです。
    SSF75F-P9.jpg

    連続60Aシングルの強力な+12V出力
    シングル+12Vレール60Aで安心と安定が期待できそうです。
    今までの電源が12V4系統で各18Aの構成だったから、ちょっと不安な面がありました。V1系は他電圧との複合でV2/V3/V4系があったと把握していますが、安定感では1系統シングルレーンですかね!
    SSF75F-P7.jpg

    現状の電源を計算
    皮算用計算機で現状のパーツでのMAXの消費電力と電流を計算してみました(OCは考慮していません)
    消費電力417.5W、消費電流30.5Aで約50%ですので問題なさそうですね!今後グラボをGTX660Tiあたりにしたいと思っていますが十分余裕はありそうです。
    SSF75F-P19.png

    以前の電源とボトムファンとの間隔
    今までの電源サイズは(W)150×(H)86×(L)140mmで電源とボトムファンとの間隔は20㎜ほどしかありません。ちゃんとサイズを測って選ばないと干渉したり、ファンが設置できなくなります。
    SSF75F-P11.jpg

    アイネックのCFF-DF270で防塵
    今回のSST-ST75F-Pはファンガードも間隔が細かいのでフィルターをケース内に設置しました。アイネックのCFF-DF270をいい大きさにカットします。
    SSF75F-P12.jpg

    文字色やっぱりギリギリでした
    (W)150×(H)86×(L)160mmでギリギリでした。140㎜ファンは設置できませんね!購入の際にSILVERSTONE
    SST-ST75F-G-Eが2000円くらい高いだけで80PLUS認証 Goldで、評判も良かったんでかなり迷いましたがこれで正解でした!
    SST-ST75F-G 150(W) x 86 (H) x 180 mm (D) ボトムファンが設置できない
    SSF75F-P15.jpg

    ボトムファンに干渉はしないが・・
    ギリギリの設置でしたのでケーブルがボトムファンに干渉しそうですが、裏配線でかなりケース裏面に引っ張っているので大丈夫でしょう!エアフローの妨げにはなりそうですが・・・
    SSF75F-P14.jpg

    設置完了!
    いつものようにLEDイルミナシオンを取り付けしました。
    SSF75F-P13.jpg

    裏配線も簡単にできました
    評判ではケーブルがかなり硬いというコメントが多々あったので、裏配線はどうかなと思っていましたがそこまで硬いということはありませんでした(個人差があります)
    確かにメイン24ピンケーブルはちょっと硬めかなという程度でしたが、結束バンドで固定したら問題ない程度でしたよ!
    SSF75F-P16.jpg

    電源ON 問題なく起動しました
    SSF75F-P17.jpg
    SSF75F-P18.jpg

    【気になる点】
    ◆ファンを下向きに設置すると24ピンと8ピンが左端になるので少々扱いにくい。直付の方がいいかも
    ◆未使用ピンのカバーがあればいいのだが・・・
    ◆電源スイッチがない(個人的には必要性がありませんが、よく使う方は戸惑うかも)

    これから使っているうちに不具合など出てくるかもしれませんが、評価をするとしたら95点くらいですね!
    まだ2日目で詳しい数値テストはしていませんが(4.4Ghz OCでOCCT10分であれば何ら問題なく完走しました)
    設置の段階では問題なしで満足度はかなり高い電源であることは間違いないですね!発売から数年経ってもこれだけの人気があるのは確かに理由がありました。


    SilverStone 電源ユニット

    Silver Stone ATX12V2.3/EPS 750W プラグイン方式 80PLUS Silver シングルレーン SST-ST75F-P
    Silver Stone ATX12V2.3/EPS 750W プラグイン方式 80PLUS Silver シングルレーン
    SST-ST75F-P


    商品詳細を見る


    SilverStone POWER SILVERSTONE 750W 電源 SST-ST75F-G-ESilverStone POWER SILVERSTONE
    750W 電源 SST-ST75F-G-E


    商品詳細を見る

    2012/10/16 Tue. 00:27 | trackback: 0 | comment: 4edit