09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    Cooler Masterに注目! 

    Nepton 280Lで判るCooler Masterの本気度!
    自作PCでは各パーツを組み直すことがよくあり、交換したパーツが予想通りの性能なら満足できますが、ブログを書いていることもあり新しいパーツを人柱で選び検証することも多々あり、自分自身が思っていたより結果が出ないことも少なくありません。
    そういう中、前回のNepton 280Lは久々に満足できるクーラーで、Corsair H110を凌ぐ冷却性能でCooler Masterを代表するハイエンド水冷一体型クーラーと言える製品でした。
    Nepton 280Lは空冷のV8 GTSの発売当初から気になるCPUクーラーとしてかなり注目していました。前回ブログで紹介したNepton 280Lを実際ケースに搭載したり検証をしてみて、他社と比較して搭載可能なケースも多く取り扱いがしやすい、特にバックプレートの取付やすさ、さりげなく配慮された共振防止ラバーパット、曲げに強いFEP素材のチューブなど独自性もあり満足いくクーラーであり、個人的にはCooler Masterが今まで以上に好きなメーカーになりました。

    実はガンダム1号機と呼んでいるIn Wln GRoneを購入するときに、Cooler MasterのCM Storm Strykerと迷いに迷い、アクリルパネルが広いGRoneを選んだということがありました。今ではCM Storm Strykerの方が人気になっている状態で少し後悔しています。
    やはりCooler Masterと言えばPCケースとCPUクーラー、電源ユニットが有名ですし、ちょっと気になるパーツを紹介してみます。


    Nepton 280L
    280㎜ラジエーターの水冷一体型クーラー最強はこれで決まりでしょう!付属のJetFlo 140は800~2000 RPM で最大風量122.5 CFM とラジエーター冷却に最適化されています。1500rpm以上は風切音はやや気になりますが・・・
    Nepton 280Lの製品ページはこちらから
    Nepton280L2.jpg


    GRoneに換装後のNepton 280L
    エアフロー抜群のケースなら更に冷却性能がアップします。ケース内に140mmファン×9基、200mmファン×1です。ケース外にラジエーターを搭載しなくても十分冷えるケース内です。
    Picture 1834_R


    Cooler Masterレビューキャンペーン!
    QUOカード1万円券が当たるレビューキャンペーンが開催されています。先月も開催されていましたが、12月も継続しているみたいです。Cooler Masterの製品を価格.com・Coneco・Amazon・楽天・Yahooショッピング・ブログなどでレビューを書いて応募したらいいようです。応募フォームはこちらから
    jp_event1211_1920x490px.jpg

    <概要>
    ◆キャンペーン応募期間
    2014年12月15日(月)~2015年1月11日(日)
    ◆賞品
    抽選で5名様にクオカード1万円券


    気になるPCケース
    Cooler Masterと言えば人気のケースが非常に多いですね!フルタワーのHAFシリーズをはじめCOSMOCシリーズと一度これらのケースを使うと拡張性と冷却性でCooler Masterのファンになりそうです。今回個人的に気になるケースを紹介します。一度購入したら長く使うケースだけに信頼できるケース選びは大事ですね!

    CM Storm シリーズのフルタワー PC ケース
    Cooler MasterのGaming PCケースと言えばCM Storm Stryker ですね!価格comで有名な優雅な子猫さんも愛用されているケースです。白い上品な色合いです冷却性能抜群と言えそうです。今更ですがこのケースにしていたらと後悔しています。ちなみにケースサイズは250.0 x 605.6 x 578.5 mm と大型ケースです。
    CM Storm Strykerの製品ページはこちらから
    CM Storm Stryker2


    設置方向の変更可能な HDD ベイモジュールを搭載
    設置方向の変更を行える、ユニークで便利な HDD ベイモジュールを搭載しています。、HDD ベイモジュールには 120mm ファンを搭載可能で、HDDの熱を PCケース内に留まらせることなく外部に排出できます。
    CM Storm Stryker3


    高い拡張性のCM Storm Stryker
    XL-ATX や長さ 322mm までのビデオカードに対応しています。標準ファンも200mm ファン+140mm ファン+120mm ファン×2で冷却性能はかなりありそうです。CPU クーラーの高さは186mm まで 可能です。
    CM Storm Stryker1


    COSMOS SE
    大容量ストレージと大型ラジエータに対応。ハイエンドPCケースCOSMOSシリーズのミドルタワー型PCケースです。3.5インチベイ×8と録画サーバーなどHDDドライブを多数搭載したい方はこれか!
    COSMOS SEの製品ページはこちらから
    COSMOS SE1


