03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    FFXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマーク公開! 


    FFXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマーク キャラクター編を試す
    2015年6月23日に発売を予定している「ファイナルファンタジーXIV」の、公式ベンチマークソフトであるファイナルファンタジーXIV蒼天のイシュガルド ベンチマーク キャラクター編が公開されましたので早速試してみました。
    FFXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマーク キャラクター編は、スコアの算定方法が変わり、GPUだけでなくCPUの処理性能も反映されやすくなっているようで、よりハイエンドCPUを使った方がスコアアップできそうです。
    また蒼天のイシュガルドと同時に実装される予定の、DirectX 11ベースとなる新世代エンジンを採用されていますので、動作の挙動も確認できそうです。
    今回の検証は、メイン機のGTX970 GAMING 4Gと4790Kの組み合わせで行います。Gaming APPでOC ModeやGaming Modeでのベンチマークを確認していきます。

    ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルドの公式サイトはこちらから

    ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマークのインストールはこちらから


    FINAL FANTASY XIV: Heavensward Benchmark Trailer
    べンチマークで再生されるトレーラーです。ベンチマークソフトは、新種族アウラのキャラクタークリエーション、DirectX 11対応になっています。



    FINAL FANTASY XIV: Heavensward Trailer



    検証時のPC構成
    Prime95 PC構成


    1536MHzでのGPU-Z 0.8.2
    先ずはGTX970 GAMING 4Gでベンチマークをするときに、1536MHzまでオーバークロックして試していますので、今回も同じ設定で確認していきます。
    GPU Z GTX970 1536MHz


    1536MHzのAfter Burner設定
    After Burner GTX970 1536MHz


    DirectX 11 1920×1080 最高品質 1536MHz
    先ずは今回から導入されたDirectX 11にて確認してみました。最高品質でもスコア12667とハイエンドカードを使えば何ら問題なさそうです。
    1920 1080 最高品質 DirectX11 1536MHz


    DirectX 9 1920×1080 最高品質 1536MHz
    1920 1080 最高品質 DirectX9 1536MHz


    DirectX 11 1536MHz時のOpen Hardware Monitor
    GPU Memoryが最大39.3%ですから、2000MBも使用していません。フルHDならGTX970でも余裕ありすぎというレベルですね!ファンも1300rpmくらいしか回転していませんから、非常に静かなレベルです。
    1920 1080 最高品質 DirectX11 1536MHz Opem HWM


    OC ModeでのGPU-Z 0.8.2
    次はGaming APPでOC Modeを選択して試してみます。
    GPU Z GTX970 OC Mode


    DirectX 11 1920×1080 最高品質 OC Mode
    1920 1080 最高品質 DirectX11 OC Mode


    DirectX 9 1920×1080 最高品質 OC Mode
    1920 1080 最高品質 DirectX9 OC Mode


    GTX970 GAMING 4G定格でのGPU-Z 0.8.2
    最後にGaming APPでGaming Modeにして確認します。
    GPU Z GTX970 定格


    DirectX 11 1920×1080 最高品質 Gaming Mode
    1920 1080 最高品質 DirectX11


    DirectX 9> 1920×1080 最高品質 Gaming Mode
    1920 1080 最高品質 DirectX9


    ベンチマーク時の設定画面
    計測時のグラフィック設定・ディスプレイ設定・サウンド設定・その他ベンチマークの設定を変更してみました。DirectX11だけの変更可能な設定もあります。 グラフィックの設定は「最高品質/高品質(デスクトップPCとノートPC向け)/標準品質(デスクトップPCとノートPC向け)」の5種から選択可能です。
    設定変更 最高品質1


    設定変更 最高品質2


    設定変更 最高品質3


    設定変更 最高品質4


    設定変更 最高品質5

    設定変更 最高品質6


    設定変更 最高品質7


    Windows 動作環境


    DirectX 11 3840×2160 最高品質 1536MHz
    最後に仮想4Kで確認してみました。GTX970 GAMING 4Gを持ってしても快適レベルのスコア3745でした。
    3840 2160 最高品質 1536 mhz


