09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    OC7 OverClock7を試してみる 

    Fatal1ty Z87 Professionalをサブ機に換装!
    ガンダム1号機のマザーボードをZ87 OC Formulaに換装して、しばらく休んでいたFatal1ty Z87 ProfessionalをP280-MW Window機に取付けします。CPUはもちろん4770Kですが、CPUクーラーをそのままENERMAXの簡易水冷ELC-LT120X-HPにするかCORSAIR H100iにするか悩んでいましたが、CPUを4.5GHzにOCをすると仮定したら、高負荷時の冷却性能はCORSAIR H100iが上ですから、今回はH100iを使うことにします。

    今までZ87 Extreme4では電圧の関係もあって4770Kも4.4GHzが限界でした。Fatal1ty Z87 ProfessionalだとVcoreも0.030Vくらい低めで設定できるので、4.5GHzで1.300V前後にできると思いますがいかがでしょうか?CPUも個体差があるので、サブ機用の4770Kしだいですが、恐らくマザーボードが替わればかなり性能を引き出せると思います。
    今回はH100iをせっかく取付するので、新しいグリスも試してみたいと思います。

    ELC-LT120X-HPはCONECO・NETの体験レビューの商品ですから、Z9Plus機に設置します。
    Z9Plusに入るかなと思いレイアウトを確認しましたが、シングルファンであれば設置OKでした。意外とラジエーターの大きさも大きくなく、ミドルクラスのZ9Plusに入るなんて、なかなかいいのではないでしょうか。こちらの方はLGA1150用の新しいCPUを購入しましたので、次回紹介します。

    Fatal1ty Z87 Professional&Core i7-4770K
    Picture 647_R


    P280-MW Window機の新しい構成
    【M/B】Fatal1ty Z87 Professional 
    【CPU】Intel Core i7-4770K 4.5GHz OC
    【RAM】AX3U2133XW4G10-2X
    【クーラー】Corsair H100i
    【GPU】N660GTX Twin Frozr III OC
    【SSD】intel SSD330 120GB
    【HDD】Seagate ST1000DM003
    【PSU】SilverStone SST-ST75F-P
    【CASE】P280-MW Window
    【OS】 Windows7 HP 64bit


    OC7 OverClock7
    超微粒子 人工ダイヤモンド使用
    20nmの超微細 人工ナノダイヤモンドパウダーを40%使用しています。超微細ダイヤモンドパウダーの優れた熱伝導率を利用し、CPUの熱をヒートシンクへ効率よく伝えます。
    Picture 652_R


    OC7本体
    熱伝導率/12.56W/m・k
    容量/約4g
    Picture 662_R


    OC7の使用説明書
    OC7はヘラで伸ばす塗り方でなく、9ヶ所に均等にグリスを出して、CPUクーラーのソケットをのせるだけでOKです。
    Picture 659_R


    高性能のグリス比較
    お気に入りのグリスPK-3を大きさ比較。4gと1.5gの差がありますので、シリンジの大きさもかなり違います。確かにPK-3は4回くらいしか使えませんのでOC7の容量は助かります。
    Picture 666_R


    1年間で使いきった5種類のグリス
    1年間でPK-3が1本、GC-EXTREMEが2本、AS-05が2本使いましたね!頻繁にCPUクーラーを付け替えしているので仕方ないですが、やっと最近いいグリスにたどり着きました。
    Picture 669_R


    小物入れの紹介
    いつもグリスを直している小物入れです。他にケース用ネジ入れ、ケーブル収納BOXなどがあります。
    Picture 672_R


    PK-3をきれいに拭き取り
    今まで使っていたPK-3をエタノールできれいに拭き取りします。Fatal1tyのゴールドコンデンサがカッコいいですね!
    Picture 674_R


    適当量のグリスを出してみる
    まずは実験で、OC7がどの位伸びていくかを確認したいので、適当に9ヶ所グリスを出してみました。すごく硬めのグリスでかなり力を入れないと出てきません。きれいにグリスを出すのはかなり至難の業かも・・・
    Picture 676_R


    グリスの広がる範囲を確認
    透明のアクリル板を使い、広がり具合を確認してみました。まずは軽く押さえて、一面に広がるかと思いましたが、意外と粘性があるので広がりませんね!
    Picture 679_R

    グリスの広がり方はCONECO・NETにて動画をアップしていますのでご覧ください!
    予想以上に冷えました!


