09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    Cooler Master Hyper 612 Ver.2 

    Hyper 612 Ver.2の取付と冷却性能確認
    Cooler Masterから発売されたHyper 612 Ver.2ですが、2011年9月から人気シリーズだったHyper 612 PWMの後継モデルとして発売されました。前モデルより静音ファンを採用しながら高発熱CPUに対応しており、今回のHyper 612 Ver.2もCPUに直接触れて熱を吸い上げる6本のダイレクトタッチ・ヒートパイプ等を採用していますので、かなり冷却性能が期待出来そうです。
    ここ数年、水冷一体型クーラーを多用していましたので、空冷タイプのCPUクーラーは長らく使っていませんでしたが、その静音性と冷却性能にも期待しています。Cooler Masterの人気シリーズであるハイエンド空冷のV8 GTSの性能を見ていたら、Hyper 612 Ver.2もかなり期待していますが如何でしょうか。
    CPUクーラーは静音性と冷却性能は相反することが多いですが、このヒートシンクの大きさや構造から想像できますが、水冷一体型クーラー並みに冷えそうな予感がします。240㎜ラジエーター採用の水冷一体型クーラーまでの冷却性能は無いにしても、恐らく120㎜ラジエーター採用の水冷一体型クーラーよりは冷えそうですよ!
    今回Hyper 612 Ver.2の開封から取付までの紹介と、期待できるその冷却性能を確認してみたいと思います。


    Hyper 612 Ver.2
    Picture 1685_R


    Hyper 612 Ver.2 製品規格
    パッケージ裏面に記載してある製品規格です。気になるCPUクーラーの高さは160.4 mm と前バージョンの163 mm より低くなっています。メモリやマザーボードのヒートシンクとの干渉を抑えた設計で、この取付け易そうな規格や構造はさすがCooler Masterと言えそうです。
    Picture 1695_R


    Hyper 612 スペック



    Hyper 612 Ver. 2 開封!
    パッケージを開封したら、Cooler Masterのロゴ入りの白い箱に付属品が入っています。横に見えるのがファンを固定するクリックスナップです。その下が冷却ファン、一番下にクーラー本体が入っています。
    Hyper 612 V2開封


    ヒートシンクを確認
    ワイドフィンレイアウトによって少ない風量で優れた放熱性能を実現しています。銅製のヒートパイプが重厚な感じで見た目もナイスです。
    Hyper 612 V2 ヒートシンク


    ヒートパイプを確認
    CPU のホットゾーンにジャストフィットするヒートパイプレイアウトを採用しています。CDC™(連続直接接触)技術使用して冷却性能は抜群です。
    Hyper 612 V2 ヒートパイプ


    冷却ファン
    ファン回転数800~1,300 RPM ±10%、最大静圧0.6 - 1.6 mm H2O ± 10%と前モデルより静かで高性能なファンを採用して、効率よくヒートシンクを冷却します。
    HYPER 612 V2ファン


    取扱い説明書
    付属品のネジ類をアルファベットで表示して、イラストにて取付け手順が記載してあります。AMDとIntelに分かりやすく見やすい取扱説明書です。
    Picture 1735_R


    バックプレートと付属品
    Hyper 612 Ver.2のバックプレートはAMDとIntel共用です。Nepton 280Lのようにピンを固定するパーツがあります。ピンを固定するところを間違えないよう差し込んでいきます。
    Hyper 612 V2 バックプレート


    LGA1150の取り付け位置
    三カ所あるポジションの真ん中が今回使用するLGA1150の固定場所になります。分かりやすいよう白い線を書いていますが、実際はこの白い線はありませんのでご注意下さい。
    Picture 1751_R

    Picture 1753_R


    バックプレート取り付け完了!
    Picture 1756_R


    仮組みしてみる
    実際にマザーボードに取付け前に仮組みして穴位置の確認をしていきます。スタッドナットやマウンティングプレートを取り付け、安定感や固定方法を確認しました。
    Hyper 612 V2 バックプレート仮組


    CPUクーラーを取り付け
    マウンティングプレートにCPUクーラー本体を固定したら完成です。ヒートシンクにファンを固定した後は、最後のネジ締めができないので、ファンを取り付けして完了です。
    Picture 1774_R

    Picture 1777_R


    ファン固定用はクイックスナップ・カバー
    CPU クーラーへのファンの取り付けは、クイックスナップ・カバーか細い金属製のブラケットどちらも可能ですが、今回はクイックスナップ・カバーを使用しています。
    Picture 1771_R