    DirectX 11 3840×2160 1536MHzでのOpen Hardware Monitor
    GPU Memoryが最大80.7%ということは、GTX970のメモリのバグである3200MBを超えています。4KでDirectX 11はかなり負荷がかかりますね!この設定ではGTX980以上のグラフィックカードが必須になりそうです。
    3840 2160 最高品質 1536 Open HWM


    ベンチマーク映像を再生して、計測時間が約9分かかります。スコア7000 以上が非常に快適レベルになります。GTX970 GAMING 4Gの実力を考えたら、当然非常に快適レベルですが、スコアの算定方法が変わり、GPUだけでなくCPUの処理性能も反映されやすくなっていますので、場合によってはCPUのオーバークロックをしてみたら、更に快適なレベルになりそうですよ!
    ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド の発売は6月23日になりますので、事前にお使いのPC構成で使用感を確認してみてはいかがでしょうか。







    ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド 早期予約特典アーリーアクセス+インゲームアイテム3種(アーリーアクセス+インゲームアイテム3種:2015年6月16日注文分まで、インゲームアイテム3種のみ:2015年6月22日注文分まで)
    ァイナルファンタジーXIV:
    蒼天のイシュガルド

    早期予約特典アーリーアクセス+インゲームアイテム3種

    (2015/06/23)
    Windows

    商品詳細を見る



    MSI GTX 970 GAMING 4G
    MGSV グラフィックスボード ゲームクーポン付属モデル
    VD5680 GTX 970 GAMING 4G MGSV

    スポンサーサイト
    2015/04/27 Mon. 19:17 | trackback: 0 | comment: 4edit

    魅せるPCならMSIが最高! 

    USB 3.1ポート搭載のZ97A GAMING シリーズ
    この春はMSIに注目しています。最大転送速度10Gbpsと話題のUSB 3.1ポートを搭載したZ97A GAMING 9 ACK、Z97A GAMING 7、間もなく発売のZ97A GAMING 6と、人気のGAMINGシリーズから気になるマザーボードが発売されています。
    今回は自作PCの醍醐味である「魅せるPC」をテーマに、パーツのカラーリングやデザインを統一することで簡単に魅せるPCを構築できますので、個人的にかなり注目しているGAMINGシリーズ、Krait Editionシリーズのマザーボードとグラフィックカードを紹介したいと思います。


    Z97A GAMING 9 ACK
    MSI GAMNGシリーズの最高峰Z97A GAMING 9 ACKです。赤と黒に彩られた印象的なドラゴンの意匠を各所に配した外観はやはり最高ですね!注目すべき点にKiller LANを無線接続に利用できるKiller Double Shot Proに対応しているところでしょうか。
    Z97A GAMING 9 ACKの製品ページはこちらから
    msi z97a gaming9 1


    Z97A GAMING 9 ACKの外観
    さすがにハイエンドマザーボードは見た目も最高ですね!オーバークロックに便利な機能を多数搭載しています。OC Genie4ボタンをはじめ、IOリアパネルから利用できるCMOSクリアボタン、イージーボタン3、V-チェックポイント2、デバッグLED、マルチBIOS2など、オーバークロックをするときに役立つ機能は使えそうです。
    msi z97a gaming9 3


    Z97A GAMING 9 ACKのIOリアパネル
    インターフェースはUSB3.1 Type-A×2、USB3.0×8、USB2.0×2、Killer E2205ギガビットLAN
    映像出力はDisplayPort、HDMIの2系統
    SATA3×6、M.2、PCI Express3.0x16スロット×3、PCI Express2.0x1スロット×3
    メモリーはDDR3-3300(OC)×4(最大32GB)に対応
    msi z97a gaming9 4


    Z97A GAMING 9 ACK 紹介動画



    Z97A GAMING 7
    Z97A GAMING 7は、Z97A GAMING 9 ACKをベースに無線LAN機能を省いたモデルになっています。機能的にはハイエンドクラスのため、こちらもオーバークロックの機能満載ですし安定性もありそうです。注目はオーディオで採用されているAudio Boost 2が魅力的ですね!
    Z97A GAMING 9 ACKの製品ページはこちらから
    msi z97a gaming7 1


