09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    Z97 OC FormulaをGet! 

    王者の風格 Z97 OC Formula
    ついに本命のZ97マザーボードが発売されたのでGetしてみました。言わずと知れたオーバークロックに特化したASRockのハイエンドマザーボードです。4790Kを用いてオーバークロックの世界記録樹立という「王者の風格」という言葉が似合う、まさにオーバークロックを楽しみたい方待望のZ97 OC Formulaです。

    Z87 OC Formulaよりひと回り小さいサイズATX規格になり、水冷キット等が省かれていますが、OC Formula 電源キットに代表されるように、 12 フェーズ CPU 電源設計、 4 フェーズメモリ電源設計、デジタル電源、Multiple Filter Cap、Jumbo Vなど定評がある電源周り、CPUとチップセット周りの冷却強化のために採用されたASRock スーパーアロイ、黄色(ゴールド)のXXL アルミニウム合金製ヒートシンクもオーバークロックの安定性を向上させています。

    今回メイン機のCORSAIR Air 540機で、i7 4790K+最強簡易水冷H110といういつものコンビで組んでみますが、4790Kをどのくらいクロックアップ出来るのか楽しみです。


    待望のZ97 OC FormulaをGet!
    Z97 OC Formulaは、Nick Shih氏の監修による作られたASRockのハイエンドマザーボードです。更にNick Shih氏のオーバークロックに適した要素が加えられた製品となっています。
    Z97 OC Formula 112


    Z97 OC Formula開封
    Z97 OC Formulaはマザーボードの規格がExtended ATXからATXに変更された分、パッケージもコンパクトになりました。
    Picture 720_R


    クイックインストールガイド、サポートディスク
    クイックインストールガイドは日本語ページもあります。サポートディスクは新規で組む時以外はほとんど使いません。ASRockのホームページのファイルダウンロードから必要なものだけをインストールします。
    Picture 724_R


    付属品
    付属品はZ97時代と同じく黒い巾着袋に入っています。
    ★ASRock フレキシブル SLI™ ブリッジコネクタケーブル
    ★I/Oパネル
    ★SATAフラットケーブル×4
    ★HDD セイバーケーブル
    Picture 723_R


    マザーボード本体
    見た目は何となくZ97 Extreme6をゴールドに変えたような感じです。今回のASRockはオーバークロックモデルは金色、スタンダードモデルは青色、ゲーミングモデルは赤色に統一されていい感じです。
    Picture 730_R


    CPU周りの電源設計は定評あり!
    OC Formula 電源キットである12 フェーズ CPU 電源設計はオーバークロックの安定性を確保しています。XXL アルミニウム合金製ゴールドヒートシンク、12K プラチナコンデンサは最低でも 12,000 時間の寿命とうたっています。
    Picture 733_R


    4 フェーズメモリ電源設計
    Z97 OC Formulaのもう一つの特徴は、4 フェーズメモリ電源設計だあります。メモリのオーバークロックもかなりしやすくなりそうです。DRAM スロット、およびPCIe x16 スロット内に15µ のゴールドコンタクトが採用されており、酸化保護が改善されています。
    Picture 738_R


    ATX12V コネクタ
    CPU用電源は8ピン×2とこちらもZ87 OC Formulaと同じですが、コネクタの配置が変わっています。

    Picture 742_R


    XXL アルミニウム合金製ヒートシンク
    特別に大型のアルミニウム合金製ヒートシンクで放熱性が大幅に向上しました。MOSFET とチップセットは低温で動作でき、マザーボードとシステムの安定性と信頼性が向上します。
    Picture 745_R


    背面IOパネル
    PS/2 マウス/キーボード ポート
    HDMI ポート
    SPDIF 光出力コネクタ ポート
    USB 2.0 ポート×4
    USB 3.0 ポート×4 (ASMedia ASM1074 hub) (静電気放電(ESD)保護に対応 (ASRock 完全スパイク保護))
    USB 3.0 ポート×2(Intel® Z97) (静電気放電(ESD)保護に対応 (ASRock 完全スパイク保護))
    RJ-45エリアネットワークポートおよびLEDインジケータ (ACT/LINK LEDおよびSPEED LED)
    CMOS クリアスイッチ
    HD オーディオジャック
    Picture 749_R


