05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    ASRock Z87 OC Formula 

    ガンダム1号機をASRock Z87 OC Formulaに換装!
    メイン機のガンダム1号機をASRockのハイエンドマザーボード、Z87 OC Formulaに換装しました。
    今まで使っていたFatal1ty Z87 Professionalに不満があるわけではないのですが、オーバークロック時の電圧等の安定性や、耐久性ではピカイチではないかと思われる、Z87 OC Formulaが発売当初より気になっていたので、そろそろHaswellのも慣れてきたので満を持してポチってみました。

    ASRock Z87 OC FormulaはASUSのMAXIMUS VIに並ぶOCに特化したハイエンドマザーですが、ASRockファンの私にとっては、やはりZ87 OC Formulaが魅力的に見えますね!
    今後はFatal1ty Z87 Professionalはサブ機用で使っていく予定です。


    Z87 OC Formula
    パッケージがすごく大きいです。箱の奥行きがFatal1ty Z87 Professionalより10㎝くらい厚いです。と言うのがZ87 OC FormulaはATX規格より一回り大きいEATX規格ですので納得です。
    Picture 368_R


    Z87 OC Formula紹介動画




    パッケージ開封!

    マザー本体保護用のクッションがきれいに配置されています。これはZ87 Etreme4やFatal1tyと比較してもより丁寧なパッケージですね!
    Picture 371_R


    付属品一覧
    高級そうな黒い巾着袋に付属品が入っています。価格が高いだけありかなり配慮されています。
    Picture 379_R


    巾着袋の中味は
    ASRock Flexible SLI™ Bridge コネクタ Cable
    I/Oパネル
    SATAフラットケーブル(2本×5)
    SATA電源コード(2本)
    前面 USB 3.0 パネル、2.5" HDD/SSD ラック付き
    ハードドライブ用ねじ
    筐体用ねじ
    リアパネルにUSB3.0用ホルダー
    OC スタンド(10本)
    GELID GC-Extreme サーマルコンパウンド
    WiFi モジュール用ねじ
    Picture 374_R


    Z87 OC Formulaマザー本体
    高品質の 8 レイヤー PCB も採用されています。絶縁保護コーティングの防水性で水による破損の心配がありません。何と言っても黒い基板が高級感がありますね!
    Picture 382_R


    SATAポート
    SATA3.0は10ポート搭載しています。右の6つがチップセット、左の4つがASMedia製です。
    Picture 389_R


    ATX 電源 コネクタ&USB 3.0ポート
    ATX電源コネクタ横にUSB 3.0ポートが2つあります。その右上にExtreme4のように垂直タイプUSB 3.0もあります。
    Picture 393_R


    PCIeオン/オフ&LN2モードスイッチ搭載
    1~4のスイッチは PCIe オン/オフスイッチです。指を軽く動かすだけで PCIe スロットを有効にしたり無効にできます。左側のON/OFFはCPU の熱保護機能を無効にするLN2モードスイッチと、低速モードに切り替えて、CPU を強制的に最低周波数で動作させるスローモードスイッチです。
    Picture 394_R

    Rapid OC Button&Menu Button
    MENUや+-のボタンはOCをワンタッチで行えるRapid OCボタンやMenuボタンです。その左下のコネクタはテスターで電圧チェックが出来るV-Proveです。
    Picture 400_R


    歪みのないスロット
    Distortion-Free Slotは、マザーボードのメモリスロット用の独自の新しいピン設計です。歪みを効果的に低減して性能を向上させます。
    Picture 401_R


    ATX 12V電源が8ピンx2
    ATX 12V電源は8ピン×2になっていますので、今回SilverStoneの黒いスリーブケーブルSST-PP06B-EPS75を追加で購入しました。
    Picture 404_R


    背面IOパネル

    PS/2 マウス/キーボード ポート
    HDMI 出力ポート
    HDMI 入力ポート
    SPDIF 光出力コネクタ ポート
    USB 2.0 ポート×2
    USB 3.0 ポート×4 (Intel® Z87)
    USB 3.0 ポート×4 (Etron EJ188H)
    RJ-45エリアネットワークポートおよびLEDインジケータ (ACT/LINK LEDおよびSPEED LED)
    HD サウンドジャック
    Picture 405_R


