02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    ハイスペックPC ガンダム1号機 

    ガンダム1号機の紹介動画
    ガンダム1号機の構成を中心に動画を作ってみました。今回LGのGH24NS95WH、ホワイトベゼルに交換しましたので、ガンダム1号機のフロントフェイスも少しカッコよくなったかな?



    LGとLITEONを比較
    LITEONのIHAS324-27フロントフェイスは、必要以上に仕様説明の文字があり、見た目よくないのであまり好きでなかったのですが、動作音も静かで性能はかなりいいようです。
    DSCF0267_R.jpg


    GH24NS95WHのトレイ
    トレイの開閉が非常に遅いです。スイッチの反応も遅いし他のDVDドライブと比較したら歴然でした。ただこのDVDドライブしかなかったら、さほど気になることもないのでしょうが・・・
    DSCF0271_R.jpg


    背面のSATA接続部分
    以前もLGを使っていましたが、SATAコネクタ等の配置もいい感じです。より左端にあった方が使い勝手はいいのですが・・・
    DSCF0273_R.jpg


    GH24NS95WHの規格
    ◆種別:DVD-RAM/±R[DL]/±RW
    ◆接続方式:Serial ATA接続
    ◆サイズ:146×41.3×165mm
    ◆キャッシュ:0.75MB
    ◆付属ソフト:CyberLink Power2Go ,PowerBuckup ,YouCam ,LabelPrint
    DSCF0269_R.jpg


    LITEON IHAS324-27のときのフロントフェイス
    Recon Whiteのファンコンが白いだけにDVDドライブの黒が目立ちます。
    DSCF0276_R.jpg


    LG GH24NS95WHでのフロントフェイス
    Recon Whiteの白さとLG GH24NS95WHの色味が少し違うのが気になりますが、離れて見たらあまりわからないのでいいですが・・・
    DSCF0278_R.jpg


    見た目もバッチり! ガンダム1号機
    あとはフロント防塵フィルターが白ければ言うことないのですが、プラスチック素材なので塗装が難しそうですね。
    DSCF0282_R.jpg


    ホワイトベゼルのGH24NS95WH紹介動画


    LITEONと比較すると、開閉速度も遅く動作音もややうるさくなります。ホワイトベゼルということで選びました、予想以上にくすんだ白色でやや不満ではありますが、DVDドライブはたまにしか使わないのでよしとしましょう!


    ハイスペックPCの価格は?
    M/B  ASRock Fatal1ty Z77 Professional(¥25000)
    CPU  intel Core i7-3770K(¥28000)
    GPU  N660GTX Twin Frozr Ⅲ OC(¥20000)
    RAM  ADATA AX3U2133XW4G10-2X(¥6000)
    SS D intelSSD330 120GB(¥10000)
    HDD  WESTERN DIGITAL WD5000AAKX(¥5000)
    CACE InWin GRone W(¥12000)
    クーラー CORSAIR H100i(¥13000)
    ファンコン Recon White BFA-RCN-WS-RP(¥4000)
    電源 SILVERSTONE SST-ST75F-G-E(¥12000)
    OS  Windows8 Pro 64bit(¥6000)
    ファン  140mm×5(¥10000)
    フリーブ BitFenix3本(¥4000)
    LED  CB-LED20-WT(¥2000)
    DVD  GH24NS95 WH BLK(¥2000)
    購入当時のおおよその価格で計算したら、合計で約16万円ですね!グラボをGTX680あたりにしたら20万円コースかな?そうでした、ディスプレイ×2台とスピーカーや地デジチューナーまで考えたら、やはり20万円はかかっています。ハイスペックPCはあくまで自己満足の世界ですが、安くはありませんね!


    Windows エクスペリエンス インデックス
    ハイスペックPCですからWindowsエクスペリエンス インデックスは8.0以上欲しいところですが、残念ながら7.9です。グラフィックカードを更に高性能なものにすれば8.1~8.3くらいになると思うのですが、現状では重いゲームをするわけでもないのでGTX660でも十分なのですが、数値に拘ればやはり8.0は欲しいですね!
    Eインデックス


    ついに登場!Corsair H110
    280mmサイズのラジエータを採用した水冷一体型ユニットH110がついに発売開始されましたね!個人的に非常に興味があり、追加購入したいのですが、H100iと違いCorsair Link2が内蔵でないのが残念です。見た目ではウォーターポンプのLEDがなくなりますし、使い慣れたCorsairLink2がなくなると面倒になりますので考えますね!
    ただし冷却性能は抜群のようです。ガンダム1号機にも設置可能ですので、悩むところです。新しいケースでPhantom 820ホワイトも注目しています。Phantom 820ホワイトももう少しアクリル部分が広いと満点なんですがね!Haswell発売後、ガンダム1号機とPhantom 820ホワイトにH110でいけてら理想的ですね!