    M.2スロット
    ウルトラM.2スロットが無いのが残念ですが、将来的にはM.2 SSDも導入していきたいと思います。
    Picture 751_R


    マザー上にニック・シーのサインが
    ニック・シー(NickShih)のサインがマザーボード上にありました。私のプロフィールの画像がニック・シーです。
    Picture 754_R


    Killer E2200
    高品質メディアストリーミングなど、時間制限のあるユーザーデータグラムプロトコルベースのアプリケーション向けにネットワーク処理性能を高速化します。
    Picture 758_R


    オーディオはPurity Sound2
    サウンドは Realtek ALC1150 オーディオコーデックを搭載する 7.1 CH HD オーディオです。やや低音域が物足りないので今回はサウンドカードを使います。
    Picture 760_R


    高速OC、リセット&パワーボタン
    内蔵ラピッド OC ボタンを使って、システムの CPU レシオ、BCLK 周波数、または、CPU Vcore 電圧を手動で増減できます。上にあるのはPCIeオン/オフスイッチです。軽く動かすだけで PCIe スロットを有効にしたり無効にできます。
    Picture 767_R


    SATA&SATA Express コネクタ
    一番右側のSATAコネクタ上下がASMedia ASM1061のSATA3.0です。一番左がZ97の特徴であるSATA Express コネクタです。
    Picture 772_R


    メモリをセット
    メモリもゴールドのAX3U2600W4G11-DGVです。大型ヒートシンクとカラーリングもピッタリです!
    Picture 776_R


    CPUのピンを確認
    無いと思いますが一応ピンの状態を確認しておきます。ピン抜け等があればこの時点で発見しておきたいですね!
    Picture 779_R


    H110のバックプレートをセット
    今回は4790KをH110で強力冷却します。H110のバックプレートはマザーボードに両面テープで固定します。H100iやELC-LT120X-HPに比べたらすごく楽ちんです。
    Picture 780_R


    PC構成 Z97 OC Formula


    4790Kが届きました!
    マザーボードが先に届きCPUが後から届いたら何もできませんね!1日遅れで届いたi7 4790Kです。期待された発熱は4770Kとほぼ変わらずで難敵のようですがいかがでしょうか?
    Picture 786_R


    4790Kをセット
    Z97 OC Formulaに4790Kをセットします。これでメイン機が完成です!
    Picture 796_R


    H110で最強タッグ
    冷却のCPUクーラーはH110で決まりです。どのくらいクロックを上げられるか微妙ですが、最強簡易水冷で頑張ります!
    Picture 803_R


    遅くなりましたがdevil's canyonの組み合わせでまず1台目が完成しました。しばらく忙しくなかなかPCに触れませんが、ゆっくりオーバークロックを詰めていきたいと思います。次回Z97 OC FormulaのUEFIでのオーバークロック設定等をアップしていきたいと思います。


    Z97 Extreme6で試しに
    ちょっとトラブルがあったもので仮にZ97 Extreme6に4790Kを組んでオーバークロックしてみました。いやいやビックリしました。4790Kは凄くオーバークロックしやすいですね!4.6GHzや4.7GHzがいとも簡単に通ります。最初は4770Kの感覚で4.6GHz 1.260Vで起動しましたが、CINEBENCH R15もOK、4.7GHzは1.280Vで開始して、A-Tuningで0.050V刻みに下げていったら、1.230VまでCINEBENCH R15が通ります。さすがに1.225Vはアウトでしたので、4.7GHz 1.245Vで常用できそうです。温度もH100iで78℃がMaxですから、1.245VでいけそうですがOCCTだと1.265V~1.275Vあたりが必要かもしれません。
    CINE Extreme6 47 2


    4.7GHzの電圧設定です
    基本的な設定は4770Kと同じでOKです。Override Modeで、Vcore Override Voltageが1.245V、CPU Cache Voltageが1.225V、CPU Input Voltageが1.900V、LLCはLevel1ですんなりOKです。
    CINE Extreme6 47 A TUNING