    本体の上部に備える IO パネル
    USB 3.0×2、USB 2.0×2、ヘッドホン×1、マイク×1 を上部に搭載しています。COSMOS SEをPCデスクの上に置いた場合は操作がしにくそうですが、デスク下なら各インターフェースが分かりやすいです。
    COSMOS SE2


    最高 3 台の液冷ラジエーターを搭載可能な充実の液冷対応
    COSMOS SEは、ミドルタワー型ケースでは難しかった360mmサイズの大型水冷ラジエータをケース前面に搭載可能です。上面に最大280mm、背面に120mmの水冷ラジエータをそれぞれ搭載可能ですから、Nepton 280LもOKみたいですね!
    COSMOS SE3


    HAF XB EVO
    PCケースのトレンドはスーパーキューブ型であるのは間違いありません。HAF XB EVOやCorsair Air 540などが今後の主流になりますし、メンテナンスがしやすいこの手のケースを使うと、もうタワー型に戻れないかもしれませんね!
    HAF XB EVOの製品ページはこちらから
    HAF XB EVO1


    エアフロー抜群のHAF XB EVO
    前から後ろに空気を直線的に流す高効率なハイエアフローが可能で、天板・側板が外せるためどの方向からも手を入れて作業ができます。内部は二段に分かれており、下段が3.5/5.25インチベイ&電源ユニットの収納、上段はマザーボードという構造です。
    HAF XB EVO2


    ATX、microATX、Mini-ITX に対応
    ケースサイズは442 x 330 x 423mm (W x H x D)です。フロントの240㎜ラジエーター、リアに120㎜ラジエーターの簡易水冷も搭載可能です。5.25インチベイ×2、3.5インチベイ×4と拡張性もAir 540以上と言えそうです。
    HAF XB EVO3



    気になるCPUクーラー
    最近のCooler MasterはCPUクーラーが一番の注目ですね!最強水冷一体型クーラーのNepton 280L、空冷最強のV8 GTSと自作erのハートをつかんでいます。空冷のHyperシリーズも人気なものが多く発売されています。


    空冷最強のV8 GTS
    空冷最強と言えば、V8 GTS、SilverArrow IB-E Extreme、R1 ULTIMATEあたりでしょうか?いずれもヒートパイプ7~8本で140㎜ファンでかなりの冷却性能があります。自動車のエンジン風のルックスで魅せるCPUクーラーとしてはV8 GTSがNo1と言えそうです。スケルトンブラックの樹脂フレームには、4基の赤色LEDが配置されています。
    V8 GTSの製品ページはこちらから
    V8 GTS


    TDP 250Wまで対応可能な直径6mm×8本のヒートパイプ
    6mmヒートパイプは8本採用、全高166.5㎜と搭載可能なケースも意外と多いです。冷却ファンは140mm径ファン×2基でPWM制御に対応し、回転数を600~1,600rpmとかなり冷えそうな感じです。
    V8 GTS 1


    ベイパーチャンバーとヒートパイプを組み合わせた強力な冷却性能
    チャンバーとヒートパイプ、さらにトリプルタワーフィンで構成されています。ヒートシンクの中心寄りに140mmファンを配置したことで、メモリスロット上にヒートシンクが掛かりますが、それなりに高さのあるメモリを搭載できるます。
    V8 GTS 2


    Hyper D92
    今年11月に発売されたHyperシリーズのHyper D92です。コンパクトで強力なデュアルファンモデルで、92mmファン2基を対角線上に取り付ける設計になっています。ファンの回転数は800~2,800rpm ±10%、最大風量54.8CFMとなっています。
    Hyper D92の製品ページはこちらから
    Hyper HD92 1


    ファンクロスセットアップデザイン
    上から見たらユニークなフィン設計が分かりやすいですね!かなり変わった構造ですが、全高146.4㎜とミドルタワーケースにも搭載可能になっています。ケース内のエアフローが構築しやすいサイドフロー型のCPUクーラーで、この高さは魅力的です。
    Hyper HD92 3


    ダイレクトコンタクト・ヒートパイプ
    銅製ヒートパイプ4本が直接CPUに接するダイレクトコンタクト・ヒートパイプを採用しています。ファン固定用の樹脂製ブラケットには、ヒートシンク側に接する面に防振用のゴムが設けられています。LGA2011系ソケット対応というのもナイスです。
    Hyper HD92 2


