09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    夏はケース内の温度に注意! 

    エアフロー抜群のCORSAIR Air 540
    夏場はケース内の温度が本当に気になります。今年は異常気象で毎日雨続きで、昨年のように最高気温が35℃を超えるような日もなく、夜間も25℃以上の熱帯夜もほとんどない夏らしくない今年の7月・8月です。暑くない夏は自作erには有難いのですが、ついついオーバークロックに熱くなってしまいます。
    メイン機のCORSAIR Air 540ですが、先日4790Kを4.7GHzにクロックアップしましたし、グラフィックカードのR9 280X TDBDの排熱とサウンドカードの熱でケースボトムは意外と熱が溜まっている状態です。Air 540の狭いマザーボードストレージエリアには140㎜ファンが5基あるのですが・・・
    フロントからの吸気ファンを120㎜×3に変更しましたが、冷却効果は抜群でしたが何と言ってもENERMAX UCTVQ12Pが眩しすぎで、サイドパネルがフルアクリル板だと消灯後はちょっと眩しすぎて使えたものではありませんでした。1週間もしないうちにAF140 LED Quiet Edition×2に戻してしまいました。

    エアフローを簡単に強化するのはファンを増設するのが一番ですが、その分静音性はなくなりますので何かいい方法がないかなと思っていましたが、PCショップでふと目に留まったメッシュスロットカバーを使い排気強化していきます。


    Air 540機の排気を強化したい
    矢印の箇所の排熱をケース外に排出できれば、少しはケース内の温度も下がるのではないかと考えています。あまり気にしてなかったけど、Air 540のスロットカバーは意外と穴が小さく、排気は今一つのようです。
    Picture 903_R2


    Air 540のエアフローは負圧
    青色が吸気、赤色が排気ファンや通気口があります。このファンの構成なら間違いなく負圧になります。エアフロー重視のケースはほとんど負圧になり、拡張スロットの空きスロットや他の通気口から吸気する状態になっているみたいです。
    air540 エアフロー2

    正圧とは
    ケース内の気圧がケース外の気圧より高い状態で、吸気ファンのCFMの総計が排気ファンの総計より多ければ、正圧となります。正圧はケース内の空気の密度がケース外よりも高いので、余計な空気は、通気口やケースの隙間から排気されます。
    負圧とは
    ケース内の気圧がケース外の気圧より低い状態で、吸気ファンのCFMの総計が排気ファンの総計より少なければ、負圧となります。負圧はケース内の空気密度が低いので、不足した空気を吸気ファン以外の通気口や隙間から取り込むことになります。


    Ainex PA-010ME
    メッシュタイプなので内部の熱い空気の排出が可能ですが、もしかしたら負圧の関係でH110の冷却ファンが高回転で回っていたらメッシュから吸気されそうな予感が・・・
    Picture 869_R


    PA-010MEは3枚入り
    Picture 872_R


    変形しそうだけど意外と強い
    メッシュの構造なので簡単に変形しそうですが予想外に硬いですね!周辺のカット部分は指先を切りそうな感じですので、取り扱いはやや注意した方がよさそうです。
    Picture 877_R


    メッシュの大きさ確認!
    一面メッシュですが穴自体はかなり細かい形状です。埃の侵入はかなり防げそうなのはGoodです。
    Picture 879_R


    スロットカバー比較
    一番左からPA-010ME、PA-010SLA、Air 540の標準スロットカバー、P280-MW Windowの標準スロットカバー、GRoneの標準スロットカバーです。Air 540の標準スロットカバーが一番穴が狭いし通気性も悪そうです。
    Picture 884_R


    現状のスロットカバー
    現状のスロットカバーは穴が小さく排気は今一つのようです。ケースのスロットカバー左側に排気孔はいっぱいありますが、更に排気強化できればボトムも熱が溜まらないのではないかと・・・
    Picture 886_R


