06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    LEDイルミネーション 

    LED ILLUMINACION 「LEDイルミナシオン」
    サイズ PCケース装飾用LEDアクセサリ LEDイルミナシオン 発色切替リモコン付属 LED ILLUMINACIONサイズ PCケース装飾用LEDアクセサリ LEDイルミナシオン 発色切替リモコン付属 LED ILLUMINACION
    (2011/10/06)
    サイズ

    商品詳細を見る



    久しぶりの休日で、朝から日経225の先物取引をしながらZ9plusや自作PCのYouTubeを見ていたらド派手なPCケースを作っている動画があって、何となくいいな・・・ということで、近くのパソコン工房へ行ってみました。
    ファンコンの修理はまだできていないようで、目的のLEDイルミナシオンを探してみました。ありましたありました千円台で安いし即購入!

    開封後中身の確認
    かわいいリモコン付きです
    LED1.jpg

    LEDリボンにコネクタ取り付け
    矢印を合わせて挿入しないとLEDが点灯しません
    LED2.jpg

    コントローラー接続
    コネクタやコードを接続します
    LED3.jpg

    リモコンをセット
    このビニールを抜かないとリモコンは使えません


    LED点灯
    イエローボタンを押してカラーを確認。きれいなLEDですね!
    LED6.jpg

    RED LED
    ちょっと目が痛くなりそうです。
    LED5.jpg

    リボンの配置決め
    リボンの裏面は両面テープが貼ってあるのでどこでも貼り付けできます。曲げにも強そうです。どこに設置するかあれこれか迷いますね。仮止めしてケース内の明るさを見ながら場所を気めました。
    LED7.jpg


    LEDリボンの直結
    LEDリボンにある矢印を合わせて接続したらOKです
    LED直結



    LEDリボン貼り付け
    2本のリボンを直結してもいいし、分離して設置してもいいし、とりあえず1本はケース下に貼り付けしました。
    LED8.jpg

    ケース内の確認
    マザーボードの右側が暗かったのでケース下と側面に設置しました。
    LED9.jpg


    付属の制御モジュールとリモコンで様々な発光色・発光パターンの選択が可能
    1)発光色
    、白、濃いオレンジ薄いオレンジ濃い黄色薄い黄色濃い黄緑薄い黄緑濃い水色薄い水色青紫赤紫ピンク
    LED11.png

    2)発光パターン
    輝度プラス、輝度マイナス、LED消灯・点灯、7色循環その1、
    7色循環その2、白明滅、3色循環

    なかなか遊び心があるLEDイルミネーションです。昼間はあまり感じませんが夜間や部屋のライトを消灯すると異様な雰囲気になります。ちょっと赤の点滅だけはパトカーの赤色灯みたいで何か悪いことをして逮捕された気分になり好きになれませんが。

    暑いときは何色? CONECO NETレビュー

    スポンサーサイト
    2012/07/30 Mon. 20:56 | trackback: 0 | comment: 0edit

    Z9 plus エアフローの構築 

    ケース内の正圧と負圧

    前回Z9Plusのサイドパネルに硬質パネルを取り付け埃対策を行いましたが、同時に多少の静音化も図ることができました。ケース内温度は室温プラス7~8℃上昇しますが、Z9plusに関して言えば通常使用時で室温プラス1~2℃で保つことができ、夏でも安心して使えるPCケースです。
    ケース内のファンは6台設置していますが、全て同一メーカーの同じファンであればエアフローの正圧や負圧を容易に設定できますが、なんせ3台はZALMANのファンですが他はいろんなメーカーの静音ファンを使用していますので台数だけの単純計算で正圧か負圧を把握できない問題点があります。

    正圧吸気ファンのCFMの合計>排気ファンCFMの合計
    負圧吸気ファンのCFMの合計<排気ファンCFMの合計

    CFMとは
    風量の単位である。Cubic Feet per Minuteの略で1分間に1立方フィートの体積分の空気がいくつ流れたかという単位となる。1フィートは、約30cmなので、一辺が約30cmの箱が何個分の空気が吸気又は排気されるかという指標となる。簡単に言えば製品仕様表に記載されているCFMの数字が大きいほど風量が多いと考えたらいいです。

