05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    ロイロ ゲーム レコーダーは凄かった! 

    PC用ゲーム録画ソフト「ロイロ ゲーム レコーダー」
    今回はPCのゲームプレイやベンチマークを簡単に録画できる「ロイロ ゲーム レコーダーを紹介します。1年前に公開されましたが、いつものように気になってはいたけど、なかなか使ってなかったソフトです。キャプチャーボードがあれば必要ないですが、何と言ってもロイロ ゲーム レコーダーは完全無料ソフトというのが最高です。
    特徴はゲームプレイを始め、地デジや動画を視聴しながらそのウィンドウを動画キャプチャーできるシンプルなソフトです。私が使っている動画編集ソフトのLoilo Scopeと組み合わせたらかなり使いやすくなりますし、特に操作が簡単、動作が軽いというのは評価できそうです。
    対応OSはWindows 7・8・8.1 32/64bit版。記録形式はビデオがMotionJPEG、音声はPCMで、ファイルコンテナ形式はAVIとなっています。アプリケーションから直接YouTubeにアップロードできるのもいいかもしれません。
    ブログ等でベンチマークをよくしますが、画像だけではわかりにくい場合に、このロイロゲームレコーダーを使えば簡単に動画もできるし、今後はこれを有効活用していきます。Loilo自身がアプリの中でもっともゲームの動作が遅くならないと自負しているのは頼もしいですが、実際にFF14ベンチマークをしてみて確認してみます。


    ロイロゲームレコーダーを使いFF14ベンチマークを録画



    ロイロ ゲーム レコーダー使用時のFF14ベンチマーク
    フルスクリーンモードで1920*1080、最高品質にてベンチマークをしましたが、ややスコアは下がりますね!
    Loilo CINEBENCH


    実際のFF14ベンチマークスコア
    ロイロゲームレコーダーを使用していない状態での本来のFF14ベンチマークは、スコア12300ですから700くらい差がでます。フレームレート50にしていましたので、30や20にすると5%未満の誤差になりそうですが・・・
    Loilo CINEBENCH 通常


    Loilo Game PC構成


    ロイロゲームレコーダーインストール
    実際にロイロゲームレコーダーをインストールしてデスクトップにアイコンを表示しました。現在使っている3台のPCにロイロゲームレコーダーとLoilo Scopeをインストールしています。
    ロイロゲームレコーダーのダウンロードはこちらから
    Loilo Game アイコン


    ロイロゲームレコーダー起動
    ロイロゲームレコーダー起動時の画面はこちらです。実際に録画したものが表示してありますが、あとは録画したいゲームやアプリを選択してF6を押せば録画開始です。[編集する][YouTube][保存先フォルダ][削除][設定][マイク][サウンド][録画開始/停止]ボタンが用意されています。
    Loilo Game18


    録画するゲームやアプリの選択
    起動画面の録画するゲームをクリックの右側にある・・・をクリックしたら録画可能なアプリやゲームが表示されます。基本は自動を選択していれば、そのままゲームやベンチマークが録画されます。
    Loilo Game17


    ロイロ ゲーム レコーダー設定画面
    保存先・ビデオ・ショートカットキー・フレームレート表示・録画モード・互換性の設定項目があります。
    Loilo Game2


    ビデオ解像度設定
    ビデオ解像度のデフォルトはオリジナルです。今回は1080P(1920*1080)を選択しています。
    Loilo Game8


    フレームレート
    フレームレートは1~60fpsの範囲から選べます(デフォルトは30fps)。50fps以上を選択したらややベンチマークスコアも低下しますので、負荷を考えたら30fpsが良さそうです。
    Loilo Game9


    ビデオ品質
    ビデオの品質は通常80~95を選択します。99だと品質はかなりいいですが、ベンチマークスコアが80より10%程度下がります。
    Loilo Game10


    録画モード選択
    録画モード高速DirectX/OpenGLモード、中速Windowsモード(選択されたウインドウのみ)、低速Windowsモードがあります。ゲームやベンチマーク時は高速を選択します。中速&低速モードでは選択したウインドウを録画できるため、Windows上のあらゆるウインドウをキャプチャできます。
    Loilo Game11