    仮組み完了!
    思っていたよりサイズもコンパクトで、搭載可能なケースも多いようです。今回使用するケースはP280-MW Windowで、搭載可能なCPUクーラーは170㎜ですから難なく設置出来そうです。
    Picture 1781_R



    マザーボードにバックプレート設置
    CPUカットアウトを採用したケースであれば、マザーボードは外さず本体裏側から取り付け可能ですが、今回は撮影の関係もありいったん外してセットします。Hyper 612 Ver.2を始め、Cooler MasterのCPUクーラーは取り付けがし易く満足しています。
    Picture 1787_R


    スタッドナット取付
    スタッドナットを締めたら、その後の作業は簡単です。このナットの締めが甘いと安定感が無くなりますので、最初のチェックポイントになります。
    Picture 1792_R


    マウンティングプレート取付
    マウンティングプレートは向きだけを間違わなければOKです。2枚とも同じ構造ですから、特に左右どちらを使っても問題ありません。
    Picture 1796_R


    リア側のフックに本体を留める
    マザーボードのヒートシンクが大型でも干渉はしないでしょが、マウンティングプレートのフックに掛けるのが少し難しくなりそうです。目視出来なくてもおおよその場所が分かるわけですから問題なさそうです。
    Picture 1799_R


    フロント側のネジを締める
    ファンを取付け前にこのネジを締めたらCPUクーラーの本体設置完了です。
    Picture 1805_R


    クーラー本体のぐらつきがないか確認
    この時点でぐらつきがあれば、スタッドナットかマウンティングプレートが完全に締まっていない可能性があります。実は少しぐらつきがあり本体を外して再度確認したら、スタッドナットが二カ所締まり切っていませんでした。そのまま使うとCPUの冷却効果も低下しますし、最悪熱暴走なんてトラブルが発生するので気をつけましょう!
    Picture 1808_R


    ファンケーブルは綺麗に結束
    ファンケーブルも無造作に放置したら配線の邪魔になりますのでPWMファンコネクタに挿して残ったケーブルは画像のように綺麗に結束しましょう!見た目重視の自作erはこういうところは拘りを持っています。
    Picture 1810_R


    Hyper 612 Ver.2取付完了!
    メモリとの干渉もありませんし、仮に大型ヒートシンク搭載のメモリとの干渉も全く問題なく設置できます。マザーボードにもよりますが場合によってはA2・B2スロットを使えば、なおスペースの有効活用が可能です。
    Picture 1813_R

    Picture 1817_R

    Picture 1819_R


    P280 MW Windowに組み込み
    久々に空冷CPUクーラーで組んでみましたが、予想以上に組みやすくてまた空冷式が魅力的に感じています。ケースの大きさにもよると思いますが、ミドルタワー型以上であれば組みやすいし、サイドフローのCPUクーラーですから、ケースフロントからリアにかけてエアフローの構築が容易です。
    Picture 1821_R

    Picture 1825_R


    電源ONで起動確認!
    起動してみましたがかなり静かですね!最近水冷一体型クーラーのファンも1500rpm以上の高回転ファンが多かったので、この静音性はかなりビックリしています。
    Picture 1830_R




    HYPER 612 Ver.2の冷却性能
    静音性が確認できたところで、気になる冷却性能を確認してみます。G3258を4.6GHzや4.7GHzにオーバークロックして最高温度を確認してみます。参考までにそれまで取り付けしていたTDP 300ワット対応をうたう水冷CPUクーラーELC-LT120X-HPもオーバークロックして最高温度を確認しています。まあTDP300Wの水冷一体型クーラーにはかなわないと思いますが如何でしょうか?