    Z97A GAMING 7の外観
    msi z97a gaming7 2


    Z97A GAMING 7のIOリアパネル
    インターフェースはUSB3.1 Type-A×2、USB3.0×6、USB2.0×4、Killer E2205ギガビットLAN
    映像出力はDisplayPort、HDMI×2の3系統
    SATA3×6、M.2、PCI Express3.0x16スロット×3、PCI Express2.0x1スロット×3
    メモリーはDDR3-3300(OC)×4(最大32GB)に対応
    msi z97a gaming7 3



    Z97A GAMING 6
    Z97A GAMING 6の特徴は、最大転送速度10Gbpsの最新規格となるUSB 3.1 Type-Cポートを1基を装備したところです。Z97A GAMING 7と同様に、オーディオはAudio Boost 2を採用されています。
    Z97A GAMING 6の製品ページはこちらから
    z97agaming 6 1


    Z97A GAMING 6の外観
    z97agaming 6 2


    Z97A GAMING 6のIOリアパネル
    インターフェースはUSB 3.1×1(Type-C バックパネル×1)、USB 3.0×2、USB 2.0×2
    映像出力はHDMI×1、DVI-D×1、VGA×1
    SATA 3×6、M.2×1
    メモリはDDR3-3300(OC)、最大32GBに対応
    z97agaming 6 3



    Z97S SLI Krait Edition
    MSI Krait Editionシリーズのマザーボードは、白と黒を基調としたモノトーンデザインを採用して、個人的には欲しくてたまらないマザーボードです。赤と黒をベースにしたGAMINGシリーズも好みですが、Krait EditionシリーズでシックなPCを組んでみたいですね!
    Z97S SLI Krait Editionもオーバークロック設定の最適化を自動的に行うOC Genie4を搭載しています。Command Centerソフトウェアを使用することで容易にオーバークロックができそうです。
    Z97S SLI Krait Editionの製品ページはこちらから
    Z97S SLI Krait Edition 1


    Z97S SLI Krait Edition の外観
    Z97S SLI Krait Editionに合わせてグラフィックカードやメモリを選んだら見た目も最高かもしれません。電源ケーブルも白色のスリーブ仕様ならかなりオシャレな大人のPCができそうですね!
    Z97S SLI Krait Edition 2

    Z97S SLI Krait Edition 3


    Z97S SLI Krait EditionのIOリアパネル
    インターフェースはUSB 3.0×6、USB 2.0×6、PS/2×1、ALC892 HD Audio(8ch)、RTL8111G ギガビットイーサネット×1
    映像出力はHDMI×1、DVI-D×1、VGA×1
    SATA 6Gbps×6、M.2 10Gbps×1、SATA Express×1
    メモリはDDR3-3200(OC)×4(最大32GB)に対応
    Z97S SLI Krait Edition 4


    Z97S SLI Krait Edition 紹介動画



    GTX 970 4GD5T OC V1
    Z97S SLI Krait Editionに合わせるグラフィックカードはこれしかないかもしれません。もちろんGTX 960 2GD5T OCでも最高かもしれませんが、GTX 970 4GD5T OC V1で最強のPC環境を構築したいですね!
    GTX 970 4GD5T OCV1の製品ページはこちらから
    GTX 970 4GD5T OCV1


    MSI GTX 970 4GD5T OCV1 スペック


    GTX 970 4GD5T OC V1の映像出力
    映像出力はデュアルリンク DVI-I x 2HDMI x 1 (version 1.4a)、ディスプレイポート x 1 (version 1.2)
    GTX 970 4GD5T OCV1 2


    GTX 970 4GD5T OC V1の外観
    GTX 970 4GD5T OC V1も白と黒を基調としたモノトーンデザインを採用しています。最近MSIはマザーボードとグラフィックカードのコーディネートができるのがいいですね!
    GTX 970 4GD5T OCV1 1