    拡張スロットも充実
    上の3本がCPU制御のPCI Express 3.0 x16 スロット、下の1本がチップセット制御ですので地デジチューナーやサウンドカードも挿せます。mini-PCI Express スロットもあります。
    Picture 409_R


    オーディオはPurity Sound
    これはZ87 Extreme4と同じPurity Soundを採用しています。Realtek ALC1150 オーディオコーデックですが、Fatal1tyのクリエイティブサウンドコア3Dよりはやや迫力がないので、サウンドカードを使うようにします。
    Picture 411_R


    SLI/XFire 電源コネクタ
    SLIをするときに便利なようにSLI/XFire 電源コネクタがあります。今回は使いませんが、意外と便利なところにありますね!
    Picture 414_R


    ファンコネクタ&USB2.0コネクタ
    USB 2.0 ポートも2つありますので、USBのポート数は十分です。
    Picture 417_R


    チップセットのヒートシンク
    大型のヒートシンクです。黒と金色をベースに高級感があるヒートシンクです。意外とチップセットはいつも高温になるので、高負荷時は温度のチェックが必要な場所でもあります。
    Picture 422_R


    Power&Resetボタン
    Picture 418_R


    Z87 OC Formulaのマザー下方部
    Picture 424_R

    ツインパワー冷却
    ASRock の独自のツインパワークーリングはハイブリッド冷却ソリューションです。水冷は組んでいないので、このファンで空冷していきます。
    Picture 426_R


    プレミアムアロイチョーク (PAC)
    これがプレミアムアロイチョークです。鉄粉製チョークを使用するその他のマザーボードと比較して、コア損失を最大 70% 低減できます。 さらに、革新的なチョーク構造は耐電磁干渉性および耐熱性に優れた設計なので、マザーボードの寿命を大幅に延ばします。
    Picture 429_R

    水冷却用のフィッティングアダプタ
    Picture 433_R


    CPUとメモリをセット
    CPUはCore i7 4770K、メモリはXPG V2シリーズ AX3U2600W4G11-DGVで最強の環境を目指します!
    Picture 436_R


    準備完了!
    Picture 444_R


    ステータスOLED
    ステータスOLEDは、新しい高解像度OLED画面にシステムの各種情報を表示します。 3つのボタンを使用してセルフテストの電源の情報、デバッグコード、現在の時刻、温度、周波数、およびマザーボードのさまざまなポイントの電圧を切り替えることができます。
    Picture 616_R


    ラピッドOC
    ボード上に簡単にCPUの倍率、ベースクロック周波数、Vcore電圧を調整できるボタンを搭載しています。
    Picture 622_R


    ガンダム1号機に換装!
    これでFatal1ty Z87 ProfessionalからZ87 OC FORMULAに換装完了です!
    Picture 627_R


    【M/B】 ASRock Z87 OC FORMULA
    【CPU】 intel Core i7-4770K 4.5GHz OC
    【GPU】 N760GTX Twin Frozr 4S OC
    【RAM】 XPG V2シリーズ AX3U2600W4G11-DGV
    【クーラー】CORSAIR H110
    【SSD】 PX-128M5P
    【SSD】 intel SSD330 60GB
    【HDD】 ST2000DM001
    【HDD】 WESTERN DIGITAL WD5000AAKX
    【サウンド】PCIe Sound Blaster Z SB-Z
    【CASE】InWin GRone White
    【PSU】 SILVERSTONE SST-ST75F-G-E
    【OS】 Windows8.1 Pro 64bit


    ASRockによる防水テスト動画



    簡易水冷を使っている環境でも、安心して使えるマザーボードのZ87 OC FORMULAです。
    一番の満足はオーバークロック時の安定性でしょうね!Fatal1tyと同じ電圧で使っても、CPUを始め他の箇所もやや温度も低い状態で使えますし、オーバークロックに必要な要素へのこだわりが随所に散りばめられているのが最高です。
    次回、Formula Driveやタイミングコンフィギュレーターなどのソフトウェアと、UEFIの設定画面の紹介をしていきたいと思います。