    Corsair 一体型水冷CPUクーラー CW-906009-WW (H100i)Corsair 一体型水冷CPUクーラー
    CW-906009-WW H100i


    商品詳細を見る




    今回購入したホワイトベゼルのDVDドライブ

    KEIAN LG電子 S-ATA 内蔵スーパーマルチドライブ ホワイトベゼル&ソフト付 GH24NS95 WH BLK
    KEIAN LG電子 S-ATA 内蔵スーパーマルチドライブ
    ホワイトベゼル&ソフト付
    GH24NS95 WH BLK


    商品詳細を見る


    I-O DATA 24倍速書き込み対応 内蔵型DVDドライブ ホワイト DVR-S24ETI-O DATA 24倍速書き込み対応 内蔵型DVDドライブ ホワイト DVR-S24ET

    商品詳細を見る
    スポンサーサイト
    2013/03/25 Mon. 10:19 | trackback: 0 | comment: 8edit

    高性能なCORSAIRメモリ 

    CORSAIR CMX16GX3M2A1600C11
    先日購入したADATAオーバークロックメモリですが、ガンダム1号機で2133設定、1.57Vで安定して使っています。
    今回は、たまたま申し込んでいたCONECO.NETの体験レビューが当選して、CORSAIR CMX16GX3M2A1600C11が手元に届いたので、3種類のメモリを使って数値確認をしてみました。

    このレビューは、企業から無料で提供された製品に対して消費者の視点でレビューをおこなう、coneco.netの体験レビューとして作成されています。
    ttp://www.coneco.net/taiken/


    CMX16GX3M2A1600C11
    自身初のCORSAIRメモリです。CORSAIRは人気もありますが価格がちょっと高いので、なかなか手が出ませんでした。簡易水冷は2台ともCORSAIRですが、作りも安定性も満足しています。
    DSCF0194_R.jpg


    CMX16GX3M2A1600C11紹介動画



    永久保証
    CORSAIRは、正規代理店株式会社リンクスインターナショナルを通して、日本国内で販売されている製品を対象に、製品付帯の保証サービスを提供しています。保証期間は永久保証です。
    DSCF0195_R.jpg


    ヒートスプレッダはBK?
    メモリの高さは31㎜でロープロヒートスプレッダなので、CPUクーラーとの干渉も皆無です。簡易水冷を使っている人は、冷却性能をアップさせるために大型がいいのですが・・・
    DSCF0203_R.jpg


    規格を記載したラベル
    容量16GB(8GB×2枚セット)、CL=11-11-11-30、DDR3-1600MHz、定格電圧1.5Vです。
    DSCF0209_R.jpg


    光るヒートスプレッダ
    ヒートスプレッダ上部のシルバーの部分は、キラキラ光り高級感があります。ADATA AX3U2133XW4G10-2Xも光りますが、CORSAIRの方がかなりいい感じです。
    DSCF0206_R.jpg


    緑色の基板
    メモリをセットすれば気になりませんが、やはり緑色の基板は今一安っぽいイメージですね!やはり黒い基板が好みですが、なかなか手頃な価格ではありません。
    DSCF0211_R.jpg


    ADATA AX3U2133XW4G10-2X
    DDR3-2133動作、10-11-11-30/1.65Vです。まだひと月も使っていませんが、この赤いヒートスプレッダが好きで選びました。
    DSCF0213_R.jpg


    CFD W3U1600HQ 4G
    CFD W3U1600HQ-4Gは、CL= 11-11-11-32、DDR3-1600MHz、定格電圧1.65Vです。今までは1866で1.6Vで使っていました。ただ高温になりやすいメモリでしたね!
    DSCF0216_R.jpg


    3種類のメモリー比較
    ① CORSAIR CMX16GX3M2A1600C11 8G×2
    CL=11-11-11-30 DDR3-1400MHz、定格電圧1.50V
    (Profile1.3 AUTOでの初期状態)
    CL=11-11-11-30、DDR3-1600MHz、定格電圧1.50V
    (AUTOからDRAM Frequencyで1600MHzに変更)
    ② CFD W3U1600HQ 4G×4
    CL= 11-11-11-32、DDR3-1600MHz、定格電圧1.65V
    (Profile1は CL= 9-9-9-28、DDR3-1600MHz、1.50Vです)
    ③ ADATA AX3U2133XW4G10-2X 4G×2
    CL= 10-11-11-30、DDR3-2133MHz、定格電圧1.65V
    DSCF0223_R.jpg


    ASRock Fatal1ty Z77 Professionalにセット
    Fatal1ty Z77 Professionalの赤黒によく似合います。こちら側からCMX16GX3M2A1600C11を見たらいいですが、裏面は規格を記載したラベルが大きくて、あまり好きになれません。
    DSCF0242_R.jpg