    正圧とは
    ケース内の気圧がケース外の気圧より高い状態で、吸気ファンのCFMの総計が排気ファンの総計より多ければ、正圧となる。
    正圧はケース内の空気の密度がケース外よりも高いので、余計な空気は、通気口やケースの隙間から排気される。
    正圧の利点は、吸気ファン以外から吸気しないので、吸気ファンにダストフィルターを設置しておけば、ダストフィルターの目より大きい埃はケース内に侵入しないので、防塵性が高く、ケース内を清潔に保つことができる。
    もう1つの利点は、既に述べた通り、吸気ファン以外から吸気しないので、一度排気された排熱の侵入を防ぐことができる点だ。
    吸気ファン設置口付近に排熱が流れないようにしておけば、排熱がケース内を繰り返し循環して冷却性が著しく低下することを防げるだろう。
    つまり、正圧であれば、空気の侵入を吸気ファンのみに限定できるので、吸気ファン設置口で防塵対策、排熱対策ができていれば、吸気する空気の品質をコントロールできるので、利点が大きい。

    負圧とは
    ケース内の気圧がケース外の気圧より低い状態で、吸気ファンのCFMの総計が排気ファンの総計より少なければ、負圧となる。
    負圧はケース内の空気密度が低いので、不足した空気を吸気ファン以外の通気口や隙間から取り込むことになる。
    この場合、吸気ファンにダストフィルターを設置していても、ダストフィルターがない通気口や隙間から吸気するので、防塵効果は大きく低下するだろう。
    また、排熱についても、特に壁に面してPCを設置している場合で、かつ長時間負荷が高い処理をしている場合、電源ファン、グラフィックカードの排気口、背面ファン等の排熱が背面に溜まりやすく、その排熱を背面の拡張スロットの空きスロットや通気口から吸気することになるので、冷却性が低下する。
    しかも、いったん排熱を吸気すると、ケース内でさらに温度が上昇した排熱が排気され、それが再び吸気するという循環を繰り返すと、ケース内温度が上昇することが容易に想像できる。
    これは、まさに「排熱の悪循環」であり、長時間この状態が続けば、冷却性は大幅に低下することになるだろう。
    したがって、防塵性の点だけでなく、冷却性の点でも負圧は大きなデメリットとなると考えられる。

    自作PCエアフロー検討室 PC Considering Air Flow 参考ブログ

    使用ファン3種類の製品仕様
    ①ZALMAN ZA1225CSL120mm  1500RPM 58CFM 28dB
    ②OMEGA TYPHOON 120mm 究極静音  1100RPM 47CFM 10.8dB
    ③ENERMAX エベレスト120㎜ UCEV12 1000RPM 46CFM 12dB

    比較してみるとZ9plusに標準で付属しているファンは回転数RPMの数字の割には風量CFMはあまり多くありません。ファンコンで回転数を制御すると当然CFMも比例して低下します。1500RPMで使用しているとノイズもややうるさいレベルです。

    Z9plusのエアフロー  ファンの設置場所と各ファンのCFMを考慮してPCケース内の正圧化
    青⇒吸気ファン(フロント) ①ZALMAN 58CFM 
    青⇒吸気ファン(下段)   ①ZALMAN 58CFM 
    白⇒吸気ファン(サイド)  ②ENERMAX  46CFM
    赤⇒排気ファン(リア)   ①ZALMAN 58CFM
    赤⇒排気ファン(トップ左) ③OMEGA TYPHOON 47CFM
    赤⇒排気ファン(トップ右) ③OMEGA TYPHOON 47CFM

    エアフロー

    吸気ファンCFMの合計(58+58+47=163CFM)
    排気ファンCFMの合計(58+46+46=150CFM)
    13CFMの正圧になります!


