09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    モニターアームを導入してみた! 

    4軸式フリーアングルモニターアーム「鉄腕」
    先日モニタースタンドを購入してPCデスクを整理しましたが、29インチのORION DNX29-3BPが傾きすら調整できず、トリプルディスプレイ環境で更に快適さを求めて、CEN-SRB-M003を購入してみました。
    CEN-SRB-M003は4軸式フリーアングルモニターアームですから、当然利便性はありますが、2軸式や3軸式のモニターアームよりスペースが必要になりますし、最初のセッティングがやや難しいですが、前後左右に自由に調整できる機能が試してみたくなり、いつもの病気で衝動買いしてみました。

    CEN-SRB-M003の製品ページはこちらから
    「鉄腕」シリーズは、4軸式のCEN-SRB-M003、3軸式のCEN-SRB-M002、2軸式のCEN-SRB-M001の3種類があります。耐重量が最大12kg(推奨8kg)、対応モニターサイズが27インチまでと、支柱の長さが400㎜あるのが最大のポイントです。27インチモニターの縦置きも可能ですしモニターの重量にもよりますが最大32インチまでは設置可能(27インチ以上は自己判断でお願いします)と思われる拡張性は最強のモニターアームと言えそうです。支柱の直径が34㎜とかなり大きい分、本体の重量はありますが、選んだ決め手はこの鉄腕と言うネーミングに偽りなしの安定性とピカイチの強度を確信したためです。


    CEN-SRB-M003
    パッケージは思っていたほど大きくありませんでした。モニタースタンド UNI-LCDSTDが予想以上に大きかったので、それなりのパッケージかなと考えていましたが、意外とコンパクトでしたね!
    Picture 1739_R


    CEN-SRB-M003の特徴
    Picture 1743_R


    CENSRBM003特徴


    CEN-SRB-M003の寸法図です
    CENSRBM003規格


    CEN-SRB-M003紹介動画



    CEN-SRB-M003開封
    きれいに収納されています。もう少し雑然と入っていると思っていましたがビックリ!
    Picture 1746_R


    取り付けマニュアル
    取り付けマニュアルは日本語で大まかな流れが記載してあります。
    取り付けマニュアルダウンロードページはこちらから
    Picture 1751_R


    付属品のねじ&六角レンチ類
    今まで色んなパーツを購入してきましたが、これだけきれいに分類されているねじ類は初めてです。六角レンチが4本あるのは驚きですが、これだけの種類があったら訳が分からないかもしれませんが、マニュアルにアルファベットで使用するものが記載してありますので非常に便利ですよ!
    Picture 1753_R


    支柱やクランプ&アーム
    画像では各アームを連結している金具が細くて大丈夫かなと思っていましたが、アーチ式の金具でしかも細くなる方に向けて付け根側に補強がしてありますので、かなりの強度がありそうです。各ケーブル類もこのアーチ式の金具の中を通して使うと綺麗に収納できます。
    Picture 1760_R


    クランプ部を仮留め
    PCデスクの奥かサイドにクランプを固定する予定ですので、先ずは手前で仮止めして固定具合を確認してみます。固定するデスクは30㎜以上ないといけないので、薄いデスクでは注意が必要です。厚みが薄いデスクは一番上の穴で固定して、通常は真ん中のねじ穴を使用します。
    Picture 1762_R


    支柱に固定する前に!
    支柱にこのアジャスター部分を入れようとしてもなかなか入りませんから、先ずはアーム部の中に入っている固定用のクッションをあらかじめ少し出して、広げ気味にしていると容易に挿入できますよ!
    Picture 1769_R


    支柱に固定
    固定用アジャスターを十分に締めます。この部分の締めが甘いと、ずれ下がったりこの部分から動いてしまうので、好みの固定がしにくくなりますので注意が必要です。
    Picture 1775_R