    この春に気になるMSIのマザーボードとグラフィックカードを紹介しましたが如何でしょうか。赤と黒を基調にしたGAMINGシリーズで組んでもいいし、白と黒を基調としたモノトーンデザインのKrait Editionシリーズで組むのもいいし、オシャレなPCならやはりMSIというところでしょうか。
    個人的にはASRockのマザーボードをメインで使っていますが、そろそろMSIもGetしてみたいと思う今日この頃です。MSIから発売されるパーツたちも機能性やパフォーマンスに加え、デザイン上の完成度を更に重視するならやはりMSIがお勧めです。魅せるPCならMSIが最強と評価しています。




    MSI Z97A GAMING 9 ACK USB3.1モデル ATXゲーミングマザーボード MB2364 Z97A GAMING 9 ACKMSI Z97A GAMING 9 ACK USB3.1モデル
    ATXゲーミングマザーボード MB2364
    Z97A GAMING 9 ACK


    商品詳細を見る


    MSI Z97A GAMING 7 USB3.1モデル ATXゲーミングマザーボード MB2365 Z97A GAMING 7MSI Z97A GAMING 7 USB3.1モデル
    ATXゲーミングマザーボード MB2365
    Z97A GAMING 7


    商品詳細を見る


    MSI Z97A GAMING 6 USB3.1(Type C)モデル ATXゲーミングマザーボード MB2369 Z97A GAMING 6MSI Z97A GAMING 6 USB3.1(Type C)モデル ATXゲーミングマザーボード MB2369
    Z97A GAMING 6


    商品詳細を見る


    MSI GTX 970 GAMING 4G MGSV グラフィックスボード ゲームクーポン付属モデル VD5680 GTX 970 GAMING 4G MGSVMSI GTX 970 GAMING 4G MGSV グラフィックスボード ゲームクーポン付属モデル VD5680
    GTX 970 GAMING 4G MGSV


    商品詳細を見る


    MSI Z97S SLI Krait Edition ATXマザーボード MB2354 Z97S SLI Krait EditionMSI Z97S SLI Krait Edition ATXマザーボード MB2354
    Z97S SLI Krait Edition


    商品詳細を見る


    MSI GTX 970 4GD5T OCV1 グラフィックスボード VD5676 GTX 970 4GD5T OCV1MSI GTX 970 4GD5T OCV1 グラフィックスボード VD5676
    GTX 970 4GD5T OCV1


    商品詳細を見る
    2015/04/14 Tue. 12:46 | trackback: 0 | comment: 5edit

    Plex Turboを試してみる 

    PlexTurboで快適環境に!
    前回レビューしたPLEXTERのSSD PX-256M6Sですが、SSD RAMキャッシュ機能を使ったPlexTurboで、画像ファイル等の小容量データサイズの読み込みや書き込みに高速化できかなり期待が持てそうです。M6Sシリーズでありながら、ひとクラス上のM6pro以上の性能を体感できるのが、この機能の最大の売りでないでしょうか!
    SamsungのRAPIDモードが有名ですが、PlexTurboと仕様は同じようで、メモリ上の1GBをキャッシュとして使用して、データサイズが大きくなると、アクセススピードの関係かやや速度ダウンするようです。
    今回は、Plex Turbo Utilityを有効時と無効時で、各種テストデータサイズを計測してみます。

    先ずはPlextool 1.1.7やPlexTurbo Utility 2.1をダウンロードしましょう!
    Plextoolの詳細を最初に紹介していきます。以前のバージョンより使いやすくなっています。
    ◆Plextool 1.1.7のダウンロードはこちらから

    ◆PlexTurbo Utility 2.1のダウンロードはこちらから


    DRIVE STATUS
    Plextoolを起動するとこの画面から始まります。DRIVE STATUSではドライブの容量、空き容量、製品状態、SATA転送速度、温度状態の確認とTRIMのON/OFFが可能です。
    Plextool v117