    Z9PLUS エアフローの構築2
    秋から春までの涼しい時期のPart2をまとめていますので参考にして下さい。ファンコンのレギュレーターによる発熱を下げるための対策をメインにエアフローの構築をしています。

    ファンのローテーション
    今まではトップの2台に①ZALMAN 58CFM を設置していたが、ややノイズが気になる。白いZALMANのファンもLEDタイプと同じ回転数である。CPUファンは見た目でLEDファンにしていたが風量を考えれば純正タイプに戻すことに。 
    エアフロー1

    CPUファンとトップファンを外した状態
    エアフロー2

    元々のCPUファンを電源用のファンで使用していました。KAZE-JYUNI 1200rpm 74.25CFMと120mmファンでもかなりの風量ですでのCPU冷却には一番です。
    エアフロー3

    電源には白いZALMANのファンを使います。
    エアフロー4

    ローテーション後のケース内。サイドパネルを外していますがLEDファンが6台になるとケース内もよく見えます。
    エアフロー5

    後はファンコンを使って、エアコン使用中はやや全体の回転数を落として静音化をして、昼間の暑い時間帯はフルパワーでファンを回したら正しい正圧の構築ができます。
    修理に出したファンコンがまだ帰ってきません・・・2週間経ちますが。

    PCケース内の正圧をしよう!CONECO・NET商品レビュー
    究極!このファンの音が聞こえるか
    究極!このファンの音が聞こえるか Part2

        スロットカバー
    アイネックス スロットカバー ブラック PA-010BKアイネックス スロットカバー ブラック PA-010BK

    商品詳細を見る



    2012/07/28 Sat. 20:18 | trackback: 0 | comment: 0edit

    Z9 plus改造 ほこり対策 

    ZALMAN Z9Plusですが抜群のエアフローが可能ですが、多くの方がコメントされているいるようサイドパネルのメッシュからの埃の進入が心配されます。夏の時期はある程度メッシュを活用した吸気、冬場は静音化を目指したエアフローを構築するのが理想的であると思います。
    まずはこちらの記事を参考に改造をしてみました。
    『Z9 PLUS』のサイドパネルの穴を塞いでみた

    硬質カードケース(B4サイズ)
    を購入してアクリル代わりに対応します。サイドケースを外してB4カードがメュシュに入るようにレイアウト。物差しで3mmから5mm大きく型を取る。上下のアクリルに沿うように合わせたら収まりがいいです。硬質カードは2枚合わせたものですからカットしたら同じサイズのカバーが2枚できますので、1枚はファン装着用、もう1枚は完全密封用にされたらいかがですか。
    Z1.jpg


    大きさ確認
    メッシュがきれいに収まればOKです。多少ラインが曲がってもサイドパネル裏側にセットするので問題ありません。
    Z2.jpg

    穴あけ位置を決める
    グルーガンがあればいいのでしょうが一般庶民はあまり持っていません。ネジを用いて固定する方法で角々を固定するため、メッシュの穴に合うよう油性マジックで穴の中心に印を付けます。六角形のため最低6箇所以上の穴を決めます。
    Z13.jpg

    穴あけ
    硬質カードケースだから、ドライバーや千枚通し等では穴あけ出来ません。直径2mmくらいの細いプラスドライバーを用意します。ガスコンロでドライバーの先を5秒くらい焼いて(火傷注意)硬質カードの印のところをゆっくり押すと熱で簡単に穴が開きます。少しグルグル回して穴を大きくしていき、この要領で全ての穴あけを行えば下準備が完了です
    Z10.jpg

    ネジセットを購入
    ホームセンターでさら小ネジを購入しました。ネジ直径2mm、平ワッシャー、六角ワッシャーの10本セットで100円でした。メッシュの穴に通すため直径3mm以下のネジにしましょう!
    z16.jpg

    ブラック塗装?
    ネジ頭と平ワッシャーの片面を油性マジックで黒く塗ります。黒いネジセットがあれば一番いいでしょうが数店回りましたが黒色はなさそうです。
    Z3.jpg


    ネジ留め
    穴の部分にネジを入れていき固定します。穴の位置が多少ずれていても問題ありません。穴半分ずれるといけませんが写真のようにファン用ネジと見た目も同じみたいです。
    Z4.jpg

    裏面の様子
    裏面は塗装?していませんのでもともとのネジのカラーシルバーが見えています。ネジの下の黒いマーク(白丸)は穴の位置をどちらにするか迷ったときに付けたマークです。白い四角で囲んだ硬質カードとケース付属のアクリルとの設置面だけはきっちり合わせましょう。


    Z5.jpg

    ファン部分のカット
    サイドにファンを設置しない方は全面カバーでいいでしょうし、ファンを取り付けする方は仮留めしたファンに合わせてラインを引きカッターでカットしていきます。丸い部分は最後にゆっくりファンを物差し代わりにしてカットすれば出来上がりです。
    Z12.jpg