    サウンドを選択
    メインメニューのサウンドを選択したら,Windowsの音量ミキサーが表示されます。
    Loilo Game3


    保存先フォルダ
    メインメニューの保存先フォルダをクリックしたら、設定した保存先フォルダーに保存されています。
    Loilo Game4


    編集する場合
    録画したゲームやベンチマーク等はそのままYou Tubeに出力もできますし、Loilp Scope2で編集することが可能です。またキャプチャした動画はAVIファイルとしてPCのストレージに保存できるので、それを他の動画編集ツールで加工することもできますよ!
    Loilo Game5


    実際にLoilp Scope2で編集してみます
    私はいつもLoilp Scope2を使っているので、編集ボタンをクリックしたらこのような画面になります。キャプチャーした動画がLoilp Scope2の真ん中にあります。それを右側のタイムラインに移動させたら編集開始です。
    Loilo Game6


    テキストの挿入
    実際Loilp Scope2も簡単便利な動画編集ソフトです。直感で操作できますし、個人的にはこれ以外のソフトは面倒でどうも使いにくいですね!
    Loilo Game12


    最後に画像を追加
    動画の最後にFF14ベンチマークスコアを貼り付けします。ここまでの作業は1分あればできました。初めての方は5~10分かかるかもしれませんが・・・
    Loilo Game13


    ファイル出力を選択
    ファイル出力はWMV、MP4(CUDA, Quick Sync Video, CPU)、AVI、MOV、MPEG2があります。
    Loilo Game14


    WMVで出力方法選択
    少し時間はかかりますが画質を最高の100にして出力します。ここは高速な4790Kの出番です。
    Loilo Game15


    保存先の選択
    Loilp Scope2で編集した動画はマイドキュメントに保存します。
    Loilo Game16


    今回はPCパーツネタではありませんでしたが、以前から気になっていたロイロゲームレコーダーです。使ってみたら超満足でした(^^)/
    キャプチャにはそれなりのストレージ容量が必要ですし、キャプチャ時にCPU負荷でフレームレートが大きく低下したりというハードウェア的なハードルがありますが、ロイロゲームレコーダーはその辺をかなり改善された印象です。
    ベンチマークスコアが落ちないように試行錯誤しながら設定してみましたが、フレームレート30と50ではかなり差がでますし、60に設定した20%程度スコアダウンします。更に細かい設定は必要ですがビデオ品質はさほど高い数字を選択しても影響ないようです。
    CINEBENCH R15等のCPU負荷テストの録画はスコアダウンが激しいので、フレームレートを10前後にしてみましたが、それでも5~10%はスコアダウンします。
    ゲーマーだけでなくブログやレビューで動画を作りたい方には使えるロイロゲームレコーダーです。一度皆さんも試してみてはいかがでしょうか!



    LoiLoScope2 動画編集、DVD、ブルーレイ、ディスク作成ソフト 結婚式、運動会も1本でOK!LoiLoScope2
    動画編集、DVD、ブルーレイ、ディスク作成ソフト

    商品詳細を見る


    VideoStudio Pro X7 通常版VideoStudio Pro X7 通常版

    商品詳細を見る


    PowerDirector12 Ultra 特別優待版PowerDirector12 Ultra
    特別優待版


    商品詳細を見る
    スポンサーサイト
    2014/09/17 Wed. 10:59 | trackback: 0 | comment: 5edit

    LoiLo SCOPE2 

    動画編集ソフト LoiLo SCOPE2は凄い!
    今まで動画編集ソフトと言ったら、Windows ムービー メーカーやフリーソフトで簡単に済ませていましたが、ブログやCONECO・NETレビューでどうしても必要性があったので、今回2つの動画編集ソフトを試してみました。