    CONECO・NETレビュー
    OC向けの最上位シリーズ「Z87 OC Formula」




    ASRock マザーボード (HASWEL対応)  (HASWEL対応)  Z87 ATX USB3.0 SATA3 Z87 OC FormulaASRock マザーボード (HASWEL対応) (HASWEL対応) Z87 ATX USB3.0 SATA3
    Z87 OC Formula


    商品詳細を見る


    スポンサーサイト
    2013/11/07 Thu. 00:06 | trackback: 0 | comment: 34edit

    ASRock Z87 Extreme4  

    Z87シリーズの定番になりそうなASRock Z87 Extreme4
    今月2日に発売されたHaswell&LGA1150のマザーボードですが、早々にASRock Fatal1ty Z87 Professionalとi7-4770Kを注文していましたが、CONECO・NET体験レビューで謎マザー(Z87 Extreme4)があったので、ASRock好きの私にとっては我慢できず応募してしまいました。まさか当選するとは思ってなかったので、当初 Z87 Professional 用の4770Kをセットして検証しようと考えていましたが、Z87 Extreme4用にi5-4670Kをポチってしまいました。

    このレビューは、企業から無料で提供された製品に対して消費者の視点でレビューをおこなう、coneco.netの体験レビューとして作成されています。
    ttp://www.coneco.net/taiken/


    ASRock Z87 Extreme4紹介動画
    Z87 Extreme4の本体とUEFI画面、新しくなったA-Tuningを紹介しています。



    ASRock Z87 Extreme4&Corei5-4670K
    4770Kを2台にしようとも思いましたが、同じCPUが2台あっても芸がないので、4670Kにしてみました。
    Picture 14_R

    今回のPCの構成 
    【M/B】ASRock Z87 Extreme4  
    【CPU】Intel Core i5-4670K
    【RAM】CORSAIR CMX16GX3M2A1600C11
    【SSD】intelSSD330 60GB×2 RAID0
    【HDD】Seagate ST500DM002
    【GPU】HD4600
    【CASE】Z9PLUS
    【クーラー】Corsair CWCH60
    【電源】SilverStone SST-ST75F-P
    【OS】Windows 7 HP 64-bit


    パッケージ表面
    日本語の説明書も入っていますので安心ですよ!
    Picture 5_R


    クイックインストールガイド
    先日FATAL1TY Z87 Professionalにインストールしたばかりですから、今回はガイドは見ることなく箱の中へ直しました。
    Picture 9_R


    付属品
    I/Oパネル・SATAケーブル4本・SLI Bridge 2Sカードが付属しています
    Picture 10_R


    初めて見るZ87 Extreme4
    Extremeシリーズは自身初のため、感動の場面です。思っていたより地味でなく安心しました。いやいやカッコいいマザーボードじゃないですか!
    Picture 17_R


    SATAコネクタ
    SATAコネクタは、6 x SATA3, 2 x SATA3(eSATAと共用)となっています。一番右側のコネクタがeSATAと共用です。
    Picture 25_R


    CPUファンコネクタ周辺
    Fatal1ty Z87 Professionalに比べたらシンプルな作りです。ヒートシンクもさほど大きくなく、スペースも広いのでケーブルがまとめやすそうです。
    Picture 34_R


    後部出入力ポート
    1 x PS/2 マウス/キーボード ポート
    ◆D-Sub ポート
    ◆DVI-D ポート
    ◆HDMI 出力ポート
    ◆HDMI 入力ポート
    ◆DisplayPort
    ◆SPDIF 光出力コネクタ ポート
    ◆eSATA コネクタ
    ◆USB 2.0 ポート×2
    ◆USB 3.0 ポート×4
    ◆RJ-45エリアネットワークポートおよびLEDインジケータ (ACT/LINK LEDおよびSPEED LED)
    ◆HD サウンドジャック: リアスピーカ / ミドルスピーカ / 低音スピーカ / サウンド入力 / フロントスピーカ / マイクロフォン
    Picture 225_R