    UEFIでの設定画面
    XMP(Extreme Memory Profile)にて、AUTO設定では1400MHzでの認識になります。電圧はAUTO設定で1.50Vです。なぜか1400なんですよね!
    DSCF0243_R.jpg


    AUTO設定からメモリチップ規格変更
    手動でUEFIのDRAM Frequencyで1600MHzに変更して数値確認をしました。電圧はAUTO設定で1.50Vのままです。
    DSCF0248_R.jpg


    3770K定格でMaxxMEM2 preview比較
    数値はADATA,CFD,CORSAIRの順ですね!当然ADATAは2133ですから、Copy・Read・Writeも高速になります。
    3770K Maxx4

    3770K 4.7GHzでMaxxMEM2 preview比較
    3770K定格より数値アップしています。4.7GHzではCORSAIRもCFDもほぼ同等になりました。
    47GHZ Maxx4


    3770K定格でのCrystalMark2004R3比較
    CrystalMark2004R3ではCORSAIRがCFDをかなり上回るスコアになります。CORSAIRがやや高性能と判断していいかな?
    3770K  CM2004R

    3770K 4.7GHzでのCrystalMark2004R3比較
    CPUのOCでこちらもスコアアップしています。4.7GHzではCFDがかなりスコアアップしていますが、あくまでソフト上での数値ですから参考程度にして下さい。
    47GH CM2004


    HWiNFO64で設定確認
    DRAM Frequencyで1600MHzに変更してHWiNFO64で数値確認をしました。
    47HWINFO.jpg



    F-STREAM TUNING
    F-STREAM TUNINGでDRAM VOLTAGEを確認しました。間違いなく1.50Vでした。CONECO・NETでレビューが終了したら電圧を少し下げたいと思います。
    47.jpg


    CMX16GX3M2A1600C11設置後のケース内
    こちら側からCMX16GX3M2A1600C11を見ると、白い規格を記載したシールがいただけません。こちら側からの見た目はADATAがカッコいいですね!検証が終了したらやはりADATAに戻す予定です。
    DSCF0253_R.jpg


    3連ファンで冷却強化しています
    140㎜ファン3連でケース右から左に向けて、かなりのエアフローが確保されています。あくまでラジエター冷却が目的でしたが、メモリクーラーがなくても、かなり冷えています。
    DSCF0254_R.jpg

    この記事の続きは
    メモリのオーバークロック検証


    CONECO・NETレビュー
    見た目も高級感あり!完成度の高い1600メモリー




    CMX16GX3M2A1600C11 16GB(8GB*2枚組)KIT CL11 1.5VoltCMX16GX3M2A1600C11
    16GB(8GB*2枚組)KIT CL11 1.5Volt


    商品詳細を見る


    A-DATA XPG V1.0 Series DDR3-2133 4GB×2枚 240pin Unbuffered DIMM AX3U2133XW4G10-2XA-DATA XPG V1.0 Series DDR3-2133 4GB×2枚
    240pin Unbuffered DIMM
    AX3U2133XW4G10-2X


    商品詳細を見る


    シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL9 4GB 2枚組 ヒートシンク付 W3U1600HQ-4G/N 【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】シー・エフ・デー販売 デスクトップ用メモリ DDR3 PC3-12800 CL9 4GB 2枚組 ヒートシンク付
    W3U1600HQ-4G/N
    【フラストレーションフリーパッケージ(FFP)】


    商品詳細を見る
    2013/03/19 Tue. 22:14 | trackback: 0 | comment: 2edit

    サイドパネルをアクリル化 

    中が見えないケースはつまらない
    Z9plusのサイドパネルは冷却重視のためアクリル部分が少ないですが、どうもケース内が見えにくくつまらなかったので、ガンダム1号機のようにアクリルパネルにしてみました。
    自分自身で鉄板をカットして、アクリル板を取り付けるのが理想でしょうが、ドリルやヤスリが無くても簡単にアクリルに交換出来ました!


    GRone(ガンダム1号機)とアクリル比較
    これが最終的は完成形です!さすがにガンダム1号機のアクリルに比べると狭いですね!ただやっとZ9plusもアクリル化ができましたので満足です。
    DSCF0068_R.jpg


    ZALPHAから届いたZ9U3?
    届いた箱はZ9U3の外箱ですが、この中にZALMAN Z9 U3 Side Panel (left) 左サイドパネルが入っています。
    ZALPHAはZALMANブランドをプラス「アルファ」で楽しむユーザーのためのPCパーツショップです。
    DSCF9890_R.jpg


    ZALMAN Z9 U3 左サイドパネル
    U3とplusの違いはありますが、サイドパネルの形状はアクリル以外は全く同じで、お互いに互換性があります。
    DSCF9895_R.jpg


