09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    ワイヤレスイヤホン Q9Aを試してみる! 

    Blue toothイヤホン第二弾はQ9A!
    8月に紹介したSoundPEAT社のQY7ですが、ワイヤレスイヤホンの中では非常にコストパフォーマンスが優れているようで、何とAmazonのワイヤレスイヤホン部門ではベストセラー1位なんですね!レビューしてから頻繁に使用していますが、稀に音切れする事はありますが、音質も中音域がやや抑えられた感じで、その分125㎐や500㎐の低音域が効いており私好みの音質で非常に満足しています。
    今回もそのSoundPEAT社から発売されているQ9Aを今回は確認していきます。Q9Aは運動しても落ちにくいイヤーフックを採用されているのでスポーツ向けのイヤホンというイメージですが、見た目もブラックでシックな感じで、スタイリッシュなデザインですので普段使いでもいいかもしれません。


    今回も最初にSoundPEATS Q9Aを使用した個人的な評価をしてみます。五つ星が最高評価になります。

    装用感 ★★★
    本体の重さは19.95gで、イヤーフック付きタイプで20g以内で軽量の部類に入りそうで長時間の装用もOKです!イヤフックの調整ができず、私の大きな耳(特別な大きさには難あり)には長さが足りず私自身の装用感は3つ星です。ただ日本人の標準的な耳の大きさには大半の方はフィットできますので4つ星かもしれません。

    性能(プロファイル) ★★★★★
    A2DP AVRCP HSP HFPの4つのプロファイル搭載で、音質、音声の制御、通話、ハンズフリー通話可能。

    音質 ★★★★★
    apx-X対応でAndroidでの使用がベストですが、iPhoneでも音質は良好です。タイムラグはないようです。音質は低音を抑えつつQY7より中音域がかなりいいですね!

    電池持続 ★★★★★
    連続装用時間6時間ということで、数日間は使えて便利です。充電所要時間も2時間 かからない位です。

    電波強度 ★★★
    通信距離10mでclass2レベルですがQY7同様1m以内でも時折り音切れがあります。Blue toothの宿命のような感じです・・・

    機能性 ★★★★
    ボリューム操作は突起しているボタンタイプで便利です。通話でのマイク感度も良好です。

    前回のQY7のレビューはこちらから


    SoundPEATS Q9A
    コンパクトなパッケージのSoundPEATS Q9Aです。QY7も同等の大きさでしたので、恐らく同封された内容物は同じでしょうね!
    Picture 2271_R


    パッケージ裏面は製品詳細
    製品の細かい詳細を記入してあるパッケージ裏面です。日本語は一切ありませんが、各箇所に番号がありそれぞれ説明されていますので、それを見たら理解できると思います。
    Picture 2276_R


    パッケージ側面
    パッケージ側面は付属品の説明になっています。こちらも英語での説明ですが分かりやすいですね!
    Picture 2279_R


    各サイトへのQRコード
    Picture 2283_R


    Q9A開封!
    コンパクトなケースはQY7と同じです。いつも感心しますが綺麗に収納してあり、この小さいパッケージに付属品も全て納められています。
    Picture 2287_R


    本体&付属品
    Q9A本体とUSB充電ケーブルが入っています。USB充電ケーブルは少し長いタイプのようで便利になりそうです。
    Picture 2289_R


    同封物&取扱い説明書
    Q9Aはイヤフックを採用されているので、イヤチップ等の付属品も少なくなっています。ミニポーチが持ち運びに便利かもしれませんね!
    Picture 2291_R


    取扱い説明書は英語のみ
    ユーザーガイドは英語のみでよく分からないので詳しく見ていませんが、イラストは参考になります。製品の保証期間は安心の1年間になっています。
    Picture 2295_R


    取扱い説明書の裏面
    Picture 2297_R


    イヤチップはS/M/Lの3種類
    イヤチップは3タイプの大きさが準備してあります。当初はMサイズが付いていますが、私は耳穴が大きいのでLサイズに交換します。
    Picture 2302_R


    ケーブル用バックル
    Q9Aのケーブルはフラットケーブルで、QY7より細めになっています。長さを調整するためにこのケーブル用バックルを使うと、自分好みの細かいケーブルの調節が可能です。私自身は面倒なので使わないと思いますが…
    Picture 2304_R


    バックルの使用例
    このようにバックルに交互にケーブルをセットしたら収縮できます。髪が長い女性には意外と便利かもしれません。
    Picture 2309_R


