07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    メモリ16Gの有効活用 

    WINDOWS7×64bitでメモリ8Gでも十分であるが、SSDの書き込みを軽減するためにRamPhantomEXを活用して、一時ファイルやキャッシュの管理をして安定した環境の構築を目指してきましたが、仮想リンクや仮想メモリをRamPhantomEXに設定しているため、よりフル活用することを目的に設定を10BGや12GBに設定し直し検証してみました。

    RamPhantomEX12GB
    12G.png

    RamPhantomEX10GB
    10G_20120617225810.png

    12GB設定の場合、多画面を開いてで高負荷状態になると徐々に物理メモリの空き容量が減少して、使用可能メモリがなくなる状態です。同様に10GB設定の場合は少々余裕がある程度でPCも不安定になることもありません。本来であれば8GB+8GBでRamPhantomEXも8GBが理想であると考えますが、仮想リンクと仮想メモリーの設定を多めにしているため10BGに変更してみました。(現在は12Gに設定)

    RamPhantomEX設定画面
    1_20120617232802.png

    RamPhantomEX現在の設定画面
    Ram0.png



    容量 ドライブレター設定画面  起動時RAMディスクを有効にする
    2_20120617232929.png

    高速再起動は保存のタイミング=WriteBack
    RAMディスク作成方法=高速作成
    バックアップ先=HDD SSDへの保存でもいいが書き込み回数を
    考慮してHDDに設定しています。
    3_20120617233038.png

    一時ファイル キャッシュのチェックを入れる
    4_20120617233138.png

    仮想リンクの設定(virtual link)
    5_20120617233228.png

    仮想メモリ設定
    7_20120618222246.png


    【CONECO ・NET商品レビュー】
    SSD導入後の必須アイテム




    関連記事
    2012/06/17 Sun. 23:58 | trackback: 0 | comment: 0edit

    コメント

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/12-39a4c920
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)