    30日間無料体験版
    PowerDirector 11 Ultra
    LoiLo SCOPE2
    人気や機能面から言ったら、サイバーリンクのPowerDirector 11 Ultraがいいのでしょうが、何と言っても動画編集初心者の私には正直使えない機能が多く、直感で操作ができないということもあり、数回触ったら放置してしまいました。Windows ムービー メーカーなどは簡単にできるのですが、使える機能が少ないしエフェクトもないし、やはり使いやすい編集ソフトでなければ意味がありません。
    以前、LoiLoScopeの体験版を経験した経緯がり、その時はすごく簡単にまさにWindows ムービー メーカーを進化させたようなソフトだったような記憶があり、今回もすぐさまPowerDirector 11 Ultraをあきらめ、LoiLo SCOPE2体験版をインストールしました。
    対応OSがWindows7/Vista/XP SP3以降(各64bit/32bit対応)だったので、WINDOWS8 64bitが対応できるか心配でしたが、何ら問題なくOKでした。体験版で作成した動画は、左下にLoiLo SCOPEの文字が入るので仕方ないですが、最終的には体験版で数回動画を作成して、1ヶ月間問題なかったのでパッケージ版を販売しているAmazonにて注文しました。


    LoiLo SCOPE2が届きました!
    パッケージ版が9800円と安くはないのですが、以外とパッケージが安っぽい感じですが・・・
    Amazonからゆうメールにて3日後に到着しました。
    DSCF0518_R.jpg


    LoiLo SCOPE2紹介動画
    CONECO・NETレビュー用に紹介動画を作りました。

    LoiLoScope2は、動画の取り込みから編集、出力をすべて備えたオールインワンソフトです。
    対応している動画形式が豊富なので、ほぼ全てのカメラ、携帯電話から動画や写真を取り込んで、編集、再生ができます。
    編集した動画はMP4/AVI/MPEG2など多くの形式でファイル出力できるますし、FacebookやYouTube、ニコニコ動画へのアップロード、iPadやiPhoneといったデバイスへの出力にも対応しています!


    LoiLo SCOPE2でできること
    パッケージの裏面です。LoiLoScope 2でできることが記載されています。
    DSCF0520_R.jpg
    ◆どんな動画も見れる
    ◆フォトムービー作成
    ◆BD/DVD作成
    ◆Intel Quick Sync VideoやNVIDIA CUDAで高速に動画を出力
    ◆友達に見せる FaceBook iPodやiPhoneへ動画を送る
    ◆世界に公開 YouTobe


    LoiLo SCOPE2パッケージの内容物
    インストールCDと簡単な説明書が入っています。
    DSCF0522_R.jpg


    LoiLo SCOPE2のインストール方法
    簡単なインストールの手順がかいてあります。説明書裏面にシリアルNoが記載してありますので、それだけ大事に保管しましょう!
    DSCF0524_R.jpg


    インストール開始
    今回、メイン機のガンダム1号機とZ9plus機にそれぞれインストールしました。Windows8 64bitとWindows7 64bitですが、それぞれ問題なくインストールできました。
    DSCF0526_R.jpg


    インストール中
    LoiLoScope2のファイルは166 MB (174,583,993 バイト)ですので、あっという間インストール完了です!
    DSCF0528_R.jpg


    シリアルNoを入力
    指定されたシリアルナンバーを入力します。
    DSCF0530_R.jpg



    LoiLo SCOPE2基本画面
    メディアブラウザ   
    PC から動画や静止画、音楽を検索してきたり、SD カードから PC へとバックアップを行なったりするツールです
    マグネット
    サムネイルをまとめて整理するツールです。一括出力も出来ます。
    サムネイル
    LoiLoScope 2 上に動画、音楽、写真などが読み込まれると、サムネイルとして表示されます。
    タイムライン
    複数のサムネイルやテキストなどを組み合わせて、構成するツールです。
    ゴミ箱
    サムネイルやタイムラインの消去する特殊なマグネットです。
    DVD/ブルーレイ作成
    DVD やブルーレイディスクを作成するツールです。
    DSCF0534_R2.jpg