    落下防止用クランプ
    ジョギング等の軽いスポーツ時は、この落下防止用のクランプを使えばいいですね!
    Picture 2312_R


    イヤフック式のQ9A本体
    耳の裏側にジャストフィットしそうなイヤフックです。柔らかい素材で少し弾力もありますので痛くならないとは思いますが如何でしょうか?
    Picture 2316_R


    本体コントローラー
    本体コントローラーはボリュームUp/Downと早送り、巻き戻しが可能です。真ん中のボタンはパワーはPlay/Pauseに長押しでペアリングができます。
    Picture 2317_R


    LEDインジケーター&マイク
    Bluetoothのプロファイル、HFP&HSP搭載ですからハンズフリーで通話が出来ます。このマイクから音声を拾いますが、室内だと全く問題なし、QY7より感度がいいように感じます。ただし屋外で使う場合はこちらからの音声がやや入りにくく、大きめの声で対応しています。風切り音はあまり気にならないようです。
    Picture 2330_R


    本体重量は19.97g
    イヤフックが付いているので重さが気になっていましたが、イヤチップLサイズをセットした状態で19.97gと、この手のイヤフックタイブでは軽量の部類になりそうです。
    securedownload_R.jpg


    耳介最上部から外耳道の長さは?
    Q9Aを選ぶ時にこれを一番注意した方がいいかもしれません。Q9Aのイヤフックの高さは270㎜になっています。弾力があるので85%位の方には万能と思われます。残りの15%に私も属していますが、耳介最上部から外耳道(耳穴)の中心までの長さが20㎜未満の方と、30㎜以上の方は要注意です。画像の赤色の①〜④の長さを参考にして下さい。
    ①18㎜=日本人の約10%//イヤフックが緩くて本体が動きやすい
    ②23㎜=約50%/ジャストフィット
    ③27㎜=約35%/ジャストフィット
    ④32㎜=約5%/耳介とイヤフックがやや食い込み痛くなりやすい
    Picture 2339_R


    Q9Aのイヤフックは27㎜
    イヤフックとイヤチップが柔らかいので問題なく使える方が多いと思いますが、Q9Aを選ぶ際に外耳道までの長さを家族や友人に測ってもらえば間違いがないと思います。このイヤフックが長さが3段階切替式だったら100点満点ですが、この価格帯ですからそこまでは難しいかな?SoundPEATさんの今後の課題という事で改善よろしくお願いします。
    Picture 2340_R


    Q9AとQY7の本体比較
    私自身はイヤフックの上部が当たり痛くなるのではなく、イヤホン本体が一部当たり数分で痛みが発生しました。Q9AとQY7の本体を比較したら、Q9Aの丸い本体がひと回り大きいのが分かると思いますが、この上の部分が耳に当たり痛くなります。奥まで挿さなければいいのですが、そうすると低音域の迫力ざ半減します。
    Picture 2331_R


    iPhoneとペアリング
    iPoneとのペアリングは約10秒で終了します。曲に応じてQ9AとQY7を使い分けていきます。
    iPhone Q9A


    iPad Miniとペアリング
    iPad Miniは動画用で使います。こちらも状況に応じてワイヤレススピーカーとイヤホンを使い分けします。
    iPad Mini Q9A


    23㎜~27㎜の標準的な耳介ならこんな感じ
    自撮りが出来ないので息子の耳を拝借。外耳道までの長さが23㎜と、Q9Aに最適な耳ですね!このくらい余裕があるとイヤフックが耳に沿うようにフィットします。
    Picture 2334_R


    装着時の注意点
    イヤフックがこれ以上余裕があるとやや安定感に欠けてしまいます。耳の上の部分は血管が多いので、イヤフックがこの上部に触れて押さえる感じだと痛みが出ます。私はイヤホン本体の上部がかなり当たり痛くなりました。耳の形状が大きいのも考えようですね!
    Picture 2335_R


    デザインも音質も満足度の高いQ9Aでした。Q9AとQY7の音質を比較すると、500Hzから2KHzの中音域がかなり効いている印象です。QY7もワイヤレスイヤホンとは思えないような音質でしたが、その上をいくQ9Aと言えそうです。
    音質に関しては、個人の好みもありますので参考程度にして下さい。複数の友人や家族にQ9AとQY7の聞き比べをしてもらいましたが、低音が好みの人はQY7の評価が高いようでしたが、ほとんどの人はQ9Aが聞きやすいとか、自然な音質だという評価でしたので、イヤフック付きのスポーツ以外での使用でも満足度は高いのではないかと思われます。