    P280 MW PC構成 Hyper612


    G3258 4.7GHzのオーバークロック設定
    G3258を4.7GHzでVcore1.380Vで検証してみます。4.6GHzは1.280VにてOCCTをしています。
    OC Tweaker HYPER612


    UEFI HW Monitorファン設定
    UEFIでのHW Monitor設定です。50℃で50%ですからアイドル時は700rpm前後で回転させます。60℃以上の負荷時は徐々にMaxに変えていきます。
    141206194216.jpg


    OCCTで冷却性能確認
    最終確認でOCCTを1時間走らせました。Hyper 612 Ver.2を使いG3258 4.7GHzで常用できるかの最低限の確認作業ですが、とりあえず1時間のみで検証してみました。
    HYPER 612 47GHz 3

    完走後のモニタリング
    HYPER 612 47GHz 4


    2014-12-06-21h24-Temperature-Core #1


    OCCT時のHyper 612 Ver.2 Core Temp
    Hyper 612 Ver.2の4.6GHz=54℃、4.7GHz=68℃と安全圏内でその冷却性能は期待通りでした。
    HYPER 612 46GHz 47GHz


    OCCT時のELC LT120X-HP Core Temp
    ELC-LT120X-HPの4.6GHzと4.7GHzでのコア温度です。検証時のVcoreも4.6GHz=1.260V、4.7GHz=1.320Vと低めの設定ですから参考程度に比較してください。
    ELC LT120X 46GHz 47GHz


    換装後のケース内
    トップとリアにLEDファンを使っていることもあり、Hyper 612 Ver.2がやや地味に見えますがケース内もその存在感があるCPUクーラーで雰囲気もかなり変わりましたね!
    Picture 1829_R


    水冷一体型クーラーを愛用していることもあり、正直あまり期待していなかったHyper 612 Ver.2ですが、予想以上に冷却性能がありビックリしています。Seidon 120XLと同等の冷却性能があるELC LT120X-HPよりは5~7℃の差がありますが、その静音性を考慮したらこの時期の静かな室内では満足度も高いと思われます。
    水冷一体型クーラーで言えば、Seidon 120Vと同等の性能が期待できるHyper 612 Ver.2と言えそうです。マルチコアであれば4.5GHzあたりでの常用もできそうですが、それ以上を狙いたいなら高回転のファンを用いるか、サンドファンが可能であるHyper 612 Ver.2ですから、CPUや常用クロックにより環境に合わせた設定変更も有効かもしれません。
    個人的には、静音重視のPC生活を送るのに最適かなと思わせられたHyper 612 Ver.2でした。



    新製品 COOLER MASTER Hyper 612 Ver.2 
    RR-H6V2-13PK-J1 大型サイドフロー型CPUクーラー


    ASRock マザーボード H97 ATX H97 Performance






    スポンサーサイト
    2015/07/13 Mon. 22:20 | trackback: 0 | comment: 0edit

    Cooler Masterに注目! 

    Nepton 280Lで判るCooler Masterの本気度!
    自作PCでは各パーツを組み直すことがよくあり、交換したパーツが予想通りの性能なら満足できますが、ブログを書いていることもあり新しいパーツを人柱で選び検証することも多々あり、自分自身が思っていたより結果が出ないことも少なくありません。
    そういう中、前回のNepton 280Lは久々に満足できるクーラーで、Corsair H110を凌ぐ冷却性能でCooler Masterを代表するハイエンド水冷一体型クーラーと言える製品でした。
    Nepton 280Lは空冷のV8 GTSの発売当初から気になるCPUクーラーとしてかなり注目していました。前回ブログで紹介したNepton 280Lを実際ケースに搭載したり検証をしてみて、他社と比較して搭載可能なケースも多く取り扱いがしやすい、特にバックプレートの取付やすさ、さりげなく配慮された共振防止ラバーパット、曲げに強いFEP素材のチューブなど独自性もあり満足いくクーラーであり、個人的にはCooler Masterが今まで以上に好きなメーカーになりました。

    実はガンダム1号機と呼んでいるIn Wln GRoneを購入するときに、Cooler MasterのCM Storm Strykerと迷いに迷い、アクリルパネルが広いGRoneを選んだということがありました。今ではCM Storm Strykerの方が人気になっている状態で少し後悔しています。
    やはりCooler Masterと言えばPCケースとCPUクーラー、電源ユニットが有名ですし、ちょっと気になるパーツを紹介してみます。


    Nepton 280L
    280㎜ラジエーターの水冷一体型クーラー最強はこれで決まりでしょう!付属のJetFlo 140は800~2000 RPM で最大風量122.5 CFM とラジエーター冷却に最適化されています。1500rpm以上は風切音はやや気になりますが・・・
    Nepton 280Lの製品ページはこちらから
    Nepton280L2.jpg


    GRoneに換装後のNepton 280L
    エアフロー抜群のケースなら更に冷却性能がアップします。ケース内に140mmファン×9基、200mmファン×1です。ケース外にラジエーターを搭載しなくても十分冷えるケース内です。
    Picture 1834_R


