09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    サブ機も4770Kに換装! 

    P280-MW Window機を4770Kに換装
    メイン機のガンダム1号機は、Fatal1ty Z87 Professional+4770K、サブ機のP280-MW Window機はZ87 Extreme4+4670Kで使ってきましたが、前回H100i用の冷却ファンをT.B.VEGAS QUAD 12cmに換装して、ケース内もいい感じになってきたので、ガンダム1号機同様メインで使っていきたいので、4ヶ月間使ってきた4670Kから4770Kに交換することにしました。

    4670Kは4.5GHzにオーバークロックしていたので、通常使用時でもキビキビした動作でしたが、私自身の気持ちの中で、どうしても高性能な4770Kを使いたくなるということがありましたので、メイン機サブ機共に4770Kにすることにより、今まで以上にP280-MW Window機を多用していこうと思いポチってみました。


    2台目のCore i7 4770K
    メイン機が4.5GHzで常用しているので、今回もVcore1.270Vあたりで4.5GHzで常用できればいいのですが如何でしょうか?
    Picture 515_R


    オーバークロックの必要電圧を探っていく
    CPUを交換して、特にオーバークロックをしようとすると、その個体での必要電圧をチェックしていくのが非常に面倒です。この作業はVIDの最少電圧から少しずつ電圧を上げていき、ストレステストを行って安定する電圧を探し出すしか方法はありません。
    電圧の参考値はVIDをもとにしたり、マザーボードのAUTO設定での電圧も参考にします。
    Fatal1tyZ 87 Professional 4.4GHz AUTO CPU Override Voltage=1.270V
    Z87 Extreme4 4.4GHz AUTO CPU Override Voltage=1.300V
    ということで、同じASRockのZ87マザーボードでも設定が違いますし、CPUの個体差も考慮する必要があります。
    Fatal1tyZ 87 Professionalは4.5GHz、1.240Vで常用していますので、4770K自体も当たり石だったようで、更にOC耐性があるマザーボードなので、低電圧でも安定しています。

    まずは4.4GHzで1.240Vから始め、4.4GHzの安定Voltageと4.5GHzのVoltageを探っていきます。起動⇒CINEBENCH完走⇒OCCT5分の流れで0.005Vずつ上げていきます。最終的にOCCTが30分以上通ればOKとします。
    1.240V~1.250V  起動○  CINEBENCH ×
    1.255V~1.285V  起動○  CINEBENCH ○  OCCT ×
    1.290V~     起動○  CINEBENCH ○  OCCT ○
    ということで少しだけ電圧を盛って、新しい4770Kの4.4GHzは1.295Vで常用していきます。それにしても予想以上に電圧が必要で、少しショックですね!ハズレ石だったかも・・・

    次は4.5GHzですが4.4GHzで1.295Vですから、少なくとも1.320V以上は必要みたいです。
    1.295V~1.320V  起動○  CINEBENCH ○  OCCT ×
    1.325V~     起動○  CINEBENCH ○  OCCT ○
    ということで4.5GHzは1.325Vが必要です。ただし室温25.5℃でCINEBENCH時MAX80℃、OCCTは87℃と常用できるレベルではありませんでした。何ということでしょうか!マザーボードの差もあるし、CPU本体の個体差もありそうですし、簡易水冷がH110とH100iの違いもありますので(負荷時はH110が4~6℃低い)、しばらくは4.4GHzで安全運転でいきましょうか。


    Z87 Extreme4に4770K、4.4GHzで組んでみます
    Picture 510_R


    P280-MW Window機の構成 
    【M/B】ASRock Z87 Extreme4  
    【CPU】Intel Core i7-4770K (4670Kから換装)
    【RAM】AX3U2133XW4G10-2X
    【SSD】intel SSD330 120GB(OS用)
    【SSD】intel SSD330 60GB(ゲーム&アプリ用)
    【HDD】Seagate ST1000DM003(データ用)
    【HDD】Seagate ST500DM002 (地デジ録画用)
    【GPU】N660GTX Twin Frozr III OC
    【サウンド】PCIe Sound Blaster Z SB-Z
    【クーラー】Corsair H100i
    【PSU】SilverStone SST-ST75F-P

    Core i7 4770K本体
    Picture 518_R

    Picture 520_R


    Z87 Extreme4にセット
    一応マザーボードのピン折れや、曲りが無いか確認した上でセットしました。
    Picture 524_R


    グリスを塗ります!