    仮留め完成
    Picture 1777_R


    デスクに仮留め
    Picture 1780_R



    VESAプレートを外す前に
    ディスプレイ側に取り付けするVESAプレートですが、外す前に大体の角度や固定位置を確認した上で外したらいいかもしれません。
    Picture 1781_R


    ディスプレイを固定します
    最後にVESAプレートをディスプレイにねじ留めして、アーム部分に固定したら終了です。今回は、Jに入っていた12㎜のねじを使い、10㎝の外側にVESAプレートを固定しました。
    Picture 1800_R


    支柱は最終的にサイドに固定
    最初は裏側に固定した支柱をサイドに移しました。ディスプレイを容易に動かせる位置を考えたら、この位置がベターのようでした。六角レンチは必要ですが、取り外しも簡単ですし環境に合わせて移動できるのは助かります。
    Picture 1788_R


    今までのレイアウト
    左側のORION DNX29-3BPがネックでした。一番使うのに自由に動かせないというストレスがありました。
    Picture 2070_R


    トリプルディスプレイにはアームは必須!
    スペース的に余裕があっても、さすがに3枚のディスプレイを使いやすいように向きを合わせるにはモニターアームは必須でしょうか。視野角の微調整ができることで、特に左端のORION DNX29-3BPはテレビと動画を常に流しているので、その使い勝手はかなり向上しました!
    Picture 1797_R


    CEN-SRB-M001を追加購入
    Picture 1826_R


    2軸式のCEN-SRB-M001
    Picture 1835_R


    支柱の長さは405㎜
    鉄腕シリーズの満足できるのに、この安定した支柱があります。軸の幅が34㎜、長さが405㎜と23インチディスプレイを縦置きも可能です。
    Picture 1864_R


    VESAプレートを固定
    組み立ての最後はVESAプレートをディスプレイに固定します。
    Picture 1862_R


    レイアウトは自由自在!
    中央のLG23インチディスプレイを、横置きで縦置きでも自由自在に変更できます。基本は横置きですが、気分を変えて2台を縦置きで使うのもいいかもしれません。
    Picture 1874_R

    Picture 1871_R



    夜間ベットに横になりテレビ&動画を視聴するのに、視線に合わせてディスプレイを調整するのが楽になり、今回のCEN-SRB-M003で思いのほか満足できました。2軸式や3軸式に比べれば設置後の操作性は容易ですが、その最終的な向きを考えて設置するのはやや難易度がありそうです。
    CEN-SRB-M003のレビューを見ていたら、アームの操作がぎこちないとありましたが、支柱側から2番目のアームが操作性の要になるかと思います。頻繁にディスプレイを前後に動かす方は少々慣れが必要かもしれませんが、シングルやデュアルディスプレイであれば、そこまで気にならないと思います。
    ディスプレイの両端を持って、手前に引いたり角度を変えることがメインですが、個人的にはスムーズに操作できる範囲内であり、使いやすさは満足しています。
    気になる点は、ディスプレイがやや水平方向に対して微妙に動きやすいのが気になるくらいです。29インチのORION DNX29-3BP(4.7㎏)が安定して使えるかが一番の心配事でしたので、その点は完全にクリアーできましたし、操作性は問題なしと言えそうです。




    センチュリー 4軸式フリーアングルモニターアーム「鉄腕」 CEN-SRB-M003センチュリー 4軸式フリーアングルモニターアーム「鉄腕」
    CEN-SRB-M003


    商品詳細を見る


    センチュリー 3軸式フリーアングルモニターアーム「鉄腕」 CEN-SRB-M002センチュリー 3軸式フリーアングルモニターアーム「鉄腕」
    CEN-SRB-M002


    商品詳細を見る


    センチュリー 2軸式フリーアングルモニターアーム「鉄腕」 CEN-SRB-M001センチュリー 2軸式フリーアングルモニターアーム「鉄腕」
    CEN-SRB-M001


    商品詳細を見る
    関連記事
    2015/03/26 Thu. 12:55 | trackback: 0 | comment: 0edit

    コメント

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/175-cdb2019d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)