    メディアプラウザ画面
    LoiLoScope 2 で編集できる動画、写真、音楽を表示します。 動画/音楽/写真/外部機器タブを選択してファイルを表示し、タブの中にあるサムネイルをマウスオーバーすることで、プレビ ュー再生します。 クリック又はドラッグでファイルを読み込みます。 設定タブにて、表示したいフォルダをチェックすることで、チェックされたフォルダ内の動画、写真、音楽を自動的に検索して、それぞれのタブに表示します。 SD カードや、USB メモリ、外付け HDD 等の外部機器が表示されない場合は、右上の再読み込みボタンをクリックすること で、別のタブとして外部機器内の動画/音楽/写真を表示します。
    メディアプラウザ2


    タイムラインの画面
    動画や写真、音楽をくっつけて作品を作る作業台です。 ツールメニューにあるタイムラインアイコンをクリックすると、タイムラインが作成されます。 タイムラインは、サムネイルをつなげたり、重ねたりして、ひとつの作品を作り上げる作業台です。 タイムラインウインドウにサムネイルをドラッグ&ドロップすると、タイムラインバーとなって表示され ます。動画の再生時間がバーの長さを表しています。 タイムラインウインドウ内で、上方にあるタイムラインバーが再生ウインドウでは前面に表示されます。
    タイムライン4


    エフェクトの種類
    エフェクト


    トランジションのスタイルを選択画面
    トランジションの詳細設定



    画像サイズの種類
    SD NTSC 640x480 SD 画質、日本・アメリカ等のテレビに対応
    SD Wide 640x360 SD ワイド、日本・アメリカ等のテレビに対応
    DV NTSC 720x480 デジタルムービー形式、日本・アメリカ等
    SD PAL 720x576 SD 画質、ヨーロッパ等のテレビに対応
    SD Wide 768x432 SD ワイド、ヨーロッパ等のテレビに対応
    DV PAL 720x576 デジタルムービー形式、ヨーロッパ等
    YouTube 640x480 YouTube 4:3
    YouTubeW 640x360 YouTube ワイド
    YouTubeHD 1280x720 YouTube HD
    QVGA Wide 320x180 1/2 SD ワイド
    QVGA 320x240 1/2 SD
    QXGA 512x384 Web 動画サイト向け
    DVD 640x480 DVD 作成に適したサイズ
    DVD Wide 854x480 ワイド DVD 作成に適したサイズ
    HD 1280x720 HD 画質(720p)
    HD 1920x1080 HD 画質(1080p)
    Customize 自由にサイズを設定できます


    出力ファイルの種類です
    ファイル出力



    LoiLo SCOPE2マニュアル動画
    LoiLoScope2のサポートにある解説動画です。開発者がLoiLo SCOPE2の使い方を隅々まで解説しています。
    ある程度自分自身で触った後に、この動画をみたら凄く役立ちます!



    興味がある方は、まずは30日間無料体験版をインストールしてみて、ご自身のPCで動作確認をして下さい。
    インストールはこちらから
    LoiLo SCOPE2のマニュアルのダウンロードはこちらから


    LoiLo SCOPE2動作環境
    動作環境

    LoiLo SCOPE2も想像以上に使いやすい動画編集ソフトでした。今後はこれが活躍してくれそうです!
    いやいやLoiLo SCOPE2をどんどん使って、PCパーツの紹介もしていきたいと思います。


    LoiLoScope2 動画編集、DVD、ブルーレイ、ディスク作成ソフト 結婚式、運動会も1本でOK!LoiLoScope2
    動画編集、DVD、ブルーレイ、
    ディスク作成ソフト 結婚式、運動会も1本でOK!