    Cooler Masterレビューキャンペーン!
    QUOカード1万円券が当たるレビューキャンペーンが開催されています。先月も開催されていましたが、12月も継続しているみたいです。Cooler Masterの製品を価格.com・Coneco・Amazon・楽天・Yahooショッピング・ブログなどでレビューを書いて応募したらいいようです。応募フォームはこちらから
    jp_event1211_1920x490px.jpg

    <概要>
    ◆キャンペーン応募期間
    2014年12月15日(月)~2015年1月11日(日)
    ◆賞品
    抽選で5名様にクオカード1万円券


    気になるPCケース
    Cooler Masterと言えば人気のケースが非常に多いですね!フルタワーのHAFシリーズをはじめCOSMOCシリーズと一度これらのケースを使うと拡張性と冷却性でCooler Masterのファンになりそうです。今回個人的に気になるケースを紹介します。一度購入したら長く使うケースだけに信頼できるケース選びは大事ですね!

    CM Storm シリーズのフルタワー PC ケース
    Cooler MasterのGaming PCケースと言えばCM Storm Stryker ですね!価格comで有名な優雅な子猫さんも愛用されているケースです。白い上品な色合いです冷却性能抜群と言えそうです。今更ですがこのケースにしていたらと後悔しています。ちなみにケースサイズは250.0 x 605.6 x 578.5 mm と大型ケースです。
    CM Storm Strykerの製品ページはこちらから
    CM Storm Stryker2


    設置方向の変更可能な HDD ベイモジュールを搭載
    設置方向の変更を行える、ユニークで便利な HDD ベイモジュールを搭載しています。、HDD ベイモジュールには 120mm ファンを搭載可能で、HDDの熱を PCケース内に留まらせることなく外部に排出できます。
    CM Storm Stryker3


    高い拡張性のCM Storm Stryker
    XL-ATX や長さ 322mm までのビデオカードに対応しています。標準ファンも200mm ファン+140mm ファン+120mm ファン×2で冷却性能はかなりありそうです。CPU クーラーの高さは186mm まで 可能です。
    CM Storm Stryker1


    COSMOS SE
    大容量ストレージと大型ラジエータに対応。ハイエンドPCケースCOSMOSシリーズのミドルタワー型PCケースです。3.5インチベイ×8と録画サーバーなどHDDドライブを多数搭載したい方はこれか!
    COSMOS SEの製品ページはこちらから
    COSMOS SE1


    本体の上部に備える IO パネル
    USB 3.0×2、USB 2.0×2、ヘッドホン×1、マイク×1 を上部に搭載しています。COSMOS SEをPCデスクの上に置いた場合は操作がしにくそうですが、デスク下なら各インターフェースが分かりやすいです。
    COSMOS SE2


    最高 3 台の液冷ラジエーターを搭載可能な充実の液冷対応
    COSMOS SEは、ミドルタワー型ケースでは難しかった360mmサイズの大型水冷ラジエータをケース前面に搭載可能です。上面に最大280mm、背面に120mmの水冷ラジエータをそれぞれ搭載可能ですから、Nepton 280LもOKみたいですね!
    COSMOS SE3


    HAF XB EVO
    PCケースのトレンドはスーパーキューブ型であるのは間違いありません。HAF XB EVOやCorsair Air 540などが今後の主流になりますし、メンテナンスがしやすいこの手のケースを使うと、もうタワー型に戻れないかもしれませんね!
    HAF XB EVOの製品ページはこちらから
    HAF XB EVO1


    エアフロー抜群のHAF XB EVO
    前から後ろに空気を直線的に流す高効率なハイエアフローが可能で、天板・側板が外せるためどの方向からも手を入れて作業ができます。内部は二段に分かれており、下段が3.5/5.25インチベイ&電源ユニットの収納、上段はマザーボードという構造です。
    HAF XB EVO2


    ATX、microATX、Mini-ITX に対応
    ケースサイズは442 x 330 x 423mm (W x H x D)です。フロントの240㎜ラジエーター、リアに120㎜ラジエーターの簡易水冷も搭載可能です。5.25インチベイ×2、3.5インチベイ×4と拡張性もAir 540以上と言えそうです。
    HAF XB EVO3



