07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    人気の簡易水冷ラインナップ! 

    一番人気の簡易水冷は240㎜ラジエーター
    2年前に発売されたCorsair H100iですが、各社から同じ240㎜サイズの簡易水冷が発売される中、今でも人気No1の秘密は何なのか?
    やはりCorsairブランドの強さなのか、保証期間が安心の5年間だからなのか、専用ソフトウェアであるCorsair Linkの使い勝手がいいからなのか、いろんな要素もあり人気実力ともトップクラスの簡易水冷と言えそうです。

    基本H100iと同じサイズのラジエーターを採用している他社製品との冷却性能はほぼ同じと言えます。以前ラジエーターサイズが違う4タイプで温度比較をした時には、当然ラジエーターサイズに比例して3℃前後変化しましたが、サイズが同じであればあとはラジエーターの表面積の違いや冷却ファンの違いなど、各ブランドごとに個性を出していますが、最終的にはユーザーの好みで選ぶことになります。

    ハイエンド空冷CPUクーラーと比較すれば、やや240㎜タイプの簡易水冷が冷える程度てすが、ここ2年間でこのサイズの簡易水冷の需要が増えてきている一番の理由はその冷却性能がまずあげられますが、これらの簡易水冷が組めるPCケースが増えたことにあります。冷却性能が最強のH110クラスの280㎜ラジエーターは、かなりケースを選びますので使う方も限定されますが、240㎜ラジエーターは最近人気のキューブ型ケースにも対応するものが増えています。恐らくPCケースメーカーもこれらの簡易水冷が組めるよう設計を工夫していますし、小型キューブ型ケースでゲーミングマシーンを組んで、CPUやグラフィックカードのオーバークロックをするケースも増えていますので、これらの簡易水冷がシュアを伸ばしている一番の要因でしょうね!


    4タイプの簡易水冷
    360㎜は所持していませんが、他の4タイプの簡易水冷を使っていたので、ラジエーターサイズ別で温度比較をしたことがありました。私自身がここ数年は簡易水冷しか使っていないほどファンだったとは・・・
    Picture 1361_R


    タイプ別CPU温度比較
    Z87マザーボードの時に検証した結果です。CPUがi7 4770K、マザーボードがZ87 Professionalを使い、定格と4.5GHzでのアイドル時&CINEBENCH R15での最高温度を確認しています。なおCINEBENCH R15は連続で2回走らせています。
    120mmラジエーターのCWCH60とH100iでは定格での高負荷時が5℃、4.5GHzオーバークロック時が7℃の差がありました。
    4770K 定格

    4770K 45GHz


    オーバークロックスタンドを使用
    Z87 OC Formulaに付属していたオーバークロックスタンドを使用して検証しています。PCケース内だと検証時の温度ももう少し高かったかもしれません。検証は同じグリスやCPU、マザーボードを使い、グリスはOC7を使用しています。
    Picture 1371_R


    PCデスク上での検証
    完全にケースから出した状態で検証しています。さすがにH100iやH110の大型ラジエーターは置き場に困りました。
    なおこの検証の過去の記事「簡易水冷の性能比較」 はこちらから
    Picture 1124_R


    CORSAIR H100i
    美しい発光を演出するフルカラーLEDをポンプヘッドに搭載したH100iです。発売1年後くらいにウォーターチューブの改良版に変更され、更に安心して使えるようになりました。ファンの最高回転数は2700rpmありますが、さすがに2000rpm以上はかなりノイズが気になります。
    改良版の過去に記事「H100i ニューバージョン登場! 」はこちらから
    H100i.jpg


    ENERMAX ELC-LT240-HP
    こちらも人気のELC-LT240-HPです。冷却ファンは最大回転数の選択が可能な3つの回転範囲モード(サイレント・パフォーマンス・ターボ)の切り替えができるのがナイスです。この季節はパフォーマンスモードかサイレントモードで使えますし便利ですが、切り替えはファンをいったん外してからの作業になるのが気になります。
    ELC-LT240-HPの製品情報はこちらから ELC-LT240-HP1.jpg