    ファン設置
    ファンをネジ留めするときにそのまま固定するよりナイロンワッシャー(1㎜以内の厚さ)か金属ワッシャーを絡めればメッシュとファンの干渉も皆無になります。私はサイドファンはZALMANを外して超静音ファンに交換したためそのまま固定したら多少メッシュと干渉して時折ファンが停止することがありましたので、ワッシャーを入れました。本当はファンの前にアイネックスのアルミファンフィルター 12cmをつければ更に埃対策になるかと思います。ファンとの干渉が気になりますが、同じくワッシャーで対応したら問題なく取り付けできそうです。
    Z14.jpg

    出来上がり!
    カバーを付けるだけでもかなりの静音化が図れました。これでエアフローと静音化の両立が出来そうです。6台のLEDファンで最高のPCケースが出来上がりました。今回使用した硬質カードケースやネジ類もほとんど目立ちませんしカバーを外した時も両面テープのように汚く見えることはありません。ここまでの取り付け作業時間は30分ですので気軽にできるZ9Plusの改造?をしてみてはいかがでしょうか。
    プロフィール3


    来週くらいにKAZE MASTERのファンコントローラーが帰って来そうです。恐らく保証期間内で新品と交換されるのでないかという説明でしたので、最終の裏配線の構築とオールLED化をしてきたいと思います。

    季節に合わせ、Z9plusを仕様変更しよう!
    必見!パソコンの故障の原因はほこりが大半


    ほこり対策の必需品
    アイネックス スロットカバー ブラック PA-010BKアイネックス スロットカバー ブラック PA-010BK

    商品詳細を見る



    アイネックス アルミファンフィルター 120mm用(ブラック) CFA-120A-BKアイネックス アルミファンフィルター 120mm用(ブラック) CFA-120A-BK

    商品詳細を見る



    アイネックス ファンフィルター 120mm用 CFF-120Zアイネックス ファンフィルター 120mm用 CFF-120Z

    商品詳細を見る



    SilverStone FAN-FILTER 12cm SST-FF122SilverStone FAN-FILTER 12cm SST-FF122

    商品詳細を見る

    硬質カードケース B4

    硬質カードケース B4


    商品詳細を見る



    2012/07/20 Fri. 00:44 | trackback: 0 | comment: 0edit

    Z9 plus PCケース交換 


    ZALMAN MidタワーPCケース Z9-PLUSZALMAN MidタワーPCケース Z9-PLUS
    (2010/12/18)
    ZALMAN

    商品詳細を見る


    今まで使用していたPCケースIW-PE663ですが、静音ケースでありながらファンを常に最高回転にしていないとすぐにケース内温度が上昇するという問題もあり、更に超静音ファンを使用したら静かになるが風力不足。以前から気になっていたCorsair CC600TWM-WHTが欲しかったが、値段が高いので仕方なく低価格で人気がありエアフローを考慮したZ9Plusを購入!楽天ポイントがあったので最安値のソフマップで注文して2日で到着しました。
    ケース交換は新規で自作PCを作るより難易度が高く、気長に3時間くらいで入れ替えできればいいかなと思い作業開始!

    まずは以前のパーツを取出す
    ファンや結束バンドを外すのが面倒でした。ファンコンは便利だけど取り付けや取り外しが大変です。一応パーツのほこりを取り除きましたが、思ったほど汚れてはいませんでした。ただファンだけはかなりほこりが付着していましたので、今後も定期的はメンテナンスが必要です。
    Z9_20120717095341.jpg

    振動防止ゴムを付ける
    3.5インチベイに取り付けのためSSDとHDDに振動防止ゴム付けます。以前のケースは専用の3.5インチトレイがあって出し入れがしやすかったけど、まあ振動防止ゴムも一度付ければ済むからいいでしょう。
    Z9 1

    マザーボート取り付け
    スペーサーを6か所付けてマザーボードを設置。I/Oパネルを前のケースから外すのを忘れていました。裏配線をするのであればこの時点で付属のCPU12V延長ケーブルを上のケース穴に通しておきます。取扱い説明書が英語と本家韓国語のため絵やイラストを見ながらセットしましたが、大体どこのネジかは数回自作した人やばらしたことがある人は問題ないでしょう。初心者は日本語じゃないからやや難しいかな?
    Z9 2