    ケースボトムの熱源
    一番下にHDD×2、サウンドカードにグラフィックカードとケースの下部は熱源がいっぱいです。
    Picture 888_R


    ケーストップの排気孔
    Air 540の特徴はケースの至るところに排気孔があります。この構造ではやはり正圧は難しいでしょうね!フロントの140㎜ファン×2はほとんどMaxで回転するようにしていますが・・・
    Picture 890_R


    PCの構成 Air 540機


    4790K 4.7GHzで常用中!
    この時期に4.7GHzとはかなり無理がありますが、1.265Vと電圧低めで何とか常用可能のようです。
    A TUNING OC Tweaker Air540

    System Info
    A-TuningでのSystem Infoで倍率や電圧を確認します。
    A TUNING Systeminfo Air540


    AMD Catalyst Control Center
    アイドル時のR9 280X TDBDのGPU温度やファン回転数を確認してみます。ほとんど負荷がかかっていないのに49℃ですね!R9 280X TDBDは冷却性能は問題ないのですが、かなりサイドから熱風が排出されますので、リアから強力に排気したいところです。
    Catalyst Air540


    GPU-Z 0.7.9
    ブーストクロック1080MHzですので、R9 280よりかなり性能アップしますが、かなり高温になるのでしょうね!
    GPU Z Air540

    GPU Z2 Air540


    CrystalDiskInfo 6.1.14 Shizuku Edition
    各ストレージの温度も確認していきます。SSDは裏側の電源ストレージエリアにありますが、こちら側には全くファンを設置していません。意外とSSDが一番高温だったりして・・・
    次はSSD冷却ファンが必要かもしれませんね!
    SSD CDInfo


    SEAGATE ST2000DM001も確認
    HDDはさほど高温にはなっていません。ケースボトムのHDDの下は完全に穴が開いていますので、熱が溜まりにくいのでしょうね!
    HDD1 CDInfo


    ST1000DM003は34℃
    高回転のシーゲートの割にはこちらも温度は問題ありません。
    HDD2 CDInfo


    HW Monitorで温度確認
    PA-010MEに交換してHW Monitorで温度確認しました。CPUやグラフィックカードも負荷を掛けていない状態で5分間様子をみてみました。室温29.3℃でしたので4790Kも47℃までしか上がっていません。ケース内もさほど高温になっていないようです。
    HWMoniter Air540


    PA-010MEに交換!
    CORSAIR Air 540の標準スロットカバーは先を挟んで止める形状になっているので、PA-010MEを強めに締め付けないと安定しないようです。BK塗装ですから締めすぎると塗装は剥げそうですが・・・
    これで全面メッシュになりましたので、吸気にしても排気にしても効果が上がりそうです。
    Picture 893_R


    一番下のスロットはPA-010SLA
    使っていないスロットが4か所ありますが、PA-010MEが3枚入りなので、一番下のスロットカバーはPA-010SLAを使用しています。
    Picture 895_R


    排気孔だらけのAir 540
    マザーボードストレージエリアも裏側の電源ストレージエリアも排気孔が多いAir 540です。これだけ排気孔があったらケース内が高温になることは皆無ですね!
    Picture 899_R


    LEDイルミナシオンで飾り付け
    フロントのENERMAX UCTVQ12Pを外したので少し寂しいケース内になったので、LEDイルミナシオンで気分によってLEDカラーを変更しています。明るさの調整もできるのがいいですね!
    Picture 901_R


    電源ストレージエリアに排気ファン設置
    高温だった電源ストレージエリアのSSDですが、排気ファン(Silent8)をリアに設置して少しでも排熱できるようにしました。41℃だったSSDが10分後には39℃とやや下がりましたが、直接ストレージに当てるファンではないのでこの程度でしょうか。80㎜ファンはケーストップからFST-MAG-Bで固定しています。排気孔に直接固定すれば80㎜×2も可能なようなので状況によっては増設しようかな!
    Picture 906_R