    フルタワーケースなら余裕で搭載可能
    ケーストップに360㎜ラジエーターも搭載可能なケースですが、Nepton 280Lの冷却性能があれば280㎜ラジエーターでも十分でしょうか。予備機も含めて3台のPCはCPUクーラー高さも170㎜までは搭載できますし、このGRoneは最大206㎜と搭載できないクーラーはあり得ない状態です。当然V8 GTSも難なく取り付け可能です。
    Picture 1838_R



    Cooler Masterの本気度が分かる人気のCPUクーラーとPCケースということで紹介しましたが、独自性があるヒートシンク構造や強力な冷却性、スタイリッシュなPCケースと改めてCooler Masterの人気パーツを見てみると、その理由が分かるような気がします。
    今月も継続されているレビューキャンペーンを開催していますし、レビューを頑張ってQUOカード1万円券をGetしたいですね!ただ年末年始は休みもなく忙しいから、レビューを書く暇がないのでアップできるかは微妙ですが頑張らないと・・・




    Cooler Master V8GTS サイドフロー140mmPWMデュアルファン 日本正規代理店品 RR-V8VC-16PR-R1Cooler Master V8GTS
    サイドフロー140mmPWMデュアルファン 日本正規代理店品 RR-V8VC-16PR-R1


    商品詳細を見る


    CoolerMaster社製 ハイエアフローキューブタイプケース RC-902XB-KKN2-JP (HAF XB EVO)CoolerMaster社製 ハイエアフローキューブタイプケース
    RC-902XB-KKN2-JP
    HAF XB EVO


    商品詳細を見る


    CoolerMaster CM Storm Stryker フルタワー SGC5000WKWN1JPCoolerMaster CM Storm Stryker
    フルタワー SGC5000WKWN1JP


    商品詳細を見る
    関連記事
    2014/12/16 Tue. 01:31 | trackback: 0 | comment: 6edit

    コメント

    海ザルMAXさん、こんばんは!

    優雅な子猫さんが持っているストライカー、カッコイイですよね!
    自分もファントムの購入が遅ければ、こっちだったかもしれません。
    COSMOS SEもMODケースで有名なので、すごい気になります!

    キャンペーンですが、自分もV8 GTSで当たった時も期間中のレビューでなくても
    当選したので、12月2日にレビューしたNepton 280Lで充分、狙えますよ!
    海ザルMAXさんのレビューは、すごい丁寧で、よくわかりますので、太鼓判を押します!

    玄関番 #- | URL | 2014/12/17 18:12 * edit *

    玄関番さん、こんばんは!

    > 優雅な子猫さんが持っているストライカー、カッコイイですよね!
    私もCM Storm Strykerが最後まで候補だったので、今でも欲しいです(^_-)-☆
    Cooler Masterは意外とモデルチェンジもなく長く販売してるので
    これからもいいかもしれません。

    > COSMOS SEもMODケースで有名なので、すごい気になります!
    サイドパネルをアクリルにしたらいい感じになりそうですが
    不器用な私はちょっと無理かも・・・



    #- | URL | 2014/12/17 21:42 * edit *

    こんばんワン!   海ザルMAXさん

    やっぱり買ってはりましたわ(笑)
       http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000725980/SortID=18284828/#tab
    様子が見れそうです。

    私的に今年は余計なものを買い過ぎました(笑)
    気合を入れ直します。
    これからも良い情報宜しくお願い致します∠(^_^)

    オリエントブルー #- | URL | 2014/12/26 23:59 * edit *

    オリエントブルーさん こんばんは!

    > やっぱり買ってはりましたわ(笑)
    オークさんがやはりですか・・・
    エナおたくのオークさんというこで予想通りでしたね!(^^)!

    私も最近GTX960に合わせて買い控えしていましたが
    我慢出来ずに衝動買いを・・・(*^^)v

    海ザルMAX #- | URL | 2014/12/27 00:41 * edit *

    おは~!(^0^)ノ

    ムムムっ あなたもですか参ったな~
    あなたもレビュよろ∠(^_^)

    オリエントブルー #- | URL | 2014/12/27 08:06 * edit *

    オリエントブルーさん おはようございます!

    > あなたもレビュよろ∠(^_^)
    ちなみにオークさんのELC-LMR240-BSではないのですよ!
    前々から欲しいと思っていたものが値下がりしていたので・・・


    海ザルMAX #- | URL | 2014/12/27 08:36 * edit *

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/163-cc6c951a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)