04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    Aerocool Vs-3 Advance 

    冷却重視のミドルタワーケース Vs-3 Advance
    Haswell発売前にPCケースをどうするか悩んでいましたが、CONECO.NET体験レビューで募集していたAerocool Vs-3 Advanceを、ダメもとで応募していたら、当選してしまいました!
    HaswellにはNZXT Phantom 820がいいなと思っていただけに、少し複雑ではありますが、最近AerocoolのPCケースも個性的なケースが多く、ゲーマー向けのかなり冷却重視のケースが多いので、良さげな感じがしますので紹介していきます。

    このレビューは、企業から無料で提供された製品に対して消費者の視点でレビューをおこなう、coneco.netの体験レビューとして作成されています。
    ttp://www.coneco.net/taiken/


    Vs-3 Advance紹介動画



    Vs-3 Advanceフロントフェイス
    Perfomance Gaming Systemということで、アメフト用のカッコいいヘルメットのイメージで作られているようです。サイドパネルはアクリルがないのが残念ですが、ブラックの外観にブルーのLEDファンで上品さをアピールできそうなVs-3 Advanceの外観です。
    iso2.jpg


    左サイドパネル
    左サイドパネルは140㎜ファン×2か、120㎜ファン×2が装着可能です。今回か120㎜ファンを吸気で取り付けします。
    side2.jpg


    Vs-3 Advanceケース内
    ケース内は特別特徴があるわけではありません。いたってシンプルな作りです。ケース材質のSPCC Steelですから、かなり軽量にできています。
    side open2

    フロントI/Oポート
    フロント中央部に設置してあるI/Oポートは、USB 3.0×2、マイク×1、ヘッドホン×1が付いてます。
    Picture 117_R

    Vs-3 Advanceエンブレム
    画像では判りにくいですが、Perfomance Gaming Systemの頭文字を取ったPGS-Vという文字が書いてあります。PCケースでエングレムがあるのも珍しいですね。意外とカッコいいですよ!
    Picture 119_R

    リア水冷パイプホール&排気口
    リアにも120㎜ファンが設置可能です。今回はこの部分から排気を強化しますので、ある程度風量が多いファンをチョイスします。残念なのはリア水冷パイプホールが一体式で、取り外したら専用のゴム製のカバーもなく、大きな穴が開いた状態になります。パーツで探して別途購入するか、そのまま穴が開いた状態で使うしかありません。
    Picture 122_R

    PCIスロットカバー
    こちらも水冷用ホールと同じく、一度外すと再取り付けはできません。PCIスロットカバーは予備で数枚残っていたので問題ありませんが...
    Picture 123_R


    右サイドパネル排気口

    右側のサイドパネルにも排気口があります。もしかしてファンを設置(ケース外)できるかと思いましたが、ケーブルの取り回しが面倒なので止めましたが、防振ラバーブッシュを使えば取り付け可能ですよ!ケーブルは先ほどの水冷用ホールから挿入したら可能です。
    注意:ファンサイズは100㎜以下に限られます。
    Picture 127_R



    ボトムフィルターガード&ファン吸気口

    電源用にファンフィルターが設置されています。意外と網目も細かく防塵性はいいかもしれません。ただし脱着はやや硬めで。ケースを横に倒さないとできそうにありません。
    Picture 129_R


    ファンフィルターの網目の確認
    作りはきれいなガードでないですが、見えないところなのでご愛嬌ということで...
    Picture 132_R

    スタンドもしっかりしています!
    ケースを立てたら、22㎜の高さがありました。今までのガンダム1号機が16㎜でZ9plus機が18㎜だから、ケースボトムとの空間は広めです。
    Picture 131_R

    開封後のケース内
    やはりUSB3.0のケーブルは青色でした。安っぽく見えるので黒色だったらと期待はしていたのですが。段ボールの中身は固定用トレーが6枚入っていました。
    Picture 134_R


    5.25インチベイ

    ドライバーレスで取り付けできる5.25インチベイを採用していますので、光学ドライブも設置は簡単です。
    専用の固定用ストッパーで固定できますので簡単です!
    Picture 140_R

    付属のねじ各種
    Picture 145_R

    付属品
    Picture 148_R

    フロント固定用パーツ
    Picture 151_R

    フロントファンフィルター
    長方形の形状でないので難しいと思いますが、フィルターの周辺部分に隙間が目立ちます。金具で固定されているので、取り外しが面倒ですし、メンテナンスが難しいかな?
    Picture 163_R

    フロントパネル裏面
    I/Oポートの裏側はこんな感じです。5.25インチ用のカバーは、数回取り外ししましたが、今一つ納まりがよくないですね!見た目はいいのですが...
    Picture 165_R

    固定用トレー
    固定用トレーは。HDD&SSDが基本で、その裏側にファンを設置して冷却できるようになっています。今回は直接ファンを取り付け用で4枚使いました。
    Picture 179_R