    商品詳細を見る


    2013/04/21 Sun. 22:50 | trackback: 0 | comment: 2edit

    ガンダム1号機をWindows8にする 

    自作機2台で快適PCライフ Windows8 Proを試す

    ガンダム1号機にWindows8proを、Z9Plus機は今までのWindows7で構成したかったので、初売りで8proと新しくSSDを購入しました。
    計画ではSSDはintel 330の240GBをと思っていましたが、価格が¥11999円と安かったこともあり、売り切れゴメン状態で、仕方なく330の120GBで妥協するという、新年早々嫌な始まり方をしましたが、気合を入れて組んでいきます。
    Windows Media Centerの無料サービス期間が1月31日までなので、今回のメインはOSでありSSDは後回し的な気持ちで買物に行きましたが、いざ購入するとなればやはり安くて高性能な物を選んでしまいますね!
    240GB ¥11999という価格でいたから、同じintelの335 240GBを¥15000以上出して買いたくないし、人気のサムスン840Proは高いし、かなり妥協した形で330の120GBを購入しました。


    SSDが3台に
    今までは330の60GB×2台でRAID0で使っていました。写真奥の2台の60GBで1年弱になるので今回120GBを単体でAHCIモードでインストールしました。しかしRAID0に比べたら起動もシャットダウンもかなり遅く感じます。慣れというのは怖いもので、1年前にHDDからSSDに換装した時はかなり感動したものです。ただ、すぐにもう一台購入してRAID0にしたときは「えー」というくらい変化なし、CrystalDiskMarkの数字は2倍でも体感速度は何も変わらないなという状態でしたが、久々に単体で使ったらやはりダメでした。遅すぎです!
    DSCF8610_R.jpg


    60GB×2台 RAID0のCrystalDiskMark 0 Fill
    さすがにRAID0ですね!
    330の60GBは読込速度 500MB/s、書込速度が400MB/sでほぼ公表通りの速度がでています。
    1FULL.png


    120GB AHCIモードのCrystalDiskMark  0 Fill
    330の120GBは読込速度が500MB/s、書込速度が450MB/sです。さすがに単体でも4Kと4KQD32はRAID0に負けていません。これなら単体使用でも納得の早さかな?
    0FILL2.png


    SSD330の付属品
    SATA3.0用のケーブルを始め付属品は充実しています。できたら付属品を少なくして本体価格を更に安くしてもらえばなおいいのですが・・・
    付属品

    CONECO・NETにSSDのレビューを書いてRAID0にはかなわない」、その時はまだWindows8が届いていなかったのでRAID0にしていましたが、よくよく考えたら60GBも1年使っているし、いつダメになり交換するかわからないので、Windows8到着後は120GB単体でインストールすることにしました。そう考えたら無理して240GBを買っとけば・・・
    SSD換装後の設定はこちら
    以前、価格コムやCONECO・NETレビュー等で、2013年メモリー価格が徐々に上昇すると書いていましたので、最近は円安に伴うSSDやメモリー価格が上昇傾向で、予想が外れずちょっと安心しています。今後は株価上昇=円安の流れが強まりそうですから、現在のDDR3 4G×2も¥3500~¥4000くらいに上昇していきそうですね!
    それもあり今回SSDを初売り価格で探していました。



    Windows8 Pro到着!
    今回はWindows8 Pro新規インストール版ですので、事前にドライバーの準備が必要でした。
    まずはマザーボード用とグラフィックカードのWindows8 64bit用のドライバーをUSBメモリーにインストールしました。今までのインストールCDはWindows7対応ですので、恐らく使えないだろうと予想していましたので・・・
    事前準備したドライバーは次のパーツです。
    ①ASRock Fatal1ty Z77 Professional
    ②N660GTX Twin Frozr Ⅲ OC
    当然Windows7用インストールCDは使えませんでした
    使っているパーツやソフトが使えるかはWindows互換性センターでWindows8に互換性があるかを検索して下準備が必要です。アップグレード版であればもっと簡単でしょうが、今回は新規インストール版のため正直大変でした。

    Windows8パッケージ
    簡単な厚紙に入っていました。価格が安いから仕方ないですが、メール便送られてきたのでビックリです。割れてなくてよかった。
    パッケージ

    シリアルNoが見えません
    年のせいかシリアルNoが見えませんね!というか拡大鏡がなければ文字を間違えそうです。一応シリアルNoを別紙にプリントアウトしました。(当然拡大した文字の大きさで)
    シリアルNo


