03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    Z170A GAMING M7は最高だった! 

    ゲーミングマザーボードの機能満載!
    Z170シリーズの第二弾は、MSIのハイエンドマザーボードZ170A GAMING M7です。これはMSI製マザーボードの分類ではEnthusiast GAMINGに属していますので、特にゲームに熱狂している方にはお勧めで、Killer E2400チップを採用したLAN関係、Audio Boost3のオーディオ機能、ダイヤル操作でオーバークロック可能なGame Boost機能など嬉しい機能が満載です。MSIのグラフィックカードと組んで好みのゲームを楽しむのに最適ですし、ゲーム以外でも赤黒のオシャレなカラーで仕上がっていますので、LEDファンなどを活用して見た目重視の個性的なPCを作りたい方にも最適なマザーボードと言えそうです。

    Z170A GAMING M7導入にあたり、CPUは6700Kを持っていますので今回はCore i5-6600Kを、メモリは3200MHzのオーバークロックメモリCMK8GX4M2B3200C16Rを選び、ケースは一番お気に入りのCORSAIR Air 540に組んでいきたいと思います。
    今回はZ170A GAMING M7の本体の仕様を中心に紹介していきますが、数回に分けて付属している便利なソフトの紹介やオーバークロックの設定等をレビュー予定です。

    MSIコンピュータジャパンのZ170A GAMING M7の製品ページはこちらから


    Z170A GAMING M7
    Z170A GAMING M7のMはMASTER THE GAMEからMと付けてあるようです。ゲームを支配せよ!という事でこのマザーボードを使ってゲーミングPCを組んでみましょう。ちなみにZ170AのAはUSB3.1対応という意味ですよ!
    msi z170a gaming m71


    パッケージ裏面
    Z170A GAMING M7のパッケージ裏面にお勧め機能が記載してあります。Gen3×4のM.2も2基搭載されていますので、近い将来導入していきます。
    Picture 2394_R


    Z170A GAMING M7開封!
    本体がパッケージ上部に、付属品が下に収納してあるようです。画像で何度もZ170A GAMING M7を確認しているのに、何故かワクワクわくする瞬間です。
    Picture 2395_R


    付属品も充実しています!
    SATAケーブル×4にSLIブリッジ、バックパネルなど付属品も充実しています。こんなところまで赤黒で統一してあるこだわりはナイスです。
    Picture 1581_R


    Picture 1584_R


    Picture 2407_R


    Z170A GAMING M7マザーボード本体
    CPU周りやチップセットの大型ヒートシンクがいい感じです。I/Oバックパネル用にもArmorが搭載されました。見た目も最高ではないでしょうか!
    Picture 2409_R


    ストレージポート
    SATA 6Gbps×6、SATA Express×2とやや少なめかなと思いましたが、M.2もありますからだんだんSATA用ポートも減ってくるのでしょうね。
    Picture 2415_R


    メモリスロットは片ラッチ?
    いや違いますよ!片ラッチでなくて双方とも動きました。前回のZ170 GAMING K6が片ラッチで嫌だなと思つていただけに良かったです。メモリはDDR4 DIMM×4(最大64GB)、DDR4-3600(OC)対応です。今回のメモリはCORSAIRのCMK8GX4M2B3200C16を採用します。
    Picture 2418_R


    オーバークロック耐性も抜群のCPU電源周り
    CPUチョークはチタン製チョークを採用して、CPUのオーバークロック耐性を上げています。皆さんご存知と思いますがSkylakeでは統合電圧レギュレータが廃止されたためマザーボード側の電源回路が重要になりましたが、Z170A GAMING M7クラスだと安心ですね!
    チタン製チョークはチタンコアを使用し、温度特性に優れ高温に耐えることができます。220℃の高温化でも動作し、従来より40%多い電流容量を持ち、30%電力効率を改善できるみたいです。
    メモリ周辺の赤い回路パターンの印刷は、DDR4-BOOSTをアピールしたデザインで、これも個性的でMSIの拘りが分かります。
    Picture 2424_R


    個性的なデザインの大型ヒートシンク
    オーバークロックは熱との戦いになりますので、強力に冷却できる大型ヒートシンクは必須になります。個性的なデザインはMSIらしくいい感じです。
    Picture 2427_R