    ちょっとZ97 OC Formulaの初期不良があり落ち込んでいましたが、4790Kのオーバークロック耐性はかなりのものですね!感動というか熱的な問題はありそうですが、殻割りなしでH100iなら4.6GHzは余裕です。4.7GHzが微妙なラインのようです。恐らくH110なら4.7GHzでも何ら問題ないレベルのようです。
    4.8GHz以上は必ず殻割りしてからの常用というのが必須になると思われます。ベンチマーク等の短期の設定なら4.9GHz1.380VあたりまではOKかもしれませんが・・・
    基本4770Kを使っていた方は、同じ構成でCPUだけ交換されるのであれば、4770Kプラス200MHzのクロックが基本になりそうです。私の場合はメイン機のAir 540機(H110)は4770K 4.5GHzで常用していましたので4.7GHz、ガンダム1号機(H100i)は4.4GHzで常用していましたので4.6GHzで使うのがいいように感じます。




    ASRock Z97 OC Formula Z97チップセット搭載ATXマザーボード オーバークロックに特化ASRock Z97 OC Formula 
    Z97チップセット搭載ATXマザーボード 
    オーバークロックに特化


    商品詳細を見る


    i7-4790K(Devil's Canyon 4.00GHz) LGA1150i7-4790K
    (Devil's Canyon 4.00GHz) LGA1150


    商品詳細を見る


    CORSAIR 水冷一体型クーラー CW-9060014-WW(H110)CORSAIR 水冷一体型クーラー CW-9060014-WW
    H110


    商品詳細を見る


    関連記事
    2014/06/29 Sun. 10:06 | trackback: 0 | comment: 9edit

    コメント

    苦戦中

    海ザルMAXさん
    おはよーございます

    OC Fomulaの高速OC、リセット&パワーボタンは良いですね~
    子供用とか言って結局占領してつかっている現状M OC Fomuraじゃなくても良かったな@@とちょっぴり後悔してます。

    OCの方はどうですか?
    平日休みで時間が取れず設定が詰められてないのですが
    自分の方はZALMAN Reserator3 MAXで
    4.7GHz 1.23vでOCCT90度オーバーで終了です;;
    1.21vだと熱オーバーの前に青画面になっちゃうのでこの辺の限界を超えさすのは殻割りしかなさそうな状況ですね

    H110だとどうなるか報告楽しみにしています

    hideちゃん #- | URL | 2014/06/29 11:26 * edit *

    hideちゃんさん おはよーございます

    > OC Fomulaの高速OC、リセット&パワーボタンは良いですね~
    昨日組んで起動したらPCI-Eが動作せず、初期不良でまた送り返しです。
    ただExtreme6のドライバが入っていたのでオンボードでつないで
    使っていましたが、オーバークロックの検証する間もなく外しました(笑

    > 4.7GHz 1.23vでOCCT90度オーバーで終了です;;
    私もまだ検証していませんが皆さん情報からして、Max4.7GHzが
    常用の限界と思います。H110を持ってしてもその程度かと…

    あまりのショックでZ97Extreme6に付けるのも面倒だし
    OC Formulaが戻ってくる週末?までおとなしくしておきます。

    海ザルMAX #- | URL | 2014/06/29 11:45 * edit *

    お久しぶりです(`・ω・´)ゞ

    Z97 OC Formulaとはいいですね~
    個人的にOC ボタンがすごく魅力的です!

    自分もOC目的で買おうか悩んでいるので今後の記事にも期待しています
    |ョ´ェ`*)チラッ

    ネメシス #- | URL | 2014/06/29 12:10 * edit *

    お久しぶりです!

    > 個人的にOC ボタンがすごく魅力的です!
    Z87OC Formulaはメモリの横にあったので使いにくかったけど
    今回は良さげですね。と言うかすぐに飽きて使わなくなりますが…

    > 自分もOC目的で買おうか悩んでいるので今後の記事にも期待しています
    ちょっとトラブル発生中につき、ぼちぼちしていきます。
    またよろしくです!

    海ザルMAX #- | URL | 2014/06/29 12:36 * edit *

    こんばんワン!    海ザルMAXさん

    はやく OC Formula 戻ってくると良いですね。

    ひとつご連絡を
    Z97には IRSTは附属のはSSDに不都合が出ました。
    4KやQD32がUSB2.0のメモリより ダウンしました(笑)

    夏のひかりさん情報の13.1.0.1058で生き返りました!
    ご注意を!