    ELC-LT240-HPのラジエーターに注目!
    TDP300W対応とうたっていますが、ELC-LT240-HPのラジエーターに注目して下さい。防振ゴムパット装備ですし、何と言っても従来のラジエーターより140%増の接触面積は意外と冷却性がアップします。
    ELC-LT240-HP2.jpg


    Thermaltake Water 3.0 Extreme
    昨年4月に発売されたWater 3.0 Extremeです。こちらもCPU温度、クーラント温度、ポンプスピードのモニタリングができる専用ソフトウェアが付属しています。チューブが細めですから取り回しがしやすいのが良さげですし、ダブルカーブファンの白いブレードで見た目もいい感じです。
    Water 3.0 Extremeの製品情報はこちらから
    Water 30 Extreme


    SilverStone Tundra SST-TD02
    SilverStone Tundra SST-TD02は他のタイプと異なりラジエーターサイズが45㎜の厚みになっています。H100iやWater 3.0 Extremeの27㎜タイプと比べれば冷えそうですが、かなりケースを選ぶのが難点でしょうか。白色のチューブも個性的でSilverStoneらしいデザインになっています。
    Tundra SST-TD02も製品情報はこちらから
    SST-TD02.jpg


    COOLER MASTER Seidon 240M
    Seidon 240Mの特徴は、周囲と干渉しにくいポンプ内蔵の小型液冷ヘッドを採用したところです。ポンプの動作状態が分かりやすいブルー LED インジケーターも便利ですし見た目もGoodです。
    COOLER MASTER Seidon 240Mの製品情報はこちらから
    Seidon 240M


    DEEP COOL MAELSTROM 240
    DEEP COOLにはクーラントの流れが見えるCAPTAIN 240もあります。ウォーターブロックがかなり大きくなりますがかなり見た目はいいですね。MAELSTROM 240は他のタイプも同じウォーターブロックサイズになりますが、赤いファンブレードが個性的です。
    DEEP COOL MAELSTROM 240の製品情報はこちらから
    MAELSTROM 240


    ANTEC Kuhler H2O 1250
    ANTEC Kuhler H2O 1250はクーリングファンと一体化された2つの大型ポンプを採用しています。かなり冷却性能がありそうですが製造中止となっているのが残念です。
    ANTEC Kuhler H2O 1250の製品情報はこちらから
    Kuhler H2O 1250


    240mm簡易水冷比較


    LEPA AquaChanger 240
    特許技術CDPマイクロフィンを採用したAquaChanger 240ですが、近日中に発売されそうです。冷却ファンはインペラに凹凸をつけ静圧を高めたDual Convex Bladeを採用していますが、ウォーターブロックなど標準的なスタイルで価格次第という感じです。
    LEPA AquaChanger 240の製品情報はこちらから
    AquaChanger 240




    CORSAIR H110
    CORSAIR最強の簡易水冷といえばH110です。他の280㎜ラジエーターでも同じですが、取り付け可能なPCケースが限られるのが難点です。現在はCORSAIR Air540で使っていますが、その冷却性能はH100iを遥かに超えるパフォーマンスを見せてくれます。
    CORSAIR H110の製品情報はこちらから
    H110.jpg


    NZXT KRAKEN X61
    今年の7月に発売されたNZXT KRAKEN X61です。NZXTが開発した最新のMEETCAMを使用し、FANのスピード調整などPCの画面で確認できますし、iPhoneでも操作できる優れものです。ウォーターヘッドのLEDカラー変換機能もいいですね!
    NZXT KRAKEN X61の製品情報はこちらから
    KRAKEN X61 280mm


    COOLER MASTER Nepton 280L
    人気のCOOLER MASTERからも今年の7月にNepton 280Lが発売されました。強力なオリジナルポンプや曲げに強いFEP素材のチューブを採用しています。ファンも最大回転数2000rpmとKRAKEN X61と同等の新型JetFlo140ファンも強力です。
    COOLER MASTER Nepton 280Lの製品情報はこちらから
    Nepton 280L