    I/O Armorがナイス!
    I/O Armorがあるとハイエンドモデルらしさがあります。電磁ノイズや静電気からコネクタを保護することもできますので機能面でも安心です。バックパネルに搭載されている各種コネクタは次の通りです。
    USB 3.1×2、USB 3.0×2、USB 2.0×3
    HDMI×2、DisplayPort×1
    PS/2×1
    ALC1150 HD Audio(8ch)
    オプティカル S/PDIFポート×1
    Killer E2400 ギガビットイーサネット×1
    Picture 2429_R


    取り外し可能I/O Armor
    取り外し可能I/O Armorでメンテナンスも楽になります。PCケースにセットする場合はいったんこのネジと六角ナットを外してスペーサーに固定します。その時だけがやや面倒でしたが、作業の中のひとつの工程と考えて下さい。
    Picture 2466_R


    オシャレなI/Oバックパネル
    最近塗装がしてないアルミがそのままの安っぽいバックパネルが多くなりましたが、このクラスになるとゲーミングシリーズらしい赤黒で仕上がっています。
    Picture 2469_R


    クッション付きで保護効果があります!
    保護用と思いますが、パネル裏側にクッションがついていますよ!これは素晴らしいです。埃の進入も防げるしナイスアイディアです。
    Picture 2470_R


    オーディオ&LAN
    オーディオ機能はAudio Boost3で、コーディックチップはSNR11dBのRealtek ALC1150を採用していますので、迫力あるサウンドが楽しめそうです。LAN関係は定番のKiller E2400チップを採用した1000BASE-TLANになっています。
    Picture 2435_R


    拡張スロット
    拡張スロットはZ170 Expressチップセットの仕様から、全てのスロットがGen3モードで動作するようになりました。拡張スロットは以下の通りです。
    PCI Express 3.0 x16スロット×3
    PCI Express 3.0 x1スロット×4
    Picture 2440_R


    金属シールド スチールアーマー
    銀色に見えているところが、半田で強固に装着している金属シールドのスチールアーマーです。これなら大型のグラフィックカードを使ってもズレにくくなりそうです。いわゆる基板の撓みも防止出来そうです。
    Picture 2453_R


    ボトムの各種コネクタ
    左下にあるデジタル表示が可能なDEBUG LEDがあります。2桁のDebug LEDにより簡単に検査ができますし、何より動作中はCPUパッケージの温度も表示するのはナイスです。
    Picture 2442_R


    EASY BUTTON 3&SLOW MODE
    オーバークロック検証するときに便利な機能、EASY BUTTON 3はいいですね!Slow Modeは、オーバークロック中で非常に高いCPU周波数のときのブート時の問題を解決できます。スイッチをひねって一時的にCPUの比率を保存された設定より低くし、確実にWindowsが起動するようにできます。6700Kも4.6GHzレベルでは必要ないでしょうが、ベンチマーク検証等で4.8GHz以上にするときは有効かもしれませんね!
    Picture 2445_R


    人気になりそうなZ170A GAMING M7
    Z170A GAMING M7の特徴を確認してきましたが如何でしょうか?個人的には最初からこちらのマザーボードにしておけば良かったなと感じています。オーバークロックをすることもあり、まずは使い慣れたASRockから始めましたが、Z170A GAMING M7はそのうえ行く機能満載で期待できそうです。
    Picture 2450_R


    CPUソケットの確認
    毎度のことですがCPUソケットは必ず画像を残してピン曲がりがないかをチェックします。Z97 OC Formulaで嫌な思いをしましたので、いつもより細かくチェック!
    Picture 2457_R


    Core i5-6600Kをセット!
    今回は新しく購入した6600Kで組むことにします。World of TanksをするためにGTX970 GAMING 4Gもこちらに移動しますが、6600Kも4.7GHz位まではオーバークロックできるかな?
    Picture 2458_R