    ビデオカード設置
    GTX550Tiをマザーボードに取り付け。先日きれいにメンテナンスをしましたのでファンも汚れてなくそのまま取り付け完了!今のところディスプレイドライバーの停止も全く発生しないようになりましたが、近日中にGTX560Tiに交換しようと考え中。
    GTX4.png

    コードの結束
    ファンコンやその他コードをスパイダルチューブや結束バンドでまとめておくと作業がスムーズ!今回はスパイダルチューブは使わず黒のビニールテープと結束バンドを使用しました。ケースが黒だから同じ色のスパイダルチューブがきれいかなと思いましたが、微妙な角度がつけにくいしケース裏でかさばるので使いませんでした。
    Z9 4

    簡易防塵用フィルター
    Z9の悪いところは電源ファンを下向きに設置したらフィルターがないのでホコリ対策ができないということです。簡易でピタッと貼れるシートを購入して半年に一度くらい交換していきます。商品名は見ての通り、ホームセンターで数百円で販売してあるものでPCショップには絶対売ってないでしょうね。とりあえずケース下なので全く見えない場所なのでこれでOKです。
    Z9 5

    3.5インチベイ
    SSD2台 HDD2台を取り付け、裏よりSATAケーブルと電源ケーブルを接続しました。上の2台がSSDでその下に2台HDDを設置しました。
    Z9 7

    5インチベイ
    一番上が今まで使っていたファンコン、2段目がケース付属のフロントI/Oモジュール、3段目がDVDドライブに。一番使うファンコントローラーを当然一番上にしないと見にくいし扱いにくくなるため、ポジションチェンジしました。
    Z9 8

    接続テスト
    フロントI/OモジュールのUSBの接続を一か所間違っていてコードが燃えて花火大会になってしましました。私としたことが・・・おかげでフロントパネル左側のUSBが使用不可に。
    Z9 6


    トラブル発生
    作動していたKAZE MASTERのファンコンの液晶画面が消えて4か所のファンが停止しています。5インチベイからファンコンを外してみたけどコードも抜けていないし原因不明のトラブルです。電源を他のコードから取っても変化なし。これは明日購入したパソコン工房に持っていくとして、とりあえずZ9には2チャンネルファンコントローラーがついているのでケース上部の2台を接続、残り5台のファンをマザーボードに接続して電源ON。何事もなく正常起動しましたホッー!今までのケースに比べてらファンの音がすごくうるさいです。ファンの数が8台になり今までの二倍にしたので仕方ないか。ファンコンで制御してたら少しはちがうのでしょうが。

    裏配線をしてみる
    電源コードを使うコードと使わないものに仕分けしていきます。3本は使わないので電源の裏スペースとその上に収納していきます。プラグインタイプの電源だったらすごく簡単そうで場所もとらないでしょうね。
    Z9 9

    SATAケーブル結束
    30㎝のSATAケーブルをケースに沿って結束していきます。SATAケーブルは指で少し圧力を加えるとある程度曲がるので結束しやすいです。赤と黒の4本のケーブルをきれいに結束できました。
    Z9 10

    裏配線完了!
    KAZE MASTERファンコンはトラブルでいったん外して配線しました。
    ケースに結束バンドを止めるフックが数多く配置されているので裏配線しやすいケースです。奥行きがあと5㎜あったら100点満点のケースですが5000円以下の価格を考えたら大満足です。(ポイントで買いましたけど・・・)
    Z9 11

    起動確認
    先ほど花火大会をしてしまったので慎重に配線しました。問題なく一発OK!ケース上部のLEDファンがケース内の排気を十分にしてくれそうです。背面の排気ファン以外は全てブルーLEDファンのため上品に見えますし内部の確認もしやすみたいです。
    Z9 12

    今日はこの状態で使うとします。やっぱりケース交換は大変でした。トラブル発生もあり4時間もかかってしましました。
    次回サイドメッシュのほこり対策を考えていきます。あまりにもアクリル以外のメッシュが大きすぎて必要ないほこりが大量に入ってきそうですから。