    ※今回のQ9Aのレビューは、soundSOUL社の提供による体験レビューとして、中立的な消費者の立場になり性能評価しています。



    soundPEATS(サウンドピーツ) Bluetooth ワイヤレスイヤホン ヘッドホン
    Q9A (ブラック)



    SoundPEATS(サウンドピーツ) ワイヤレス スポーツ ヘッドセット
    QY7 (ブラック/グリーン)



    LOGICOOL サラウンドサウンド ゲーミングヘッドセット
    G430
    スポンサーサイト
    2015/10/13 Tue. 19:00 | trackback: 0 | comment: 0edit

    PCケース内のライトアップに最適! 

    PCDIY-SPOTLIGHTを試してみる!
    簡易水冷を使っていると2000rpm以上の高回転の冷却ファンを使うことが多いので、それに適している風量豊富なLEDファンが少なく、どうしてもでケース内が寂しくなりがちです。特にNepton 280LやH110に採用されている280㎜ラジエーター用の140㎜ファンがほとんど皆無ですね!
    USB型ミニスポットライトなるものがリンクスから発売されたので、これは使えるかもということでFatal1ty Z170 GAMING K6のCPU周りをライトアップしていきます。

    今までPC用LEDといったらサイズのLEDイルミナシオンがお気に入りで、度々購入してドレスアップしていましたが、一番の欠点はマザーボードに向けてLEDライトを照射しにくい点でした。PCDIY-SPOTLIGHT-BKはまさに狙った場所をピンポイントにライトアップできそうで期待が持てそうです。光り物が好きな私には無くてはならないアイテムになりそうですが如何でしょうか。


    PCケース内部照明用USB型ミニスポットライトの、PCDIY-SPOTLIGHT-BKとPCDIY-SPOTLIGHT-WHのリンクスインターナショナル 製品ぺージはこちらから


    PCDIY-SPOTLIGHT-BK
    このUSB型ミニスポットライトはブラックモデルとホワイトモデルが発売されています。PCケースが白色なので同色がいいかなと思いましたが、赤黒メインのゲーミングPCですからブラックモデルのPCDIY-SPOTLIGHT-BKにしてみました。
    Picture 2196_R


    パッケージ裏面
    PCDIY-SPOTLIGHT-BKはリンクス×HOBBYLightのコラボモデルですのでパッケージ裏面は英語での説明になっています。ちなみにHOBBYLightは、LEDの専門家により形成されたグループのようですよ!
    Picture 2198_R


    本体は意外と小型でしたね!
    届いた箱が大きかったのでまさか予想以上に大きいのかなと思っていましたが、パッケージの中の本体はかなり小型LEDスポットライトみたいです。となると明るさがやや不安になるのですが・・・
    Picture 2203_R


    本体サイズとケーブルの長さは?
    本体サイズはライト部を上に向けた状態で50mm×50mm×50mmとやはり小型でした。台座が50mm×50mm×10mmと固定する場所を選びそうです。USBケーブルは200㎝とかなり長いですね!PCDIY-SPOTLIGHT-BKはPCケース以外でも色んな用途で使えます。
    Picture 2204_R


    レッドカラーレンズ搭載
    PCDIY-SPOTLIGHT-BKは標準でレッドカラーレンズが搭載されています。オプションで、グリーンカラーレンズ、ブルーカラーレンズ、パープルカラーレンズが数百円で販売されていますので、お好みでカラーを選択できるのはナイスです。
    Picture 2206_R


    iPhoneとサイズを比較したら
    画像で見ていたら大きく見えますが、ミニスポットライトですからiPhoneとサイズを比較したらこの程度ですよ!
    Picture 2208_R


    カラーフィルターを外した状態
    レッドカラーレンズを外してみました。くるくると軽く回すと簡単に外れるカラーレンズです。この状態だとホワイトLEDになりカラーレンズよりかなり輝度があります。
    Picture 2211_R


    マグネットタイプの台座を採用
    マグネットタイプの台座を採用されているのが非常に便利です。スチール製のPCケースならどこでも設置できますので、トップやサイドにも好みの場所に設置できます。ただし台座の50㎜×50㎜のサイズが要注意です。
    Picture 2217_R


    付属品
    付属品は台座用両面シール、台座用ネジ留金属プレート、台座用スポンジシール、ネジとなっています。基本マグネットを利用して使うことが多いと思いますので付属品は使わないかもしれません。
    Picture 2220_R