    メモリはCMK8GX4M2B3200C16R
    DDR4メモリもSkylake発売後に異常なほどの品薄状態でしたが、最近の円高で価格もこなれてきましたし、ショップの在庫状況も徐々に改善されてきました。本当はCMK8GX4M2B3600C18が本命でしたが、まだまだこのクラスは髙過ぎでした。CMK8GX4M2B3200C16Rはコストパフォーマンスも良さそうで、Z170A GAMING M7に合わせてチョイスしました。
    Picture 2463_R


    準備完了!
    とりあえずCPUとメモリをセットして準備完了です。これに赤黒のGTX970 GAMING 4GをつければMSI風ゲーミングPCの完成です。
    Picture 2460_R


    MSIオリジナルのCPU-Z
    Z170A GAMINGM7のインストールCDの中に、MSIのCPU-Zがあったので試してみました。ドラゴンのCPU-Zもナイスです。
    Z170A GAMING M7 CPU Z


    HWiNFO64
    COMMANDO CENTERにあるGAME BOOSTから、ワンタッチでオーバークロックが可能です。とりあえず4.6GHz、1.400Vにて様子見します。
    6600K HWiNFO60


    WIN SCORE SHARE
    6600K Win Score


    Z170A GAMING M7換装後のケース内
    換装後のケース内です。マザーボードのいたるところにLEDが埋め込まれています。メモリのXMP有効が確認できるLEDもありますし、一番便利なのは左下にあるCPU温度がデジタル表示されることでしょうか。現在29℃と表示してありますが、これって見やすいし感動ものですよ!
    Picture 1939_R


    MSI年末年始大感謝祭!
    2016年1月18日(月)までの期間中、MSIのマザーボードやグラフィックカードの使用感を書いて応募したら、抽選で豪華賞品が当たるようですよ!キャンペーンの詳細はこちらから!
    MSI年末年始キャンペーン


    今回Z170A GAMING M7を紹介しましたが如何でしたか。個人的な評価はほぼ満点に近いと感じています。安定性やオーバークロック耐性の確認はこれから細かくチェックしていきますが、見た目もですが便利機能k満載のこのマザーボードですから、恐らくこのPCばかり使いそうな予感がします。
    次回は付属している便利なソフトの紹介やオーバークロックの設定等をレビュー予定です。




    MSI Z170A GAMINGM7 ATXマザーボード MB3465
    Z170A GAMINGM7




    MSI Z170A GAMINGM5 ATXマザーボード MB3466
    Z170A GAMINGM5



    MSI GTX 970 GAMING 4G グラフィックスボード VD5507
    GTX 970 GAMING 4G

    関連記事
    2015/11/02 Mon. 12:01 | trackback: 0 | comment: 4edit

    コメント

    こんにちワン!   海ザルMAXさん

    拝見 拝見 同志
    なかなかに安定で宜しゅうございます(*゚v゚*)

    応募されましたか
    あなたのレビュは詳細で いつも完璧 楽しみですね。
    応援してますよ~∠(^_^)

    オリエントブルー #- | URL | 2015/11/04 14:32 * edit *

    オリエントブルーさん こんにちは!

    > なかなかに安定で宜しゅうございます(*゚v゚*)
    MSIのマザーボードも使いやすくて満足しています。
    あれからこのPCしか使っていません…
    GAME Boostからワンタッチでオーバークロックも出来るし最高ですよ!

    6600Kが予想以上に電圧が必要で失敗したかなと思いましたが、
    4.6GHzでCINEBENCHも760cbありました。
    4690Kの4.8GHzよりスコアーが高かいので良かったです。

    海ザルMAX #- | URL | 2015/11/04 15:01 * edit *

    ちょうど6700kとMSIのマザーを購入しようかと迷っていたので
    非常に参考になりました!

    また次の製品のレビュー待っています!!

    Jeff #- | URL | 2015/11/11 02:13 * edit *

    Jeffさん コメントありがとうございます!

    > ちょうど6700kとMSIのマザーを購入しようかと迷っていたので
    6700Kも6600Kも快適に使っています。やはり新しい構成がいいです。

    数日前からSSDが不調で、換装していたので遅れましたが
    MSIの第二弾もアップしますので、また見てください。

    海ザルMAX #- | URL | 2015/11/11 08:41 * edit *

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/199-1c603b5b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)