    Windows8にはガジェットが必要!
    Windows8ガジェットインストール

    Helmut BuhlerかShow Desktopをインストールしたら便利ですよ。これがあるかないかでは使い勝手が違います。Windows7で使っていたガジェットがそのまま使えて満足しています。画面左下にあったスタートボタンはあまり必要性がなかったのでインストールしていません。
    ガジェット


    Windows8ではデュアルモニターが必須か?
    Windows7でもデュアルモニターが重宝していましたが、Windows8には更に必須みたいですね!左がメイン画面、右モニターが地デジ用と思っていましたが、2台のチューナーGV-MC7/XSとDT-H10/U7とも今日現在ではインストール不可でした。やはり新規インストール版では7用の更新プログラムがないのでダメみたいですね。地デジはZ9PlusのWindows7で視聴していきます。
    デュアルモニタ

    Windows Media Centerにサービスを申し込んで、72時間以内にシリアルNoが返信しますとありましたが、結果4日目に届き80時間以上かかっています。年始の期間であったのが原因でしょうが、かなりいい加減な対応であります。
    もしも地デジチューナーがインストールできない場合は、以下のサイトを参考にされたらいいと思います。
    ただしアップグレード版限定ですね!新規インストール版はドライバーができるまでは難しいですよ。
    GV-MC7/XSのWindows8でのインストール方法

    Windows Media Centerインストール後、バッファローDT-H10/U7はインストールはできたのですが、PlayReadyの更新ができず視聴できませんね!
    追記:1月17日現在DT-H10/U7での視聴が可能になりました。ただしチャンネルの検出を数回繰り返して半数のチャンネルを検出できる状況です。何とか地デジが見れるようになりました。

    GV-MC7/XSに関しては、Windows7用の更新プログラムKB2284742がインストールできず、上記の方法でもWindows8には現状ではインストールできません。


    Windowsエクスペリエンス インデックス
    Windouws8での数値です。CPUは3770K 4.6Ghz,メモリーは1866に設定。グラフィックのスコアが低いですね!
    N600GTXも悪いグラボではないのですが・・・
    エクスペリエンス


    ガンダム1号機とZ9Plus機
    Z9Plus.jpg

    今回ガンダム1号機にはWindows8をインストールして、Z9PlusにはWindows7にしましたが、予想以上にWindows8は使いやすいですね!発売当初はかなり不評でしたが、ガジェットやデュアルモニターなど環境が整えばかなり快適になるのではないでしょうか。
    初日はかなり操作方法が混乱するかもしれませんが、個人的には2日目からは慣れてきたこともあり、Z9PlusのWindows7を開くこともありませんでした。要は個人差はありますが、順応性も影響するでしょうね!
    アップグレード版も購入したいけど、今年の春以降にインテルの次世代CPU「Haswell」が発売になりますので、少し貯金をしとかないと出遅れそうです。
    マザーボードも現状のZ77に採用されているintel製LGA1155からntel製LGA1150になるため、今のマザーボードではHaswellは使えなくなります。
    現在のCorei7-3770KがCore i7-4770Kへ、Corei5-3570KがCore i5-4670Kへとなるようです。
    また春以降はこの話題で持ちきりになりそうですね!




    Microsoft Windows 8 Pro (DSP版)  64bit 日本語Microsoft Windows 8 Pro (DSP版) 64bit 日本語
    (2012/10/26)
    Windows

    商品詳細を見る


    Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)Microsoft Windows 8 Pro 発売記念優待版 (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)
    (2012/10/26)
    Windows

    商品詳細を見る


    Microsoft Windows 8 ProPack(Windows 8からWindows 8 Pro) 発売記念優待版 [オンラインコード] [ダウンロード]Microsoft Windows 8 ProPack(Windows 8からWindows 8 Pro) 発売記念優待版 [オンラインコード] [ダウンロード]
    (2012/10/26)
    Windows

    商品詳細を見る
    2013/01/08 Tue. 08:44 | trackback: 0 | comment: 5edit