    PlextoolINFO
    DRIVE STATUSの説明を記載しています。
    Plextool INFO


    SECURE FORMAT
    システムドライブでは実行できませんが、完全初期化を行うセキュアフォーマット(セキュアイレース)が実行可能です。
    Plextool SECURE FORMAT


    FW UPDATE
    ファームウェアの更新を確認できます。
    Plextool FW UPDATE


    DIAGNOSTIC SCAN
    読み書き速度の診断ができます。
    Plextool DIAGMOSTIC SCAN


    SMART DETAILS
    S.M.A.R.T情報を確認できます。
    Plextool SMART


    PlexTurbo
    PlexTurbo機能の有効/無効が設定できます。選択後、再起動すればPlexTurbo機能の有効/無効が起動します。
    Plex Turbo 切替


    PC構成 M6S


    サブ機のHW iNFO64
    サブ機はメモリは16GB実装していますので、PlexTurboを有効にしてもメモリ不足になることはありません。
    Plex Turbo hwinfo64


    Crystal Disk Info 6.3.2
    先日新品に交換したばかりですから、使用量や起動回数も少なめです。フォームウェアは1.03から最新の1.08にバージョンアップしています。
    Plex Turbo crystal disk info


    テストデータ50MB/100MBのCrystalDiskMark4 Dev6
    上の二つがPlexTurbo有効時で、テストデータサイズが50MBと100MBになります。下の二つが同じテストデータサイズでPlexTurbo無効時のベンチマークを計測しています。このサイズだとTurbo効果がかなり出ています。シーケンシャルリードが6900MB/sオーバー、シーケンシャルライトが9000MB/s前後と圧巻の速度ですね!
    Plex Turbo 50MB 100MB


    テストデータ500MB/1GBのCrystalDiskMark4 Dev6
    テストデータサイズが500MBまでは超高速、1GBを境にリード&ライトともにかなり変化します。特に4Kリードがかなり変化しています。
    Plex Turbo 500MB 1000MB


    テストデータ2GB/4GBのCrystalDiskMark4 Dev6
    このくらいのテストデータサイズになるとPX-256M6Sの公称値よりは上回っているものの、かなりPlexTurboの効果が薄れてきます。それでもTurbo効果はかなり出ていますが・・・
    Plex Turbo 2000MB 4000MB


    テストデータ8GB/16GBのCrystalDiskMark4 Dev6
    16GBの大容量のテストデータサイズになると、Turbo起動時もほぼOFF時と変わらずの数値になりますね!
    Plex Turbo 8000MB 16GB


    テストデータ 32GBのCrystalDiskMark4 Dev6
    さらに大容量になるとTurboを持ってしても、有効時、無効時ほぼ同様の結果にまで落ち着く形になりますね!ただSamsungのRAPIDモードがデータサイズ4GBあたりで有効時、無効時ほぼ同様の結果に落ち着く結果を考えると、PlexTurboの性能は更に上行く性能と評価できそうです。
    Plex Turbo 32GB


    Turbo無効時のテストデータ 32GBのCrystalDiskMark4 Dev6
    M6S 32GB


    TxBENCHでPlexTurboを確認!
    先ずは計測サイズ64MBにて検証してみました。CrystalDiskMark同様、圧倒的な速度を残しています。
    Plex Turbo TxBENCH 64MB


    計測サイズ512MBにて検証
    TxBENCHでもテストデータサイズが増すと結果はCrystalDiskMark4と同様な結果になりますね!
    Plex Turbo txbench


    計測サイズ2048MBにて検証
    計測サイズ2048MB以上で4.96MBからはTurbo OFF時と変わらずの速度になります。
    Plex Turbo TxBENCH 2048MB


    AS SSD Benchmark
    基本的にCrystalDickMarkのランダム時と同様の傾向で若干スコアが向上した程度です。
    M6S AS SSD Bench