    CVS ZALMAN スチール製ATXミドルタワーPCケース Z11-PLUSCVS ZALMAN スチール製ATXミドルタワーPCケース
    Z11-PLUS


    商品詳細を見る


    ZALMAN ATXミドルタワー PCケース ATX MID CASE Z5PLUS ブラック (Z9シリーズの姉妹モデル) 日本正規代理店品 CS3936 Z5PLUS
    ZALMAN ATXミドルタワー PCケース ATX MID CASE Z5PLUS ブラック (Z9シリーズの姉妹モデル) 日本正規代理店品 CS3936 Z5PLUS


    商品詳細を見る





    2012/07/17 Tue. 09:41 | trackback: 0 | comment: 0edit

    PCケースの裏配線 

    BTO用のケースらしく低価格でエアフローが全くできていないケースです。(窒息ケース)
    ケース上部に熱がこもりやすく電源用のファンをフル回転にしないとケース内温度が上昇しやすいようです。ファンコントローラーで調節できるからトラブルはないですが、個人的には上ブタを切り抜き12㎝ファンをつけたいのだが・・・夏はサイドパネルを外して使わないとケース内も40℃を軽くオーバーして長時間ゲーム等をしていたら熱暴走しそうです。

    IW-PE663
    PC1.png


    今までの配線
    エアフローが悪いので3.5インチベイの左側に簡易の12センチファンを設置しています。
    ビデオカードとマザーボードに直接風があたり効果大!



    裏配線後のPCケース内
    配線もスッキリ!少しはエアフローも改善されそうです。
    PC8.png

    電源コードの結束
    スパイラルチューブを使用
    PC4.png

    ATX24ピン電源コネクター
    コードを裏配線にする
    PC5.png

    ビデオカード電源
    24ピン電源コードと束ねて裏配線に SATAケーブルも結束
    PC6.png

    フロントパネル&USBコネクター

    フロントパネルコネクターは4本に分離しているので挿すピンを間違えないように!
    >上段
    MSG・・・電源ランプ(LED)
    PW・・・電源スイッチ
    >下段
    HD・・・ハードディスクのアクセスランプ(LED)
    RES・・・リセットスイッチ
    POWER LEDと文字が印字してある方を下向きに挿すとOK
    PC13.png
    この場合は白がマイナス、色の付いている方がプラスです。
    電源スイッチはショートさせてONとOFFしているだけなので、プラスとマイナスを間違えても問題ありませんが正確に。その他は5Vが通っているので逆に挿すとUSBのように小規模ですが花火大会が起こる可能性があります。色に惑わされて判らなくならないように。ラインの色分けは無視しましょう。

    電源ケーブルを裏面に
    黄色と黒のATX8ピン電源コネクターはマザーボードの裏を這わせる
    PC9.png

    SATAケーブル&ファンコンケーブル
    PC10.png

    裏配線もすっきりしました
    スパイラルチューブの黒20㎜は12㎜タイプに小分けした方がいいかもしれません。裏面スペースが狭くフタを閉めるときに少し圧迫されます。スパイラルチューブを使わず結束バンドでケースに固定した方がよりおさまりがよさそうですので次回組み直します。
    PC11.png

    KABUTO CPUクーラーのファンも静音タイプに交換
    PC12.png

    ミドルタワーケースでフロントファン1台、リアファン1台、更に電源ファンでの排気のみでは完全なエアフローはできそうにありません。以前のように3.5インチベイの左にファンを追加して吸気を強力にしていくか、まだまだ対策が必要なヘボケースです。早めに新しいケースに交換したいと思います。
    ただ自分の部屋は毎日エアコンでばりばり冷やしているからそんなにケース内が高温になるわけではないですけどね!
    2012/07/12 Thu. 06:39 | trackback: 0 | comment: 0edit

    ディスプレイドライバーの停止&KP41病 

    GeForce GTX 550 Ti
    GIGABYTE グラフィックボード nVIDIA GeForce GTX550Ti 1GB PCI-E DVI mini-HDMI オーバークロック GV-N550OC-1GIGIGABYTE グラフィックボード nVIDIA GeForce GTX550Ti 1GB PCI-E DVI mini-HDMI オーバークロック GV-N550OC-1GI
    (2011/03/31)
    日本ギガバイト