    3.5インチシャドウベイ固定例
    基本はこんな感じで設置します。ただこの状態でSSDかHDDを設置すると、そのフロント側も裏側もファンが設置できなくなります。ディスクをとるかファンを選択するかになります。
    Picture 175_R

    今回使用予定の10基の120㎜ファン

    Picture 183_R
    ①標準ブラックファン:120㎜/1200rpm/39CFM/23dBA 設置できず
    ②標準ブルーLEDファン:120㎜/1200rpm/39CFM/23dBA
    ③ENERMAX UCEV12ブルーLEDファン:120㎜/1000rpm/46CFM/12dBA
    ④サイズ GELID Silent12:120㎜/ 1000rpm/37CFM/20.2dBA 設置できず
    ⑤サイズ GELID Silent12:120㎜/ 1000rpm/37CFM/20.2dBA
    ⑥サイズ GELID Silent12:120㎜/ 1000rpm/37CFM/20.2dBA
    ⑦サイズ GELID Silent12:120㎜/ 1000rpm/37CFM/20.2dBA
    ⑧OMEGA TYPHOONブルーLEDファン:120㎜/1100rpm/47CFM/10.8dBA
    ⑨OMEGA TYPHOONブルーLEDファン:120㎜/1100rpm/47CFM/10.8dBA
    ⑩ENERMAX TBベガスデュオ12cm UCTVD12A:120㎜/1700rpm71.76CFM/16dBA


    GELID Silent12の風量確認動画


    Vs-3 Advanceの当初のエアフロー計画
    ケースが届く前に、一応このようなイメージでファンを設置して、エアフローを構築したいと考えていましたが、やはりこの大きさのケースでファン10基の設置は、ほぼ不可能ですね!
    side open - エアフローCONECO用


    実際のファン設置イメージ図

    最終的に下記の位置にファンを設置して、ケース内の正圧を目指しました。吸気ファンが多いですが、意外と右サイドパネルの排気口からも排熱されていますので、いい感じでエアフローが出来ているようです。
    side open - ブログ用

    左サイドパネルのLEDファン
    サイドパネルには、【CFZ-120GBL】OMEGA TYPHOON G LED 120mm 究極静音タイプを吸気で装着しました。基本、吸気ファンは回転数を絞って静音性を図っています。
    Picture 192_R

    パーツ設置後のケース内
    Picture 195_R
    Vs-3 AdvanceのPC構成
    【M/B】 MSI PH67A-C40
    【CPU】 Intel Core i5-2450P
    【RAM】 CFD W3U1600HQ-4G×4
    【SSD】 intelSSD330 60GB×2 RAID0
    【HDD】 Seagate ST500DM002
    【GPU】 GIGABYTE GTX 550 Ti
    【クーラー】 KABUTO
    【電源】 SilverStone SST-ST75F-P


    裏配線はこんな感じです!
    Silver Stoneの硬めの電源ケーブルでも裏配線は簡単でした。というか今配線している所しかケーブルを裏配線できませんので、しやすいのかもしれません。いやファンコンもないし取り付けパーツも少ないと裏配線は簡単ですよ!
    Picture 213_R


    3.5インチシャドウベイ裏側の2連ファン
    残念ながら、3連ファンは設置できませんでした。ただしGELID Silent12は風量も豊富で直進性もありましたので、冷却性は抜群のケースになりました。
    Picture 204_R

    3台のケース比較
    やはりガンダム1号機(BX141W)は大きいですね!大は小を兼ねるといいますが、Aerocool Vs-3 Advanceの大きさで、冷却できればそれもいいかもしれません。
    Picture 210_R


    CINEBENCHのベンチマーク測定時のケース内温度28.9℃でした(室温25.8℃)
    HWM.png


    CONECO.NET体験レビューで今回Vs-3 Advanceが当選しましたが、正直こんな小さいケースはと抵抗感はありましたが、実際パーツを組んでみて仕上がったらビックリ!想像以上に満足できるケースだったことをつけ加えておきます。何といってもこの恐るべき冷却性能は評価できると思います。


    CONECO・NETレビュー
    抜群の冷却性能とケース内の正圧が可能です




    Aerocool Vs-3 Advance ミドルタワー型PCケース 日本正規代理店品  CS4038 EN58346Aerocool Vs-3 Advance ミドルタワー型PCケース
    日本正規代理店品 CS4038 EN58346


    商品詳細を見る


    GELID 静音ファン Silent 120mm ハイドロダイナミックベアリング採用静音FAN Silent12GELID Silent12GELID 静音ファン Silent 120mm
    ハイドロダイナミックベアリング採用静音FAN Silent12GELID Silent12


    商品詳細を見る


    アイネックス OMEGA TYPHOON G 120mm 究極静音タイプ CFZ-120GLアイネックス OMEGA TYPHOON G 120mm
    究極静音タイプ CFZ-120GL


    商品詳細を見る
    スポンサーサイト
    2013/05/28 Tue. 22:01 | trackback: 0 | comment: 13edit