    スロットカバーでケース内の温度が変化するかは微妙ですが、Ainex.のPA-010MEがベストセラーで発売から7年以上愛用されているのは理由がありそうです。CPUのオーバークロックをしている方やゲーマーで長時間ゲームをしている人は、夏場のケース内の温度は非常に気になります。
    個人的にはケース内は正圧で使うのが好みです。よって吸気ファンを多く設置するか、吸気ファンを高速で回転させています。ただ簡易水冷H110の冷却ファンもかなり高回転で回していますので、現状のAir 540機は負圧の状態で使っています。
    今回のPA-010MEはグラフィックカード用の吸気孔の役目にもなりそうで期待しています。まあ10月くらいまでは皆さんもケース内の温度に注意しながら楽しいPC生活を送りましょう!



    アイネックス メッシュスロットカバー PA-010MEアイネックス メッシュスロットカバー
    PA-010ME


    商品詳細を見る


    AINEX スリット入りスロットカバー 黒 5枚入 ADV-106AAINEX スリット入りスロットカバー 黒 5枚入
    ADV-106A


    商品詳細を見る


    CORSAIR ケースファン  AF140 LED Quiet Edition CO-9050017-WLED (AF140-WQE)CORSAIR ケースファン
    AF140 LED Quiet Edition
    CO-9050017-WLED (AF140-WQE)


    商品詳細を見る
    関連記事
    2014/08/26 Tue. 17:18 | trackback: 0 | comment: 4edit

    コメント

    こんばんワン!

    確かに付属のスロットカバーでは排気がしんどそうですね。
    私めのは と確認するとメッシュに近い感じでしたね。

    そのオプションのスロットカバーは良いと思います。
    しかし ケース内配色もGoodですね。文句なし d(-_^)
    いや~いろいろ参考になります。

    最近はさわってないですねケース内は
    まさにほったらかし状態です。ファンだけは掃除しましたか。

    ところで
    玄関番さんが 優れものの足マッサージ機買ってましたね。
    あれ良いわ~欲しいね(笑)

    また
    オークさんは来月2日にX99のCPUにマザーにメモリの
    3点セット揃いますね~
    レビュは一番乗りになりそうですよ(笑)

    あなたも皆さんもがんばっておられますね。
    私めも LEDライトも ほぼ納得堪能しましたので
    次に向けてがんばります∠(^_^)

    オリエントブルー #- | URL | 2014/08/29 23:20 * edit *

    オリエントブルー おはようございます!

    > そのオプションのスロットカバーは良いと思います。
    これでリアはほとんどメッシュと排気孔だらけで、熱対策はばっちりです(^^♪

    > 玄関番さんが 優れものの足マッサージ機買ってましたね。
    PC触りながらマッサージとはなかなか優れものです。
    一度使えば病みつきになりそうです(^_-)-☆

    > オークさんは来月2日にX99のCPUにマザーにメモリの3点セット揃いますね~
    X99のレビュは一番乗りはオークさんみたいですね!
    X99は敷居が高いし本当にハイエンドPCになりそうで、
    オークさんのレビューを早く見たいですね!

    海ザルMAX #- | URL | 2014/08/30 07:34 * edit *

    こんにちわ!
    参考にさせて頂きましたが、ウチの環境だとカバー外しても排気がショボくグラボファンが明らかに邪魔しているようです。
    従って金がかかりますが(^^;;強制排気を取りたいと考えてますよ/ _ ;

    markerao #- | URL | 2014/09/12 10:39 * edit *

    markeraoさん こんにちは!

    > 従って金がかかりますが(^^;;強制排気を取りたいと考えてますよ/ _ ;
    強制排気ですか!グラボの排熱が無ければケース内も
    そんなに高温にならないのですが、markeraoさんの
    ハイエンドグラボは更に大変そうですね!

    海ザルMAX #- | URL | 2014/09/12 11:47 * edit *

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/150-78a7edeb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)