    Purity Sound
    Fatal1ty Z87 Professional同様サウンドがかなり改善されています。低音域がアップしたことにより臨場感が出たようです。
    Picture 231_R


    HDオーディオコネクタが・・・
    拡張スロットの左側にありますので、ケーブルが足らない!何でこんなところに設置したのか、改善して欲しいですね!
    Picture 233_R


    スマートスイッチ
    3つのスマートスイッチが装備されています。電源スイッチ、リセットスイッチ、クリアCMOSスイッチがあります。電源スイッチ、リセットスイッチはLED対応です。
    Picture 239_R


    UEFIのメイン画面
    Extreme4のUEFI画面はカッコいいですね!これってFatal1ty Z87 Professionalよりいい感じ。
    MAIN1.jpg


    OC Tweaker
    Fatal1ty Z87 Professionalと項目は同じですが、設定内容が違いました。Fatal1ty Z87 Professionalがより細かく設定されていました。
    44Ghz OC2


    DRAM設定
    デュアルチャネル DDR3 2933+(OC)/2800(OC)/2400(OC)/2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066 non-ECC、un-bufferedメモリ対応です。
    メモリ


    DRAM Tweaker
    DRAM調整画面です。今回使用したCORSAIR CMX16GX3M2A1600C11のタイミングを少し変えてみました。
    レイテンシ


    CPU VOLTAGE MODE
    Auto(自動):最適に設定
    Adaptive(適応):システムの負荷が大きいときに、CPUに電圧を追加する
    Override(オーバーライド):電圧が固定されます
    CPU VOLTAGE


    CPU Input VOLTAGE
    CPUの入力電圧の選択画面です。
    電源入力


    各種VOLTAGE設定画面
    設定したい項目をクリックしたら左下に拡大されます。ちなみにDRAM VOLTAGEは0.010V刻みで変更できます。
    DRAM VOLTAGE


    4.4Ghzの適正設定画面
    最初は目安がわからないのでAUTO設定にして、各クロックでのVoltageを確認します。
    4.4Ghz/Override Mode 1.230V
    4.6Ghz/Override Mode 1.300V
    4.8Ghz/Override Mode 1.380V
    44OC.jpg


    4.4Ghz設定画面
    44OC2.jpg


    UEFI ADVANCED
    こちらはZ77のときと同じのようです。Fatal1ty Z87 Professionlも同じですよ!
    ADVANCE.jpg


    C-Stateの追加項目
    C6/C7State Supportが追加されています。C6/C7ではディープスリーブさせ、電力消費を抑えます。
    C6C7


    日本語に変更してみました
    OC道具や退出など、ちょっと馴染みがない表現ですね!中国語を選択したのかなと思い再確認しましたが、やはり日本語でした。すぐに慣れているENGLISHに戻しました。
    日本語変換


    H/W Monitor設定画面
    HWM.jpg


    A-Turning
    Aチューニングは、新しいインターフェイスを有し、新機能が追加され、XFast RAM、OC Tweakerなどのユーティリティが改善された等々の、ASRockの多目的ソフトウェアスイートです。

    Operation Mode
    Performance Mode/Standared Mode/Power Saviningの3モードが選択できます
    OPERATION.png


    Tools
    Xfast RAM/Good Nigte LRD/FAN-Tastic TuningなどLife Styleに合わせたセッティングが可能になっています。
    TOOLS.png


    除湿機(DEHUMIDIFIER)
    「除湿機能」を有効にすることで、湿気によるマザーボードの損傷を防ぐことができます。 除湿機能を有効にすると、コンピュータはS4/S5状態に入った後自動的に電源をオンにしてシステムを除湿します。
    DEHUMIDIFIER.png