    Z9plusとZ9U3サイドパネル比較
    Z9plusには中央にメッシュがありますが、U3はフルアクリルです。Z9plusの鉄板を自分でカットできればいいのでしょうが、そこまではちょっと・・・
    DSCF9892_R.jpg


    アクリルの厚みはは3㎜弱
    アクリルの周辺は11ヵ所ネジで固定されています。厚みも3㎜弱ありますのでビビり音は問題なさそうですね!
    DSCF9898_R.jpg


    アクリルにキズあり
    届いたアクリルには、かなり長いキズが入っていました。ZALPHAの製品詳細に「製品の性質上、アクリルパネルに小さなキズがある場合がございます。ご理解の上お買い求めください。アクリルパネルのキズによる返品はお受けできません」とありましたが、これはあんまりですね!10㎝くらいすぐわかるようなキズですからね。
    DSCF9900_R.jpg


    ケース内が見えるといいですね!
    早速取り付けしました。なかなかケース内が見えるといい感じです!思っていた通り白いスリーブケーブルが目立っていいですね!
    Z9plusのサイドパネルに比べたら、ファンが設置できなくなりますので、トップ&リアを排気にしていると、負圧になりやすいので注意が必要です。私はフロントを140㎜ファン(吸気)、ボトムをアイネックスのCFZ-120(69.53CFM)に交換して吸気を強化しています。
    DSCF9903_R.jpg


    何か物足りない
    LEDイルミナシオンをケース下部に設置していますが、何か寂しいですね!やはり派手なLEDファンがないとダメなのか?
    DSCF9907_R.jpg


    ENERMAX TBベガスデュオ12cm UCTVD12A
    派手なファンと言えば、やはりENERMAX TBベガスデュオですね!ガンダム1号機にもENERMAX TBベガスデュオ14㎝を設置していますので、これにしました。
    DSCF9965_R.jpg


    TBベガスデュオ
    合計36個のブルー&レッドLEDを搭載!11モードの点灯切り替え可能です。
    DSCF9969_R.jpg


    UCTVD12A 製品詳細
    ◆ベアリング/ツイスターベアリング
    ◆回転数/800~1700rpm
    ◆風量/33.26-71.76CFM
    ◆最小ノイズ/16dBA
    DSCF9971_R.jpg


    付属品一覧
    振動防止用アイソレーター×4、電源供給用コネクタ、接着シールセットが入っています。
    DSCF9980_R.jpg


    ファン速度手動コントロール機能
    ファン速度手動コントロール機能
    LED切り替え機能:11モード
    1) BLUE ALL-ON:ブルーLED常時点灯
    2) RED ALL-ON:レッドLED常時点灯
    3) COMBO ALL-ON:ブルー&レッドLED常時点灯
    4) BLUE PROPELLER:ブルーLED左回り点灯
    5) RED PROPELLER:レッドLED左回り点灯
    6) COMBO PROPELLER:ブルー&レッドLED左回り点灯
    7) BLUE FLASH:ブルーLED点滅
    8) RED FLASH :レッドLED点滅
    9) COMBO FLASH:ブルー&レッドLED点滅
    10) VEGAS:ブルーLED左回り点灯→レッドLED左回り点灯→ブルー&レッドLED左回り点灯のそれぞれ3パターン点灯、合計9パターン点灯の繰り返し
    11) OFF:LEDオフ
    DSCF9977_R.jpg


    鏡面加工が施されたブレード
    UCTVD12Aは、ファンフレームの内側にブルーとレッドのLEDを36個搭載した、11のLED点灯モード、ファンコントロール機能、ツイスターベアリングを採用した120mmファンです。鏡面加工が施されたブレードにより、LEDがファン中心に向けて美しい発光を演出します。
    DSCF9981_R.jpg


    ENERMAX独自のツイスターベアリング搭載
    ブレイド部分は取り外しができます。埃や汚れの掃除が簡単に行えます。
    DSCF9994_R.jpg


    ファン速度手動コントロール機能
    ファン速度手動コントロールは、リアの水冷ホース穴から外部に配線します。
    DSCF0002_R.jpg


    RED ALL-ON:レッドLED常時点灯
    ガンダム1号機も常にレッドLED常時点灯で使っています。この鮮やかな赤だ一番いいですね!
    DSCF0004_R.jpg

    BLUE ALL-ON:ブルーLED常時点灯
    DSCF0006_R.jpg

    COMBO ALL-ON:ブルー&レッドLED常時点灯
    DSCF0005_R.jpg

    UCTVD12AとLEDイルミナシオンを合わせる
    双方の発光色を合わせてみました。レッドLEDです。
    DSCF0020_R.jpg

    ブルーLED
    DSCF0018_R.jpg

    COMBO ブルー&レッドLED
    DSCF0017_R.jpg


    UCTVD12A LEDのパターンを動画にしました



    アクリル化完成!
    あくまでメインはダンガム1号機ですが、Haswellに合わせてZ9plusも使う頻度が増えてきそうですから、見た目をカッコよくしましたよ!2台比べてら大きさが全然違いますね!
    DSCF0034_R.jpg