    9ヶ所の量が不均衡だとムラが発生!
    少し強めに押してみました。量が少なかった箇所もありムラがあります。9ヶ所は中央に近いところに均等にした方が良さそうです。周辺に付けるとはみ出しますね。
    Picture 680_R


    アクリル板を外した状態
    まだ熱を加えてないので伸びていませんが、粘性の強さがあるから最初の9ヶ所にグリスが残っています。
    Picture 682_R


    ヘラで伸ばすのは至難の業
    ちなみにヘラで伸ばしてみましたが、全く伸びてくれません。PK-3も伸ばしにくいですが、OC7はそれ以上に難しいみたいです。
    Picture 683_R


    グリスを9ヶ所に均等に出してみる
    少し左よりになりましたがいい感じで出せました。やや多めに出した方が良さそうです!
    非電導性で電気的電導性はありませんので、少しはみ出しても問題ないかな?
    Picture 690_R


    銅ベースプレートが平行かを確認
    H100iのウォーターポンプをセットしました。確認のため銅ベースプレート側を撮影しましたが、きれいにセットできています。
    Picture 692_R


    OC7 OverClock7でのCINEBENCH R15
    CPU温度確認のためCINEBENCH R15を走らせました。4770K 4.5GHz Vcore1.295V(室温は18.6℃)
    Core#0  65℃
    Core#1  63℃
    Core#2  66℃ 
    Core#3  59℃
    OC7 CINEBEBCH R15


    PK-3でのCINEBENCH R15
    同じ条件でCINEBENCH R15を走らせました。4770K 4.5GHz Vcore1.295V(室温は19.3℃)
    Core#0  67℃
    Core#1  65℃
    Core#2  67℃ 
    Core#3  59℃
    CINEBENCH R15PK-3

    ちなみに4770K 4.5GHz Vcore1.295VではOCCTはエラーでしたね。Vcore1.310V必要なためCPU温度もMAX82℃でした。しばらくは4.4GHzで常用していくしかなさそうです。


    Fatal1ty Z87 Professionalをサブ機に換装!
    H100iの配線をきれいにまとめて完成です!やはりZ87 OC Formulaに比べたら電圧が必要で4.5GHzは無理でしたね!というかこの4700Kの個体差もかなりあるようです。Fatal1ty Z87 Professionalでもう1基の4770Kだと1.300Vあたりで4.5GHzが通っていましたので・・・
    Picture 478_R


    LEDが綺麗です!
    P280-MW Window機はLEDファンが多いので、ド派手な感じになっています。エナーマックスのLEDファンT.B.VEGAS QUAD 12cmがいい感じです!
    Picture 481_R


    今回OC7 OverClock7を使いましたが、性能的にはPK-3と同等と言えそうです。CINEBENCH R15では室温の差がありましたので、ややPK-3が高めでしたが、アイドル時の最低温度は逆にPK-3が低くなっています。
    個人的な意見になりますが、最近1年間で使ってきたグリス数種類で比較した場合
    OC7 = PK-3 > GC-EXTREME > AS-05という具合です。ただし塗りやすさは、まさにこの逆になりAS-05が一番伸ばしやすく塗りやすグリスです。




    JOUJYE ナノ・ダイアモンドサーマルグリス OC7JOUJYE ナノ・ダイアモンドサーマルグリス
    OC7


    商品詳細を見る


    サイズ PROLIMA TECH オーバークロック対応ハイエンドサーマルグリス PK-3サイズ PROLIMA TECH オーバークロック対応ハイエンドサーマルグリス
    PK-3


    商品詳細を見る
    関連記事
    2013/11/18 Mon. 13:00 | trackback: 0 | comment: 11edit

    コメント

    こんにちワン!

    新しいグリースGetしましたか
    GC-Extremeと同じように塗り難そうですね(笑)

    冷却効果はGoodのようで良かったですね。
    面倒くさがりやの私めは伸ばしやすいAS-05ばかりですね。

    ところで今度のエナの簡易水冷は分解画像見ましたが
    良さそうですよ。本命になりましたね。
        http://www.gdm.or.jp/review/2013/1118/49350

    最近電源が微妙に安定しないので欲しいですね600Wが
    ちょっと家庭が物入りでしたので金欠で今年は
    もうだめかもですが。

    グリース情報感謝! 体に気をつけて下さいね。

    オリエントブルー #- | URL | 2013/11/18 13:28 * edit *

    こんにちは!