    IOPS表記で確認
    M6S AS SSD Bench2


    Compression Benchmark
    AS SSD Benchmarkに付属するCompression Benchmarkを確認してみました。リードはほぼ水平なラインで安定していますが、かなりライトは上下に変動しています。
    M6S AS SSD Compression



    最速SSDと言うには物足りないPX-256M6Sですが、PlexTurboを導入することにより劇的に変化することが分かりました。特に1GB未満の容量が小さいファイルの場合はかなり期待できそうです。
    個人的にはブログやレビューを書くときに、動画や画像を開くことも多く、そいうときはPlexTurboの威力を実感できそうです。小容量のファイルのときは最大読込速度4000MB/sと圧巻のスピードですし、更に書込速度に関しては7000MB/sオーバーを実現できる速度は魅力的と言えそうです。
    速度以外でも評価できる点に、、M6Sの寿命を延長できるというメリットがあります。実際の書き込みはいったんデータをキャッシュに蓄えてから、M6Sへ書き込まれるため、書き込み効率が最適化されるのも注目すべきでないでしょうか!ただし8GB以上のメモリをPCに搭載していることが最低条件と考えていいと思います。


    Plextor「Plextor SSDで当てる! PCアップグレードキャンペーン」を開催
    キャンペーン開催期間、及び応募受付期間は2015年4月3日(金)~2015年4月30日(木)で、対象のPlextor製SSD 「M6e-BK」シリーズ、「M6e」シリーズ、「M6Pro」シリーズ、「M6S」シリーズ、「M6M」シリーズ、「M6G-2280」シリーズ、「M6G-2242」シリーズの中からいずれかの製品を購入したら応募できるみたいです。
    キャンペーンの詳細はこちらから
    Plexterキャンペーン




    PLEXTOR 2.5インチ SATA接続 7mm厚 SSD 256GB PX-256M6SPLEXTOR 2.5インチ SATA接続 7mm厚 SSD 256GB
    PX-256M6S


    商品詳細を見る


    PLEXTOR 2.5インチ SATA接続 SSD PX-256M6Pro 256GB PX-256M6PPLEXTOR 2.5インチ SATA接続 SSD PX-256M6Pro 256GB PX-256M6P

    商品詳細を見る
    2015/04/07 Tue. 00:30 | trackback: 0 | comment: 2edit

    SSDがクラッシュしました! 

    PLEXTOR PX-256M6Sが再起不能に!
    昨年4月に購入したPX-256M6Sが壊れてしまいました。BiosではSSDと認識しますが、起動ドライブとしては認識出来ないというトラブルです。他のPCに接続してもBiosでは認識はしますが、データの一部または全部が物理的に読み出せない状態ですので、当然フォーマットも出来ない状態です。
    物理的なクラッシュと判断して、購入店に相談するしかないかと諦め、店員さんに状況説明、やはりメーカー送りと言うことで、恐らく全てのデータが復旧不可能でしょうね?
    PX-256M6Sは保証期間が3年間と言うことで、メーカーに送っても多分交換か修理不可の二択しかないかと諦めムードでしたが、正規代理店の誠意ある対応で新品交換となりました。
    正規代理店のaiutoさんありがとうございました。この場をお借りしてお礼申し上げます。


    新品交換して頂いたPX-256M6S
    PLEXTERのSSDもM6ProやM6eが発売されたので、少し影が薄くなったM6Sですが、256GBクラスでは価格も15000円前後で、かなりコストパフォーマンスがあると言えそうです。
    Picture 1804_R


    正規代理店は株式会社アユートです
    アユートさん本当にありがとうございました。新品交換までの日数も1週間かかることもなく、我々消費者としてはこのような素早い対応が一番助かります。
    Picture 1807_R


    PX-256M6S開封!
    外観がゴールドのPX-256M6Proに比べたら、シックなイメージのM6Sですが、その速度や実力は定評があります。
    Picture 1808_R


    PX-256M6Sの外観
    Picture 1810_R2


    Picture 1818_R


    フォームウェアは1.03
    発売当初のPX-256M6Sのフォームウェアは1.01でしたが、今では1.03にアップしていました。最新バージョンは1.08になっていますので、バージョンアップしてみましょうか?
    PX-256M6Sのフォームウェアはページはこちらから
    Picture 1823_R