    PCデスクにも注目!
    新しいPCデスクは150㎝の大型デスクですので、足を6本つけています。本来は4本ですが、デスクの中心とガンダム1号機の真下に追加で設置しました。そのまま使うと板が曲がりそうですからね!
    本体の置き場を変えるたびに配線が大変です。今回からケーブル類は全部デスクの下に収納しましたので、ほとんどケーブル類は見えなくなり、スッキリしたデスクに変身しました。
    DSCF0055_R.jpg


    アクリル化は、スペックを上げるための変更ではありませんので、これは自己満足の世界です。魅せるPCも大事な要素ですので、ハイスペックPCを自作していく上で、たまには見直ししていきたいと思います。
    それにしても、ENERMAXのTBベガスデュオ12cm UCTVD12Aも、ガンダム1号機の14㎝UCTVD14Aもド派手なPCを目指していくためには本当に必要なアイテムですね。先日のAPOLLISH VEGAS 140mm メタリックレッドもお気に入りですし、最近はENERMAXファンを設置するたびに華やかになりますね。

    CONECO・NETレビュー
    ケース内が見えないとつまらない!
    ケース内をド派手にするにはこれしかない!



    ENERMAX PCケースファン TBベガスデュオ12cm UCTVD12A
    ENERMAX PCケースファン TBベガスデュオ12cm
    UCTVD12A


    商品詳細を見る


    ENERMAX PCケースファン TBベガスデュオ14cm UCTVD14AENERMAX PCケースファン TBベガスデュオ14cm
    UCTVD14A


    商品詳細を見る


    ENERMAX PCケースファン TBベガスデュオ8cm UCTVD8AENERMAX PCケースファン TBベガスデュオ8cm
    UCTVD8A


    商品詳細を見る
    2013/03/10 Sun. 23:43 | trackback: 0 | comment: 8edit

    ADATAの2133対応オーバークロックメモリー 

    赤色のADATA XPG V1.0シリーズ AX3U2133XW4G10-2X
    Haswellに備えて、ADATAの新製品であるオーバークロックメモリー、「XPG V1.0」シリーズに属するPC3-17000(DDR3-2133)対応のメモリーを購入しました。
    CONECO・NETでOCメモリーを物色していたら、「NEW」という文字が目に留まり早速製品規格を確認したら、DDR3-2133動作時が10-11-11-30/1.65Vとあり、CL9ではありませんが、価格の割にはまずまずのメモリーのようですので、ダメもとでポチってしまいました。
    何よりガンダム1号機のマザーボード、ASRock Fatal1ty Z77 Professionalの赤黒のカラーに似合いそうな、赤のアルミ製ヒートスプレッダ装着というのが、一番の決め手だったかもしれませんね!


    AX3U2133XW4G10-2X
    DSCF9845_R.jpg


    赤のアルミ製ヒートスプレッダがカッコいい
    G.SKILLのような大型ヒートスプレッダではありませんが、いい感じの赤いアルミ製ヒートスプレッダです。ADATAでは珍しい2133OCメモリーですから、期待出来そうです。
    DSCF9867_R.jpg


    永久保証のメモリーです
    マスタードシードが日本の正規代理店です。保証は永久保証になっています。
    DSCF9856 - コピー_R


    DDR3-2133のプロファイル
    レイテンシー(CL)および動作電圧はDDR3-1333動作時が9-9-9-24/1.5V、DDR3-2133動作時が10-11-11-30/1.65Vになっています。
    DSCF9857_R.jpg


    サイドから見るとこんな感じ
    今回CPUクーラーはH100lですから、アルミ製ヒートスプレッダが大型でも干渉の心配がないので、本当はもう少し見た目重視のメモリーでもよかったのですが
    DSCF9860 - コピー_R


    ヒートスプレッダトップはこんな感じ
    CDFと違い、トップもヒートスプレッダが覆ってます。メモリークーラーかサイドからのファンで十分冷却できそうです。
    DSCF9861 - コピー_R


    今までのCFDメモリー
    CFD W3U1600HQ-4G×4ですが、4枚挿しで16GBでした。1866で動作していたので問題なかったのですが、黄色が今一つと言う感じです。
    DSCF9871_R.jpg


    AX3U2133XW4G10-2X
    赤いメモリーが似合います!これでセット完了です。後は初期不良もなく、認識してくれればいいのですが...
    できれば低電圧で安定してくれれば最高てすね!まさか2400で動いたりして。期待は高まりますが、取りあえず2133で1.5V台で安定してほしいですね!
    DSCF9873 - コピー_R