    この簡易水冷 海ザルMAXさんのと同じやつですね 失礼しました(笑)
    寝ぼけてますね 病院通いで。ごめん!

    オリエントブルー #- | URL | 2013/11/18 13:36 * edit *

    Re: タイトルなし

    こんにちは オリエントブルーさん!

    OC7はGC-Extremeと同じようにまとわりつきますが、OC7の方が出しにくいし
    9ヶ所に出すだけで苦労しました(^^♪

    LIQTECH 120Xですか・・・
    体験レビュー品だから使わないといけないのですが、H100iやH110に
    慣れてしまったらダメですね。

    私もPLEXTOR SSDキャンペーンで頂いた賞金も使い果たしました(^_-)-☆

    海ザルMAX #- | URL | 2013/11/18 14:47 * edit *

    こんばんわ
    ブログの方覗いていただいていてありがとうございます
    (前コメした時にお礼を忘れてしまっていました)
    前回のファンといいグリスといいわかりやすい記事で助かります
    Q9550@3.4でH100なので冷えはいいのですがやはりベンチ等の数値みせてもらうと
    たかがグリスとか言えないくらいの差だ出るものですね
    今まであまりグリスやファンのスペックまでは気にしていなかったのですが・・・
    年明けの買い物が捗りそうです
    ファンコンの温度センサーはまだ見つかってませんがw

    せいばぁ #- | URL | 2013/11/18 20:59 * edit *

    (・∀・)ノシ

    私なら失敗しまくって、全部使い果たしそう(爆)

    グリスってハイエンドになるほど塗りにくい物なんすかね~?硬くて粘りがあるほうがいいのかな、

    私はいつもAS-05ばっか使ってましたので、他のグリスは塗りにくい事(笑)

    いつも参考になります(人´∀`)

    タニアン #- | URL | 2013/11/18 21:31 * edit *

    ありがとうございます

    こんばんわ!せいばぁさん

    高性能なH100なら、かなり冷えるのでグリスやファンも
    あまり気にしなくていいかもしれませんね(^^♪

    最近色んなグリスを試して、何となく使えそうな
    グリス達に巡り合えました。

    またよろしくです(^_-)-☆

    海ザルMAX #- | URL | 2013/11/18 21:57 * edit *

    コメントありがとうございます!

    タニアンさん こんばんわ!

    > グリスってハイエンドになるほど塗りにくい物なんすかね~?硬くて粘りがあるほうがいいのかな、
    PK-3にしてもOC7にしても冷えるのに、使いにくく塗りにくいグリスが多いですね(^^)/

    確かにAS-05が一番塗りやすですよ!
    私もブログで紹介してなかったら、恐らくAS-05だけ使うと思います(笑)


    海ザルMAX #- | URL | 2013/11/18 22:03 * edit *

    >透明のアクリル板を使い、広がり具合を確認してみました。

    これは凄いレビューです。

    凄い検証です。

    まるでDiscoveryチャンネルみたいな検証です。

    そこら辺の雑誌より解り易い。

    お見事です。

    流石レビュー王絶賛です。

    PC自作おいちゃんの・・・ #- | URL | 2013/11/18 23:24 * edit *

    コメントありがとうございます!

    PC自作おいちゃんの・・・さん コメントありがとうございます!

    どのくらいの量が必要かわからなかったので
    とりあえずアクリル板を使いました(^^♪

    凄いレビューとは・・・
    ちょっと褒めすぎですよ!
    ありがとうございます(^_-)-☆

    海ザルMAX #- | URL | 2013/11/19 07:33 * edit *

    海ザルMAXさん僕は粘度が高いグリスは、熱湯にチャック付のビニール袋入れ粘度を下げてから、塗ります。

    JOUJYE ナノ・ダイアモンドサーマルグリス OC7 JOUJYE ナノ・ダイアモンドサーマルグリス OC7は使った事が無いので解りませんが、一度ご試を。

    PC自作おいちゃんの・・・ #- | URL | 2013/11/19 07:59 * edit *

    Re: タイトルなし

    粘度が高いグリスは、熱湯にチャック付のビニール袋入れ粘度を下げてから、塗ります。

    なるほど!それは有効な使い方ですね。
    参考になります。情報感謝です。

    海ザルMAX #- | URL | 2013/11/19 08:47 * edit *

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/110-9b75f009
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)