    Xfast RAM
    今回Xfast RAMで4GBで設定しました。
    XFAST.png


    System Info
    System BrowserとHardware Monitaor機能があります
    SYSTEM.png


    設置完了後のケース内
    やっと出来上がりました。休みもないのに3日で3台のPCを組み直したの大変でした。Z87 Extreme4にCWCH60も似合います。しばらくはこのPCをいじっていきます。
    Picture 277_R


    起動確認
    Z9plusのサイドパネルをアクリルのU3バージョンにしていますので、ケース内がきれいに見えます。見た目重視のPCを目指している私にとっては満足できる仕上がりです!
    Picture 275_R


    4670K 4.4GhzでのHW Monitor
    4670K 4.4Ghzで30分だけOCCTをしてみました。CPU温度もMAX78℃(室温25℃)ですから、4.4Ghzで常用OKのようです。
    HWM44 2


    Windows エクスペリエンス インデックス
    HD4600の実力はこの程度ですか!ゲーム以外なら快適に使用できます。サブ機でこのスコアなら十分でしょう。
    インデックス

    やっと組み上がりました。しばらくZ87 Extreme4+4670Kでゆっくり使っていきたいと思います。また時間ができたら4670K&4770Kのベンチマークの確認をしていきます。


    CONECO・NETレビュー
    Z87 Extreme4 VS Fatal1ty


    BIOS更新情報
    P1.30から1.50にバージョンアップされています
    Z87 Extreme4 BIOS Version 1.50 - Z87 Extreme4(1.50)ROM.zipはこちら




    ASRock マザーボード (HASWEL対応)  Z87 ATX USB3.0 SATA3 Z87 Extreme4ASRock マザーボード (HASWEL対応)
    Z87 ATX USB3.0 SATA3
    Z87 Extreme4


    商品詳細を見る


    ASRock マザーボード (HASWEL対応)  Z87 ATX USB3.0 SATA3 Z87 Extreme6ASRock マザーボード (HASWEL対応)
    Z87 ATX USB3.0 SATA3
    Z87 Extreme6


    商品詳細を見る
    2013/06/10 Mon. 15:00 | trackback: 0 | comment: 7edit

    Fatal1ty Z87 Professional 

    Z87シリーズの最強タッグ
    Haswell発売前から悩んだ末に選んだマザーボードは、やはりFatal1ty Z87 Professionalでした。機能性や拡張性は定評がありますし、今回発売されたZ87シリーズの中で一番見た目がカッコいいのではないでしょうか?個人的には赤黒のマザーがいいなと思っていましたので、最後までMSI Z87-GD65 GAMINGと迷っていました。

    今回発売されたASRock Z87シリーズは、カラーやデザイン等の大きな変更は無かったようですが、気になるのはオーバークロック耐性や設定方法ですので、わかったことから随時アップしていきます。
    ちなみに、CPUはi7 4770Kと4670Kを2台購入しましたので、Fatal1ty Z87 Professionalともう一台のZ87(次回のブログにアップします)で、オーバークロックの検証をして、後日電圧設定や検証時のCPU温度もお知らせします!

    HaswellのPC構成
    M/B   ASRock Fatal1ty Z87 Professional
    CPU  intel Core i7-4770K 4.6GHz OC
    RAM  AX3U2133XW4G10-2X
    クーラー CORSAIR H100i
    GPU  N660GTX Twin Frozr Ⅲ OC
    SSD  intelSSD330 120GB
    HDD  SEAGATE ST1000DM003
    HDD  WESTERN DIGITAL WD5000AAKX
    CACE InWin GRone W
    PSU  SILVERSTONE SST-ST75F-G-E
    OS  Windows8 Pro 64bit


    Fatal1ty Z87 Professional紹介動画
    Fatal1ty Z87 Professionalのコネクタや拡張ポートの紹介と、UEFIのOC Tweakerでの4.6Ghz、4.8Ghzの設定画面を紹介します。