    UEFIでのOC設定画面
    XMP1.3Plofile1を選択すればDDR3-2133に設定されます。3770K 4.7GHzのOC設定後、再起動したらDRAM Voltageが1.665Vになっています。一応起動後確認してみます。
    DSCF9883_R.jpg


    DRAM VOLTAGE AUTOだと1.665Vに
    やはり電圧AUTOだと1.665Vになっています。できたら電圧は下げたいので調整していきます。
    1665V.jpg


    CPU-ZでCPUの設定確認
    CPUZ47.jpg


    CPU-ZでSPDの確認
    CPUZ47 3


    2400設定後のメモリータイミングの確認
    電圧を下げるようと思い再起動。もしかしてと思い2400に設定(1.65V)で起動してみました。CL=12で難なく起動OKでした。さすがADATAですね!
    2400CPUZ.png


    HWinfo64でシステムの確認
    3770Kを4.7GHz、AX3U2133XW4G10-2Xを2400に設定したときのHWinfo64です。Timingは12-13-13-34/1.65Vです。
    2400.jpg


    CrystalMark2004R3
    CrystalMark2004R3での4パターンの数値です。
    CM 4パターン


    2133設定後のF-STREAM-TUNING
    2133設定ではDRAM Voltage1.50Vでも難なく起動できました。後は高負荷時で問題なくパスできるか確認していきます。
    3770K4.7GHzでPrime95を30分完走できるかを確認しましたが、1.50Vではあえなく撃沈、1.550Vでもダメ、1.575Vが2133での最低電圧になりました。
    1575V.jpg


    最低安定電圧の検証
    3770K定格や4.7GHzでのAX3U2133XW4G10-2Xの安定電圧を検証してみました。Prime95が30分完走できることを条件にしています。
    ◆3770定格での電圧
    AX3U2133XW4G10-2X 1.500VでPrime95が30分完走できました。
    ◆3770K 4.6GHz
    AX3U2133XW4G10-2X 1.560VでPrime95が30分完走できました。
    ◆3770K 4.7GHz
    AX3U2133XW4G10-2X 1.575VでPrime95が30分完走できました。
    1.650Vであれば当然4.7GHzでのOCも難なくクリアーできますが、電圧を下げることによりメモリーの発熱も抑えられますし、多少なりECO効果もありますので、今後のCPUクロック変更時に参考にするために検証してみました。
    やはりOC時は多少昇圧しないと難しいみたいですね!
    【検証時のPC構成】
    M/B / ASRock Fatal1ty Z77 Professional
    CPU /Intel Core i7-3770K
    RAM / AX3U2133XW4G10-2X 4G×2
    GPU / N660GTX Twin Frozr Ⅲ OC
    クーラー / CORSAIR H100i
    電源 / SILVERSTONE SST-ST75F-G-E


    2133 1.575VでのPrime95中のHWinfo64
    1575VHW.jpg

    2133 1.575VでのOCCTも確認
    室温20℃の環境でちょっと短いですが、安定性を確認したかったのでOCCTも30分走らせました。
    OCCT47.jpg


    2133 1.575VでのOCCTモニタリング結果
    4.7GHzでVcore1.36Vです。MAX78℃で30分間安定していました。
    OCCT47 2

    2013-03-05-22h04-Voltage-CPU VCORE


    設置後のケース内
    赤と黒がメインのケース内になりました。2枚挿しでケース内のエアフローも抜群ですから、しばらくメモリークーラーは外して様子見します。
    DSCF9881_R.jpg


    さすがにADATAとは言え、 AX3U2133XW4G10-2Xで2400設定ではPrime95は完走出来ませんでした。1.65V以上に昇圧すれば可能でしょうが、そこまでこのメモリーに要求はしていませんし、破損の危険もありますのでしばらくは様子見で。ちなみに2200設定で1.65VであればOKでした。ちょっと期待していただけに残念ですが、しばらくは2133に設定して1.575Vで使っていきたいと思います。


    CONECO・NETレビュー
    ADATA最高水準の赤い武装メモリー



    A-DATA XPG V1.0 Series DDR3-2133 4GB×2枚 240pin Unbuffered DIMM AX3U2133XW4G10-2X

    A-DATA XPG V1.0 Series DDR3-2133 4GB×2枚
    240pin Unbuffered DIMM
    AX3U2133XW4G10-2X


    商品詳細を見る


    A-DATA〈XPG Gaming series〉DDR3-1866 4GB×2枚組 240pin Unbuffered DIMM AX3U1866GC4G9B-DG2A-DATA〈XPG Gaming series〉DDR3-1866 4GB×2枚組 240pin Unbuffered DIMM
    AX3U1866GC4G9B-DG2