    ご連絡まで 4.7GHzで暴走しないように では では ∠(^_^)

    #- | URL | 2014/06/30 02:09 * edit *

    おはようございます オリエントブルーさん

    > はやく OC Formula 戻ってくると良いですね。
    Extreme6でも遊べそうです。4.8GHzからは一気に電圧が必要になるし
    4.7GHzまでの常用がいいような感じですね?

    > Z97には IRSTは附属のはSSDに不都合が出ました。
    そうなんですね!情報ありがとうございます。



    海ザルMAX #- | URL | 2014/06/30 07:23 * edit *

    ★御褒美★

    御褒美で奮発して、こぼさんのススメもあり
    ウチにも、OCフォーミュラさんがやってきました

    ・・・MSIと違い過ぎて、設定よく分かんない~
    ASROCKの設定参考にさせて頂きます♪

    とりあえず、深夜0時開始で4時間半かかって交換完了
    クーラー交換が、マザーをケースに入れてからしか付けれない魔改造なので大変、3回目で慣れましたが・・
    OS認証までやって、力尽き
    win8.1は優秀ですね、クリーンインストでなくても普通に動く
    翌日また0時から2時間で、基本機能やらの設定をしました


    HDDセーバーと、除湿ファン回しと、防水加工は
    僕の環境的には大変助かりますね・・

    屋内で、屋内とPCケース内に温度差を発生させてしまう
    ダクトシステムによる屋外外気導入冷却なので
    マージンの為にも防水加工は助かる

    ダクトの構造上、未使用時も、マンションの24時間換気のせいで
    少し外気を引き込んでしまうので
    除湿ファンで時折排気させれるので助かる♪

    オーバークロックで、ブルスク食らい過ぎて
    HDDが1台死亡したっぽいので、普段外したいのですが
    他のリムーバブル化では、コネクタによる信号劣化で
    HDDのデータが壊れたり死んだりする事例もあり使いたくないですが
    HDDセーバーでは信号劣化無く
    OCテスト中は、win上から切り離せますのでベスト過ぎる

    asrockさん、かゆいところに手が届きすぎて怖いですw

    OCはこれからですが
    電圧安定ですし、メモリも回るっぽいので楽しみです♪

    まつ王 #- | URL | 2015/03/16 17:32 * edit *

    Re: ★御褒美★

    まつ王さん こんばんは!

    > ウチにも、OCフォーミュラさんがやってきました
    ASRock Zシリーズの最高峰にいきましたか(^^♪
    私は逆にMSIの設定がわからないかも・・・

    > 電圧安定ですし、メモリも回るっぽいので楽しみです♪
    OC FormulaならメモリのOCもやりがいがありそうですね!

    そういえばニック・シーのOCプロファイルみましたか?
    液体窒素なら可能でしょうが、あんな設定で一度は
    起動したりオーバークロックしてみたいですね(^^)/


    海ザルMAX #- | URL | 2015/03/16 21:55 * edit *

    ぜんぜんちがうーw

    ちょっと回してみましたぁ

    全然違いますw
    やはり、低い電圧で回りますね~
    ざっくり0.03~0.04vくらい低い感じ

    電圧もビシーっと動きませんし


    ニック氏プロファイル・・・・6.0g・・・・ワケワカンナイヨ

    しかし、このOCフォーミュラ

    EXTRIME系より、各段に、チップ数が多いですね・・・
    ほとんど隙間なく何かのチップやコンデンサがある感じ

    電源回りにタンタルコンデンサっぽいのが追加してますし

    PCI_exにも、固体コンデンサが追加

    vrmにヒートパイプ追加
    ヒートシンクの形状も、違いますね

    EXTRIME4の2倍の金額ですけど
    その分の金はキッチリかけてる感じがします

    宣伝してないのが惜しいくらいです・・・


    とりあえず、CPUを見極めてから、メモリ回してみたいですね
    基本部分が、海猿MAXさんのとも似てますし
    こぼさんも同じ組み合わせしてましたので、助かります

    後追いですと、おいしい期間が短い損もありますが
    データが出そろって、壊すリスクが減らせるので助かります

    ほんと先行者には感謝感謝であります

    まつ王 #- | URL | 2015/03/17 02:44 * edit *

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/140-41b5f426
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)