    Fatal1ty Z87 Professional
    お馴染みのFatal1tyのパッケージです。
    Picture 90_R


    クイックインストールガイド、サポートディスク
    クイックインストールガイドは日本語での説明もありますので安心ですよ!
    Picture 93_R


    付属品
    SATAフラットケーブルがなんと8本付属しています。ストレージから考えたら当然ですが・・・
    I/Oパネル・SATAフラットケーブル×8・SATA電源コード×2・SLI Bridge2Sカード・前面 USB3.0パネル/2.5" HDD/SSDラック付き
    Picture 92_R


    ストレージは充実しています
    SATA3 6.0 Gb/s コネクタ(Intel® Z87)、サポート RAID(RAID0, RAID1, RAID5, RAID10, Intel® ラピッド・ストレージ・テクノロジー 12およびIntel® スマート・レスポンス・テクノロジー), NCQ, AHCIおよびHot Plug SATA3 6.0 Gb/s コネクタ (ASMedia ASM1061)、サポート NCQ、AHCI およびホットプラグ機能 (SATA3 A4 と eSATA コネクタは共用)
    Picture 101_R


    24ピンATX 電源コネクタ
    24ピンATX 電源コネクタ横のUSB3.0ポートはできればマザーボードと平行に挿せるような形状にしていただきたいですね。マザーボードに垂直に挿すタイプは意外と抜けやすいですからね!
    Picture 103_R


    DDR3 DIMM スロット
    ◆DDR3 2933+(OC)/2800(OC)/2400(OC)/2133(OC)/1866(OC)/1600/1333/1066 non-ECC、un-bufferedメモリ対応
    ◆システムメモリの最大容量: 32GB
    ◆Intel® Extreme Memory Profile (XMP) 1.3 / 1.2 対応
    ◆歪みのないスロット
    Picture 106_R


    8ピン12V 電源コネクタ
    今回、8ピン12V 電源コネクタとI/O パネルの中間にファンコネクタが増設されています。リアファン用やトップファン用に使えそうで便利になりました。
    Picture 109_R


    後部出入力ポート I/O パネル
    ◆PS/2 マウス/キーボード ポート
    ◆HDMI 出力ポート
    ◆ HDMI 入力ポート
    ◆DisplayPort
    ◆SPDIF 光出力コネクタ ポート
    ◆eSATA コネクタ
    ◆USB 2.0 ポート×3
    ◆Fatal1ty マウス ポート (USB 2.0)
    ◆ USB 3.0 ポート (ASMedia Hub)×3
    ◆RJ-45 LAN ポートおよびLED (ACT/LINK LEDおよびSPEED LED)
    ◆CMOSクリアスイッチ
    ◆HD サウンドジャック: リアスピーカ / ミドルスピーカ / 低音スピーカ / サウンド入力 / フロントスピーカ / マイクロフォン
    Picture 110_R


    オーディオはCreative Sound Core3D
    搭載されたクリエイティブサウンドコア3Dクアッドコアサウンドおよび音声プロセッサは、SBX Pro Studio、CrystalVoice、Scout Mode、EAX 1.0~5.0などの各種技術をサポートしています。 また、最大600Ωのハイエンドヘッドセット用ASRock Premium Headset Amplifier (PHA)も装備しています。低音域がかなりいい感じですよ!
    Picture 117_R


    SLI/XFire 電源コネクタ
    こちらもZ87 Professionalの追加されたコネクタです。なかなかいいアイデアですね!
    Picture 121_R


    USB3.0ポート/USB2.0ポート
    今回、USB3.0ポートが2か所設置されました。
    Picture 123_R


    COMポート/電源 LEDポート
    電源スイッチとリセットスイッチはLED付きです。今回はLEDをONにして飾り付け?してみます。
    Picture 125_R


    チップセットのヒートシンク
    FATAL1TYのFがトレードマークのZ87 Professionalです。意外とこの部分は高温になりますので、冷却用ファンが必要かもしれません。一応ファンコントローラーの温度センサーでも監視していきます。
    Picture 127_R