    商品詳細を見る


    Corsair デスクトップ用PCメモリ CMZ8GX3M2A2133C11R DDR3-2133 8GB(4GBx2枚組)DUALKIT CL11 1.5Volt RedCorsair デスクトップ用PCメモリ
    CMZ8GX3M2A2133C11R
    DDR3-2133 8GB(4GBx2枚組)
    DUALKIT CL11 1.5Volt Red


    商品詳細を見る
    2013/03/06 Wed. 21:55 | trackback: 0 | comment: 2edit

    Z9 plusには白いスリーブが似合う 

    Z9 plusをドレスアップ
    しばらく休んでいたZ9plusですが、Haswellの発売に備えて少しづつケース内をドレスアップしていきます。元々Z9plusに一目惚れして即買いしたわけですから、もう少し愛着を持って使っていきたいと思います。
    手始めにCPUクーラーをCWCH60に戻して(冷やす目的でなく見た目重視で)、ケース内をドレスアップしていきます。黒いZ9plusに似合いそうな、スリーブケーブルも採用します。
    「時間も金もありませんが」の、じょにさんの白いスリーブケーブルに感動して決めました。情報ありがとうございます。

    今でも人気のZ9plus
    パソコンデスクを新しくしたため、サイドに置いているZ9plusです。ガンダム1号機がメインであり、Z9plus機は余っていたパーツで組んだ即席PCのため、スペック重視でなく、以外と省電力で静音PCになっています。
    DSCF9706_R.jpg

    Z9plusのPCの構成
    【M/B】 MSI PH67A-C40
    【CPU】 Intel Core i5-2450P
    【RAM】 Patriot PSD38G1333KH 4GB×2
    【SSD】 intelSSD330 60GB×2 RAID0
    【HDD】 Seagate ST500DM002
    【GPU】 GIGABYTE GTX 550 Ti
    【CASE】 Z9PLUS
    【クーラー】 Corsair CWCH60
    【電源】 SilverStone SST-ST75F-P


    静かで冷えるKABUTO
    最近は簡易水冷がメインでしたから、空冷はファンの音も静かに感じます。ただKABUTOに限らず、大型空冷クーラーだとケース内があまり見えず残念です。今回はこれを外して、しばらく直していたCWCH60に変更します。
    DSCF9708_R.jpg


    グリスをきれいに拭き取り
    KABUTOを外してグリスをきれいに拭き取りました。簡易水冷は設置も取り外しもすごく簡単です。
    DSCF9710_R.jpg


    CORSAIR CWCH60のパーツです
    今回はCWCH60のファンを排気で設置しますので、基本のパーツに加えてシルバーのネジを用います。4月か5月以降は吸気にする予定です。
    DSCF9712_R.jpg


    バックプレートを取り付け
    サイドパネルを外して、マザーボード裏面にセットします。Corsairのバックプレートは特にテープで固定しなくても、左手で支えておけば、ネジ締めも簡単ですよ!
    DSCF9716_R.jpg


    ファンガード取り付け
    巻き込み防止のためファンガードを取り付けします。ファンガードは見た目もよくなりますのでお勧めです。使用したネジはCWCH60付属の黒いネジです。先ほどのステンレスのネジはケースとラジエター固定用です。
    DSCF9717_R.jpg


    ラジエターにファン取り付け完了
    今回は排気ファンシングルで設置します。室温が25℃くらいまでなら排気で十分冷えますし、今回のCPUはOCもしませんから、発熱はあまり気にしなくてもいいです。
    DSCF9719_R.jpg


    シルバーグリスを塗ります
    いつものように米粒大に出したシルバーグリスをヘラで均一に延ばしていきます。CWCH60はまずラジエターを固定してからウォータポンプを固定した方が簡単ですよ!
    DSCF9722_R.jpg


    ウォーターポンプを設置
    ネジを締めすぎないようにウォーターポンプのネジは指で締めていきます。CPU周りが広いので設置も簡単です。やはり空冷には戻れないかも・・・
    DSCF9723_R.jpg


    CWCH60設置完了!
    黒いケースは本当にシックな感じになります。明るさがないというか遊び心が無い状態ですね!
    DSCF9726_R.jpg


    BitFenixのスリーブケーブル購入
    そこで今回Z9plus用にホワイトスリーブケーブルを、赤はガンダム1号機の12V電源用です。これで少しは華やかになるかな?めちゃいい感じになると思うのですが。
    DSCF9734_R.jpg


    BFA-MSC-24ATX45WK-RP&BFA-MSC-6PEG45WK-RP
    Z9plus用の24ピンATX電源用と、グラボ用の6ピン電源用スリーブ延長ケーブルです。BFA-MSC-24ATX45WK-RPは30㎝、BFA-MSC-6PEG45WK-RPは45㎝あります。
    DSCF9743_R.jpg


    開封後の白いスリーブケーブル
    思っより白いケーブルでした。写真だともう少しクリーム色に近いと思ったのですが、これなら黒いケースにピッタリです!
    DSCF9787_R.jpg