    280mm簡易水冷比較


    280㎜ラジエータータイプの簡易水冷も徐々に新製品が発売され始めました。当然新しいものが進化していますし、保証期間も長く設定されているのがナイスです。
    簡易水冷最強は360㎜ラジエーターを採用した、Water 3.0 UltimateやCAPTAIN 360と言えそうですが、そこまでするなら本格水冷がいいかもしれません。あくまで簡易水冷はメンテナンスが楽でケースを選ばないのが人気の秘密ですから、これからもH100iをはじめとした240㎜ラジエーターを採用した簡易水冷を選ぶ方が増えてきそうです。


    H110はキューブ型のAir540機
    Picture 901_R

    ミドルタワーケースだと設置が難しいかもしれない簡易水冷ですが、120㎜ラジエーターの簡易水冷も視野に入れれば、ほとんどのケースで簡易水冷が使えるといってもいいかもしれません。空冷タイプと比べてらメモリやマザーボードのヒートシンクが冷やしにくいという難点もありますが、個人的にはフロントからガンガン吸気してマザーボードを冷やしたり、メモリクーラーを使っていますので、簡易水冷のエアフローの問題点を解決しています。


    H100iはフルタワーのGRone機
    Picture 68_R





    ENERMAX 水冷CPUクーラーLIQTECH ELC-LT240-HPENERMAX 水冷CPUクーラーLIQTECH
    ELC-LT240-HP


    商品詳細を見る


    Thermaltake Water 3.0 Extreme 水冷CPUクーラー 日本正規代理店品 IO1593 CLW0224Thermaltake Water 3.0 Extreme
    水冷CPUクーラー 日本正規代理店品 IO1593 CLW0224


    商品詳細を見る
    関連記事
    2014/11/19 Wed. 10:32 | trackback: 0 | comment: 5edit

    コメント

    おは~!   海ザルMAXさん

    H80iも改良交換品になってからホースも
    ホースパッキンも改良されてひび割れせず快調になりましたね。

    しかし
    これが今気になってます
      http://www.guru3d.com/news-story/enermax-launches-liqmax-ii-series.html
      http://bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=18193451/?lid=myp_notice_comm#18193644

    オリエントブルー #- | URL | 2014/11/22 11:04 * edit *

    おはようございます!オリエントブルーさん
    > H80iも改良交換品になってからホースも
    > ホースパッキンも改良されてひび割れせず快調になりましたね。
    私も今のところ問題なく使っています。

    エナのLIQMAX2ですか!
    ついにエナからも新製品が発売されますか。ファンが良さげで人気になりそうです。
    確かにオークさんが一番目にGetされそうですね。

    いつも情報ありがとうございます!

    海ザルMAX #- | URL | 2014/11/22 11:20 * edit *

    エナもLEPAもヘッドがでかいですねぇ
    新たな時代なのでしょうか?

    個人的にはポンプ=騒音振動場所なのでヘッドと分離して欲しいですけどねぇ
    コムで話がでたSwiftechのH240-Xが第一候補だったのですがメガネFANと干渉してしまうので断念
    中々簡易水冷には出会えないものですね

    皆さんのレビューに期待してます^^/

    markerao #- | URL | 2014/11/24 17:37 * edit *

    markeraoさん こんばんは!

    > エナもLEPAもヘッドがでかいですねぇ
    > 新たな時代なのでしょうか?
    どこのメーカーもヘッドが個性的になってきています。
    CAPTAIN 360みたいに、ヘッドがでかくて冷却水の流れが見えるのもナイスです。

    > コムで話がでたSwiftechのH240-Xが第一候補だったのですがメガネFANと干渉してしまうので断念
    > 中々簡易水冷には出会えないものですね
    私も360mmラジエーターが欲しいと思いながら決めきらないです。(笑)
    ハイエンド空冷も気になるし、欲しいものだらけですよ!

    海ザルMAX #- | URL | 2014/11/24 19:28 * edit *

    なるほどCAPTAIN 360でしたか
    あれは販売店しだいなところですかねぇ

    新作ハイエンド空冷も出てきましたねぇ
    ますます悩みの種でございますな^^
    円安が進む中、お互い良い物GETしていきましょう^^/

    markerao #- | URL | 2014/11/25 00:20 * edit *

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/160-70fbfca7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)