    Crystal Disk Info 6.3.1
    Crystal Disk Infoは6.3.2が最新バージョンですが、とりあえず6.3.1にて状況確認してみました。
    CrystalDiskInfo631.png


    Crystal Disk Info 6.3.2
    ファームウェアを1.08にバージョンアップして、最新のCrystal Disk Info 6.3.2で確認してみました。OSも再インストールしましたし、しばらくは更新処理が面倒ですが・・・
    CrystalDiskInfo6 3 2


    PC構成 M6S


    CrystalDiskMark 4 Dev6
    SSDを導入したら先ずはCrystalDiskMarkですが、今回は先日紹介したCrystalDiskMark 4 Dev6にて検証してみました。Seq Q32T1が520.0MB/sと、M550やHG6と比較したら爆発力はないですが平凡なSSDかな???
    CrystalDiskMark4 M6S 2


    TxBENCH
    TxBENCH M6S


    ATTO Disk Benchmark
    ATTO Disk Benchmark M6S


    HD Tune2.55
    HD Tune M6S



    Plex Turbo Utilityを試してみる
    M6Sをはじめ、M6ProやM6eが利用可能なPlex Turbo Utilityがあります。
    Plex Turbo Utility


    Plex Turbo Utility 2.0をダウンロード
    PlexTurbo_Utility_2_1のダウンロードはこちらから
    PlexTurbo_Utility_2_1インストール後は、再起動したらPlexTurbo_Utilityが自動的に起動します。
    plexter turbo utility

    plexter turbo utility2

    plexter turbo utility3


    OSインストール後のCrystalDiskMark4 Dev6
    OSインストール後もそれほど速度の低下もなく、使用領域ゼロの状態とほとんど変化がありませんでした。
    CrystalDiskMark4 M6S os


    PlexTurbo Utility起動後のCrystalDiskMark4 Dev6
    PlexTurbo Utilityのパワーは最高ですね!安定性はこれからの評価になりますが、これだけRead&Writeの速さがあれば、Raid0やM.2 SSDも必要ないかもしれません。
    plexter turbo utility cdm


    Plex Turbo Utility導入後のTxBENCH
    TxBENCH PLEX TURBO


    AS SSD Benchmarkも爆速!
    AS SSD Plex Turbo


    ATTO Disk Benchmark
    ファイルサイズによりやや速度のバラつきはありますが、概ね超高速レベルのPlex Turbo Utilityと言えそうです。
    plexter turbo utility atto



    Marvell デュアルコア コントローラ 88SS9188 を組み込んだ M6S SSD は、やはりコストパフォーマンスかなりのものです。
    PlexTurbo Utilityで起動時間とシャットダウン時間を大幅に短縮でき、アプリケーションの起動も超高速で、大容量のファイルを開いたり保存したりする作業も簡単です。
    PLEXTERのハイエンドSSDであるM6eやM6Pと同じように、M6Sにも対応できるのは最高ですね!
    そろそろSumsungよりPCIe3.0×4の最強SM951や、PCIe2.0×4のPlexter M7eが発売されそうで、そちらが注目されていますが、Plex Turbo Utilityを用いてのPX-256M6Sも予想以上の速さを実現できますし、まだまだ従来のSATA3.0のSSDも捨てたものではないかもしれません。





    PLEXTOR 2.5インチ SATA接続 7mm厚 SSD 256GB PX-256M6SPLEXTOR 2.5インチ SATA接続 7mm厚 SSD 256GB
    PX-256M6S


    商品詳細を見る


    PLEXTOR 2.5インチ SATA接続 SSD PX-256M6Pro 256GB PX-256M6PPLEXTOR 2.5インチ SATA接続 SSD PX-256M6Pro 256GB PX-256M6P

    商品詳細を見る
    2015/04/02 Thu. 23:27 | trackback: 0 | comment: 4edit