    BFA-MSC-24ATX45WK-RPのコネクタ部分
    これがジャストフィットするか心配です。これだけ24ピンもあったら噛み合わせが悪そうですね!コネクタは出来の良し悪しがありますので、簡単に挿入できればいいのですが・・・
    DSCF9783_R.jpg


    24ピンATXコネクタは入りづらい
    「やられた」5本中2本が入りにくいと言われていますが、この部分から入りにくいというより入りません。6ピンや8ピンだとすんなり入りますが、さすがに24ピンは善し悪しがありますね。平行にしてゆっくり挿していくしかありません。
    DSCF9790_R.jpg


    トラブル発生!
    やっとコネクタが入りました。これまで何度か24ピンコネクタを抜き差ししてきましたが、今回が一番苦労しました。何とここまで20分かかりましたが、1本ピン抜けです。向きを合わせてカチッと音がするまで押し込めばOKです。
    DSCF9797_R.jpg


    白いスリーブケーブルは最高だった!
    24ATX45WKがひと際目立ちます。ケーブル1本1本をもっときれいに整列させると更にきれいに見えますよ!
    DSCF9804_R.jpg


    BFA-MSC-6PEG45WK-RPは長かった
    45㎝の6PEG45WK-RPはかなり余裕があるので、ケース内でクロスさせて設置します。GTX550Tiですから補助電源が必要ないので、ケーブルは1本ですが、スリーブケーブル設置の場合は2本あった方が見た目はカッコいいですね。
    DSCF9807_R.jpg


    スリーブケーブル設置後のケース内
    黒いケース内に白いスリーブケーブルが目立ちます。黒いスリーブだと味気ないし白で正解でした。じょにさん感謝です。
    DSCF9808_R.jpg


    すっきりしました!
    簡易水冷だとCPU周りがすっきりします。メンテナンスも楽になるし、何よりケース内が見えるのがいいですね!
    DSCF9812_R.jpg


    ケースボトム周辺
    ボトム付近も電源をSilverStone SST-ST75F-Pに変更しましたので、必要なケーブルしか使っていないのでスッキリしました。Z9plusでボトムファンを設置するにはSST-ST75F-Pの幅160㎜が限界です。ケーブル巻き込み防止のためファンガードは必須です。
    DSCF9814_R.jpg


    ガンダム1号機も全スリーブ化
    ガンダム1号機は白と黒、そして赤いスリーブケーブルでまとめました。ホワイトLEDでケース内もきれいに見えます。あくまで自己満足の世界ですが・・・
    DSCF9770_R.jpg


    ガンダム1号機とZ9plus機
    パソコンデスクを横幅110㎝から150㎝に交換したので、メイン機のガンダム1号機はデスクの上に、Z9plus機はサイドに置いて、気分によって使い分けしています。夜間はZ9plus機が静かでいいですね!ケーブル類はデスクの裏側に収納しましたので、デスク周りにはほとんど見えません。HDMIやディスプレイポートケーブルなど20本くらいのケーブルをまとめるのは、PCの裏配線より難しいですよ!
    DSCF9818_R.jpg


    CONECO・NETレビュー
    最悪パターン!ピン抜けのおまけつき
    Z9plusには白いスリーブケーブルが似合う



    BitFenix Alchemy(アルケミー) ATX 24Pin電源延長ケーブル(ケーブル長30cm) ホワイト BFA-MSC-24ATX45WK-RPBitFenix Alchemy(アルケミー) ATX 24Pin電源延長ケーブル
    (ケーブル長30cm) ホワイト 
    BFA-MSC-24ATX45WK-RP


    商品詳細を見る


    BitFenix 6Pin PCI-Express 延長ケーブル(ケーブル長45cm) ホワイト BFA-MSC-6PEG45WK-RPBitFenix 6Pin PCI-Express 延長ケーブル
    (ケーブル長45cm) ホワイト
    BFA-MSC-6PEG45WK-RP


    商品詳細を見る


    BitFenix スリーブ加工 8-pin PCI-Express電源延長ケーブル 45 cm ホワイト BFA-MSC-8PEG45WK-RPBitFenix スリーブ加工 8-pin PCI-Express電源延長ケーブル
    (ケーブル長45cm) ホワイト 
    BFA-MSC-8PEG45WK-RP


    商品詳細を見る


    BitFenix EPS12V電源 延長ケーブル 8-pin EPS12V extension 45cm ホワイト (BFA-MSC-8EPS45WK-RP)BitFenix EPS12V電源 延長ケーブル 8-pin EPS12V extension
    (ケーブル長45cm) ホワイト
    BFA-MSC-8EPS45WK-RP

    商品詳細を見る
    2013/03/03 Sun. 06:24 | trackback: 0 | comment: 6edit