    ステップ調光のコントロールユニット
    コントロールユニットでON/OFFはもちろん、明るさを50%、100%の選択が可能です。個人的には2段階だけでなくLEDイルミナシオンのように細かく調節できれば更に良かったかなと思いますが・・・
    なおUSBから給電しますので、PCをシャットダウンしても電源をOFFにしていないと、PCDIY-SPOTLIGHT-BKは消灯できませんのでご注意ください。
    Picture 2231_R


    この部分の明るさに不満がありました!
    周辺はかなり明るいケース内ですが、トップファンがLEDファンでなければこんな状態です。ゲーミングPCとしてのスペックには全く関係ない箇所ですが、見た目重視の私には凄く気になっていた点でした。
    Picture 2225_R


    LEDイルミナシオン
    これがあればPCケース内の飾り付けは問題ないと思います。明度やLEDカラーも19カラーから選べますし、個人的にお気に入りの LEDイルミナシオン です。この手の製品は基本ペリフェラル4ピンコネクタから給電するパターンですから、配線がやや難点なのがマイナス点でしたが、PCDIY-SPOTLIGHT-BKはUSBコネクタ接続というのが使いやすそうですね!
    Picture 13_R


    LEDイルミナシオンをトップに設置
    LEDイルミナシオンをトップに設置しても、マザーボードのCPU周りは明るさがない状態です。140㎜の強力なLEDファンがあれば解決できるのですが、Nepton 280L付属の強力なファンを超えるようなものがないんですよね!
    Picture 2223_R


    ステップ調光50%で照射
    レッドカラーレンズを外して、ステップ調光のコントロールユニットを50%にしています。これだけでもかなりピンポイントに明るくすることが可能です。
    Picture 2252_R


    ステップ調光100%で照射
    次はステップ調光のコントロールユニットを100%にしています。眩しく感じるほどの明るさを実現できます。
    Picture 2255_R


    レッドカラーレンズ100%で照射
    レッドカラーレンズを付けるとこんな感じで、考えていた通りにCPU周りをピンポイントで明るくしてくれます。カラーフィルターで多彩にライトアップできるのがナイスです。
    Picture 2233_R


    リアに固定したステーに取付け
    今回はグラフィックカード冷却用に設置している200㎜ファンを固定しているステーに固定することにしました。リア側にネジ留めしていますのでこんな空間にも設置できました。マグネットが意外と強力ですからずれることもなくいい感じですよ!
    Picture 2240_R


    USBケーブルの配線
    200㎝あるUSBケーブルは取り回しが容易になります。リアの140㎜ファンに沿わせるようにトップ側に持っていきます。
    Picture 2242_R


    水冷ホース用のグロメットを活用
    最終的には水冷ホース用のグロメットからケース外部に持っていきます。
    Picture 2245_R


    余ったUSBケーブル
    1m以上のケーブルが余りますので結束テープできれいにまとめておきます。コントローラーだけは操作しやすいようにすればOKです。
    Picture 2248_R


    レッドカラーレンズ50%で照射
    このくらいの明るさがいいですね!今まで暗かったCPU周りが赤く照射され、思い通りの演出ができました。
    Picture 2260_R


    LEDイルミナシオン との共演
    LEDイルミナシオンも設置していますので、こちらもレッドLEDを選択したらこんな感じになりました。Fatal1ty Z170 GAMING K6のヒートシンクがはっきり見えますね!
    Picture 2264_R


    設置後のメイン機
    サイドパネルを閉めたら完成です。Nepton 280Lの水冷ヘッドがかなり赤く光っています。近くで見たらCooler Masterのロゴが幻想的にライトアップされています。
    Picture 2268_R


    今回は当初の計画通り、マザーボード(CPU周り)を明るく照射でき非常に満足できる演出ができました。光り物好きの自作erに徐々に人気になりそうな予感がします。マグネットで固定できる点であらゆる場所に設置可能になり、PCケースの好きな場所につけられるのがいいですね!
    オプションのカラーフィルターでグリーン・パープル・ブルーにも変化できますし、狙った場所をピンポイントでライトアップできるPCDIY-SPOTLIGHT-BKはお勧めですよ(^^)/




    リンクス×HOBBYLightコラボモデル PCDIY-SPOTLIGHT-BK
    PCケース内部用USB型ミニスポットライト (ブラック)



    サイズ PCケース装飾用LEDアクセサリ LEDイルミナシオン
    発色切替リモコン付属 LED ILLUMINACION



    2015/10/06 Tue. 09:00 | trackback: 0 | comment: 6edit