    商品詳細を見る

    Radeon HD 5770を上回る性能のローワー・ミドルレンジの製品として登場したが、消費電力もHD 5770はおろかHD 6850をも上回りGTX 460(768MB)に匹敵。
    HD 6850の値下がりとHD 6790の投入によりあえなく死亡した。
    1万円台前半から中盤の価格帯の製品にも関わらず「GTX」を冠する誇大ネーミングだけは一級品であった。


    「ディスプレイドライバの応答停止と回復」メッセージについて
    Kernel-Power 41問題と対策メモ
    たびたび発生するグラフィックボードのエラーでしたが、同時に発生したエラーコードKP41(KP41病)の解決のために、メモリーを再三確認しましたが相性問題もなく、最後の手段でメモリ電圧の昇圧をBIOSで行い、[DRAM Voltage]をAUTOから0.20Vアップ!その後全く発生しないようになりました。
    (KP41病解決 Microsoft-Windows-Kernel-Power)。
    ビデオカードに関してはドライバーのインストール等でなんとか解決したので、GTX550Tiを一度メンテナンスをすることにしました。いったんマザーボードから外してヒートシンクの状況やグリスの状態を確認することにします。(ファンなど外してしまったら保証の対象外になりますので自己責任で)


    スロットカバーのネジを外す



    ビデオカードの電源コードを抜く(6ピンタイプ)



    PCI-Express2.0x16 ×1のスロットのつめを外してゆっくり
    マザーボードから抜き取る



    外したビデオカード あんまり汚れてません?
    GTX4.png


    基盤の裏からネジ(+)を外してヒートシンクとファンを外す
    GTX5.png


    ファンの表側から三か所のネジを外す
    ファンの隙間からドライバーを入れる



    右半分を拭き取ったら汚れ具合がわかります
    ヒートシンクの隙間にもゴミがいっぱい付着しているので
    掃除機で完全に吸い込み最後にエアダスターかホコリ
    キャッチャーで仕上げ
    GTX7.png


    グリスをきれいに拭き取り新しくまんべんなくグリスを塗る
    GTX8.png


    ファンをヒートシンクに取り付けさかさまに置いて、ヒートシンクの
    穴と基盤の穴と合うようににゆっくり重ねる
    ネジにバネがついているので取り付け注意!
    対角線上にネジを付けていく



    PCI-Express2.0x16 ×1のスロットにゆっくり差し込む
    ヒートシンクもきれいになりました
    GTX10.png


    真ん中は今までHDDに付けていたファンコンの温度センサーを
    ビデオカード基盤のヒートシンクに貼りかえました。
    下はマザーボードのヒートシンクの温度センサー
    電源とファン電源のつけ忘れがないように!



    OCCTで高負荷状態にしてファンコンで温度確認
    白丸一番左   CPU裏面温度
    左から2番目  PCケース上部電源付近温度
    3番目       マザーボードヒートシンク温度
    一番右      今回のビデオカード温度



    HardwareMonitorで最終確認
    OCCTでCPUはMax61℃ ビデオカードは57℃
    グリスの塗り方も問題ないようです。

    OCCT2.png


    【CONECO・NET商品レビュー】
    KP41病の原因はこのメモリー?


    デュアルモニターや安定性を考えたらGTX560Tiが欲しいですね!
    2012年8月GTX660Ti発売開始!

    ASUSTek社製 NVIDIA GeForce GTX660 Ti GPU搭載ビデオカード GTX660 TI-DC2-2GD5ASUSTek社製 NVIDIA GeForce GTX660 Ti GPU搭載ビデオカード GTX660 TI-DC2-2GD5

    商品詳細を見る


    MSI ミドルレンジグラフィックスカード N660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OCMSI ミドルレンジグラフィックスカード N660GTX-Ti Twin Frozr IV PE OC

    商品詳細を見る


    GIGABYTE グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX660Ti PCI-E OverClock WINDFORCE GV-N66TOC-2GDGIGABYTE グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX660Ti PCI-E OverClock WINDFORCE GV-N66TOC-2GD

    商品詳細を見る

    2012/07/02 Mon. 11:40 | trackback: 0 | comment: 0edit