    気になるCPUクーラー
    最近のCooler MasterはCPUクーラーが一番の注目ですね!最強水冷一体型クーラーのNepton 280L、空冷最強のV8 GTSと自作erのハートをつかんでいます。空冷のHyperシリーズも人気なものが多く発売されています。


    空冷最強のV8 GTS
    空冷最強と言えば、V8 GTS、SilverArrow IB-E Extreme、R1 ULTIMATEあたりでしょうか?いずれもヒートパイプ7~8本で140㎜ファンでかなりの冷却性能があります。自動車のエンジン風のルックスで魅せるCPUクーラーとしてはV8 GTSがNo1と言えそうです。スケルトンブラックの樹脂フレームには、4基の赤色LEDが配置されています。
    V8 GTSの製品ページはこちらから
    V8 GTS


    TDP 250Wまで対応可能な直径6mm×8本のヒートパイプ
    6mmヒートパイプは8本採用、全高166.5㎜と搭載可能なケースも意外と多いです。冷却ファンは140mm径ファン×2基でPWM制御に対応し、回転数を600~1,600rpmとかなり冷えそうな感じです。
    V8 GTS 1


    ベイパーチャンバーとヒートパイプを組み合わせた強力な冷却性能
    チャンバーとヒートパイプ、さらにトリプルタワーフィンで構成されています。ヒートシンクの中心寄りに140mmファンを配置したことで、メモリスロット上にヒートシンクが掛かりますが、それなりに高さのあるメモリを搭載できるます。
    V8 GTS 2


    Hyper D92
    今年11月に発売されたHyperシリーズのHyper D92です。コンパクトで強力なデュアルファンモデルで、92mmファン2基を対角線上に取り付ける設計になっています。ファンの回転数は800~2,800rpm ±10%、最大風量54.8CFMとなっています。
    Hyper D92の製品ページはこちらから
    Hyper HD92 1


    ファンクロスセットアップデザイン
    上から見たらユニークなフィン設計が分かりやすいですね!かなり変わった構造ですが、全高146.4㎜とミドルタワーケースにも搭載可能になっています。ケース内のエアフローが構築しやすいサイドフロー型のCPUクーラーで、この高さは魅力的です。
    Hyper HD92 3


    ダイレクトコンタクト・ヒートパイプ
    銅製ヒートパイプ4本が直接CPUに接するダイレクトコンタクト・ヒートパイプを採用しています。ファン固定用の樹脂製ブラケットには、ヒートシンク側に接する面に防振用のゴムが設けられています。LGA2011系ソケット対応というのもナイスです。
    Hyper HD92 2


    フルタワーケースなら余裕で搭載可能
    ケーストップに360㎜ラジエーターも搭載可能なケースですが、Nepton 280Lの冷却性能があれば280㎜ラジエーターでも十分でしょうか。予備機も含めて3台のPCはCPUクーラー高さも170㎜までは搭載できますし、このGRoneは最大206㎜と搭載できないクーラーはあり得ない状態です。当然V8 GTSも難なく取り付け可能です。
    Picture 1838_R



    Cooler Masterの本気度が分かる人気のCPUクーラーとPCケースということで紹介しましたが、独自性があるヒートシンク構造や強力な冷却性、スタイリッシュなPCケースと改めてCooler Masterの人気パーツを見てみると、その理由が分かるような気がします。
    今月も継続されているレビューキャンペーンを開催していますし、レビューを頑張ってQUOカード1万円券をGetしたいですね!ただ年末年始は休みもなく忙しいから、レビューを書く暇がないのでアップできるかは微妙ですが頑張らないと・・・




    Cooler Master V8GTS サイドフロー140mmPWMデュアルファン 日本正規代理店品 RR-V8VC-16PR-R1Cooler Master V8GTS
    サイドフロー140mmPWMデュアルファン 日本正規代理店品 RR-V8VC-16PR-R1


    商品詳細を見る


    CoolerMaster社製 ハイエアフローキューブタイプケース RC-902XB-KKN2-JP (HAF XB EVO)CoolerMaster社製 ハイエアフローキューブタイプケース
    RC-902XB-KKN2-JP
    HAF XB EVO


    商品詳細を見る


    CoolerMaster CM Storm Stryker フルタワー SGC5000WKWN1JPCoolerMaster CM Storm Stryker
    フルタワー SGC5000WKWN1JP


    商品詳細を見る
    2014/12/16 Tue. 01:31 | trackback: 0 | comment: 6edit