    当初シルバーグリスAS-05を使いましたが、4.4GHzでVcore1.295VでOCCTを30分しましたが、83℃に達したので、急遽PROLIMATECH PK-3に変更しました。AS-05は塗りやすくていいのですが、確かに高負荷時は今いち使い物になりません。PK-3の方が3~5℃は下がりますので、熱伝導率11.2W/m-℃というのは伊達ではありませんね!
    Picture 528_R


    H100iをセットして完了!
    ガンダム1号機は簡易水冷最強のH110、P280-MW Window機はH100iです。OCCT等の高負荷時の差は圧倒的にH110が優れています。4~6℃違ってきますので、このレベルのOCをするのには、より信頼性のある簡易水冷を選んだ方がいいでしょうね!H100iが性能が悪いわけではないのですが、さすがにH110を使ってその威力を体験していると、ややH100iでも物足りなく感じるのは私だけ?
    Picture 530_R


    UEFIのメイン画面
    4770Kで認識しています。メモリは簡易水冷のホースがあるので、A2とB2のスロットに挿しています。
    UEFI メイン


    OC Tweaker画面でOC設定
    いつものようにAll CoreでCPU Ratioで44を指定しました。CPU Cache Ratioは40です。
    OcC Tweaker 44 1


    電圧設定画面
    CPU Vcore Voltage ModeはOverride Modeです。Voltageは1.295V、Cache Override Voltageもやや高めの1.255Vに設定しました。
    44GH OC Teaker1


    CPU-Z1.66.1
    4770Kの4.4GHzのCPU-Zです。久しぶりにVcore1.295Vと高めの設定にしています。あとは高負荷時のCPUの熱だけですね!
    CPU-Z166.png



    CINEBENCH R11.5 4770K 4.4GHz
    4770K 4.4GHzでCINEBENCH R11.5を走らせました。もう一つの個体で4.5GHzで10.00ptsをやや下回るスコアでしたが、今回は4.4GHzで9.57ptsと数字だけはいいですね!
    CINEBENCH 44GHZ 2


    CINEBENCH R11.5 4770K 4.5GHz
    ちなみにVcore1.325Vにて4.5GHzで確認しました。こちらは9.75ptsとやや低い数字になっています。電圧が高いとスコアも伸びませんね!ただ4.4GHzがいいスコアだったのでいいかな。
    CINEBENCH 45GHZ2


    CINEBENCH R15 4.4GHz
    CINEBENCH R15がアップされていたんですね!いつもお世話になっているオリエントブルーさんから情報をいただき早速実行してみました!
    CINE R15 44


    CINEBENCH R15 ガンダム1号機4.5GHz
    CINEBENCH R15もやはりガンダム1号機4.5GHzの方が上でしたね!グラボもCPUもまだまだメイン機はガンダム1号機かな・・・
    CINE.png


    OCCT時のHWINFO64
    念のため4.4GHzでOCCTを30分走らせました。Core Maxが79℃とぎりぎり80℃未満でした。OCCT中の室温は24.3℃とかなり過ごしやす気温になっていましたが、CPUはかなり高温になりました。
    HW INFO64 44


    CORSAIR LINK2でのファン設定
    CORSAIR LINK2 2


    P280-MW Windowのエアフロー
    P280-MW Windowのエアフローです。フロントはNoiseBlockerのNB-ELOOP B12-3、3.5インチベイはCORSAIRファンで吸気もガンガンしています。H100iは先日購入したT.B.VEGAS QUAD 12cmです。
    P280-MWW-5 2


    Super PI mod1.5 XS 4.4GHz
    Super PIで処理能力を確認。1Mで08.284sとまずまずの速度があります。この辺はさすがi7 4770Kと言えそうです。
    Superπ44 2


    Super PI mod1.5 XS 4.5GHz
    Superπ45


    MaxxMEM Previewでメモリ確認
    メモリはADATAのAX3U2133XW4G10-2Xを使っています。こちらもMaxxMEMでLatency Scoreを確認しました。48.7nsと高速での転送処理が期待できそうです。
    MaxxMEM 4770K2


    CrystalDiskMark3.0.2でSSD確認
    インテル330シリーズ、SSDSC2CT120A3K5のCrystal Disk Markです。Haswellのダイナミック ストレージ アクセラレータ効果で、まだまだ高速で動いています。次は新しいPLEXTOR M6シリーズに交換予定ですが、それまでは頑張ってもらわないと・・・
    CDM 4770K P280