    Core i7 4770K
    ◆動作周波数 : 3.50GHz
    ◆コア数 : 4 cores/8 Threads
    ◆キャッシュ : 8M
    ◆ソケット形状 : LGA1150
    ◆グラフィック機能 : Intel HD Graphics 4600
    ◆TDP : 84W
    Picture 144_R

    i7 4770Kで組みました
    今回発売されたZ87マザーボードシリーズは、CPUのボトムのヒートシンクがなくなりました。これによりCPUクーラーも設置しやすくなりましたし、拡張スロットとの干渉もなくなりいい感じです!
    Picture 157_R


    UEFIメイン画面
    メイン画面は大きな変更点はないようすが、画面下で言語の選択ができます。日本語にしてみましたが、ASRock を愛用している方は英語で慣れていると思うので、慣れない日本語表示が逆に違和感があり、すぐ英語に戻しました。
    UEFI11.jpg


    OC Tweakerでの4.6Ghz設定画面
    オーバークロックの最適設定で確認してみました。4.6GhzではVcore1.32Vで設定されています。
    4.2Ghz 1.150V
    4.4Ghz 1.270V
    4.6Ghz 1.320V
    4.8Ghz 1.420V
    CPUの個体差もありますので、この数値を参考に詰めていくのがいいでしょうね!前回のZ77のAUTO設定よりかなり改善されているようですよ!
    UEFI22.jpg


    OC Tweakerでのメモリ設定
    UEFI33.jpg


    OC Tweakerでの電圧設定
    UEFI44.jpg


    F-STREAM
    F-STREAM TUNINGも新しくなりました。使い始めて5日目ですが、なかなか使いやすいソフトです。OCをしていますのでOperation ModeでPeformance Modeを選択しています。
    F-STREAM.png


    F-STREAM Tools
    FANの設定やLED設定が可能です。
    F-STREAM1.png


    XFastRAM設定
    実装メモリ8Gですので、XFastRAM設定で1GBのディスク設定にしています。Cashe&Tempの設定が可能です。
    F-STREAM2.png


    OC Tweaker
    UEFIのOC Tweakerで設定した数値確認をします。この画面でも設定できますが、基本UEFIで設定します。
    F-STREAM3.png


    System Info
    クロックやCPU温度、電圧の確認ができます。
    F-STREAM4.png


    マザーボード取り付け完了!
    Picture 179_R


    取り付け後の拡張スロット
    Picture 268_R


    起動確認
    問題なく起動OKでした。面倒だから簡易接続で確認していませんでしたが、最近頻繁に組み換えをしているので、ちょっとお疲れモードです。
    Picture 271_R

    Z77 Professionalからの換装ですが、完成度が高いマザーボードになっています。特にオーバークロックの設定がかなり改善されているように感じます。ゲーマーやOCが目的の方には最適なマザーボードでないでしょうか!
    現状ではi7 4770KとZ87 Professionalで最強タッグが組めたと自負しています。4.6Ghzで常用していきますがH100iで強力に冷却していますので、安定性もありますよ!


    CONECO・NETレビュー
    4770Kとの最強タッグで組んでみました


    Chris Lee氏によるASRockマザーボードについて
    ASRockに聞く「Haswellマザー、“欲しくなる独自機能”のポイントは?」




    ASRock マザーボード (HASWEL対応)  Z87 ATX USB3.0 SATA3 Z87 ProfessionalASRock マザーボード (HASWEL対応)
    Z87 ATX USB3.0 SATA3
    Z87 Professional


    商品詳細を見る

    Intel CPU Core-I7 3.50GHz 8Mキャッシュ LGA1150 UnLocked BX80646I74770K 【BOX】Intel CPU Core-I7 3.50GHz 8Mキャッシュ LGA1150
    4770K 【BOX】


    商品詳細を見る

    Intel CPU Core-I5 3.40GHz 6Mキャッシュ LGA1150 UnLocked BX80646I54670K 【BOX】Intel CPU Core-I5 3.40GHz 6Mキャッシュ LGA1150
    4670K 【BOX】


    商品詳細を見る
    2013/06/08 Sat. 08:14 | trackback: 0 | comment: 8edit