    FF14 新生エオルゼア
    最高品質で1920×1080の設定で確認しました。N660GTXではスコア7000オーバーが限界ですね!N760GTXでは9000超えでしたので、かなり性能差を感じますが・・・
    FF14 44



    Windowsエクスペリエンス インデックスのスコア確認
    Windowsエクスペリエンス インデックスはCPUが7.7から7.8にアップしましたが、4770Kで7.9は無理ですので、オール7.9とはいきませんでした。残念ですが・・・
    Windows EI 4770K


    4770K×2で最速PC環境完成!
    これでガンダム1号機もP280-MW Window機も4770Kになり、最速環境が構築できました。4.4GHzと4.5GHzの差はありますが、これでサブ機と言っていたP280-MW Window機もメイン同様ハイスペックPCになりました!
    Picture 291_R



    今回新しく4770Kを追加購入しましたが、やはりマザーボードの違いでかなり電圧が変化するようです。OC耐性に強いと言われている、各メーカーのマザーボード上位機種であれば、高クロックも望めますが、さすがにASRockのZ87シリーズで、中堅クラスのZ87Extreme4ではFatal1ty Z87 Professional並みのオーバークロックは難しいみたいです。4770Kのオーバークロックはかなり高温になるという方が多かったのですが、今までFatal1tyでそのような印象がなかったので、今回初めて4770Kの敷居の高さを体験できました。
    これから冬場になり更に気温が下がってきたら、また4.5GHzあたりにチャレンジしそうな自分がちょっと怖いですが・・



    Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz 8Mキャッシュ LGA1150 Haswell UnLocked BX80646I74770K 【BOX】Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz 8Mキャッシュ LGA1150 Haswell
    UnLocked BX80646I7 4770K 【BOX】


    商品詳細を見る

    ASRock マザーボード 【HASWEL対応】 Z87 Extreme4ASRock マザーボード 【HASWEL対応】
    Z87 Extreme4


    商品詳細を見る

    Corsair 一体型水冷CPUクーラー CW-906009-WW (H100i)Corsair 一体型水冷CPUクーラー CW-906009-WW
    H100i


    商品詳細を見る

    サイズ PROLIMA TECH オーバークロック対応ハイエンドサーマルグリス PK-3サイズ PROLIMA TECH オーバークロック対応
    ハイエンドサーマルグリス
    PK-3


    商品詳細を見る
    関連記事
    2013/10/12 Sat. 22:53 | trackback: 0 | comment: 4edit

    コメント

    こんばんは!  海ザルMAXさん

    CPUのRevisionがC0になってますね。
    分からないですが 今はC2ではないのですかね?
    いや~サウンドカード光ってますなぁ

    多分その性格は私めの4770Kと同様ハズレっぽいですね
    4.4Ghzで1.33vくらい必要なので同じような感じですね。

    そうなんですよね~
    3770KがAUTOで5.0Ghzで平気で動いていたので
    私めもショックでした(笑)

    CPUZは現在1.661にUPされてます。
    CineBenchはR15にUPされてますよ。
    おためしあれ!

    新やまなかさん4770Kせっかく来た同志です。
    大事にしてやって下さいね。

    オリエントブルー #- | URL | 2013/10/13 00:39 * edit *

    はじめまして!!海ザルMAXさん

    初めてコメントさせて頂きます。


    数ヶ月前に自作を始めたばかりなので
    いつも参考に読ませて頂いてます。


    今回のスコアと自分のと比べて
    ぜんぜん自分の駄目じゃんって思っている次第です(汗)


    まだまだ、わからない所とか多くありますが
    今後もblog記事を読ませていただきます。




    ジン #- | URL | 2013/10/13 02:25 * edit *

    情報ありがとうございます!

    オリエントブルーさん ありがとうございます!

    > CPUのRevisionがC0になってますね。
    ガンダム1号機もRevisionがC0でした。ということは個体差かもですね(^-^)

    さっそくCPU-Z166.1とCINEBENCH R15をインストールしました。
    R15のことは全く知りませんでした。
    ブログにもスコアアップします。

    海ザルMAX #- | URL | 2013/10/13 07:37 * edit *

    コメントありがとうございます

    はじめまして! ジンさん

    コメントありがとうございます。
    ブログを再開されたんですね!

    こちらこそよろしくお願いします。


    海ザルMAX #- | URL | 2013/10/13 07:41 * edit *

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/105-2855e5ee
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)