09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    サイズKABUTO SCKBT-1000 VS 2000 

    今現在KABUTO SCKBT-1000を使っていますが、トップフロー型CPUクーラーでもトップクラスの冷却性があるのではないでしょうか。PCケースがZ9plusでトップにファンを2台設置しているので、サイドフロータイプでリアに排気を回す必要もないので、人気とコスパでKABUTO SCKBT-1000を愛用しています。

    兜弐(サイズKABUTO SCKBT-2000)発売!
    こういう記事を見てしまい、当然サイズKABUTO  SCKBT-1000を使っている人は気になりますよね!Z9plusを使っている人はZ11plusだったり、モデルチェンジなのか単なるマイナーチェンジなのか?当然モデルチェンジであれば買い替えする人が多くなりますし、マイナーチェンジであれば様子見になりますね!
    そこで簡単に1000VS2000の仕様比較をしてみました。

    サイズ KABUTOクーラー SCKBT-1000サイズ KABUTOクーラー SCKBT-1000
    (2009/04/22)
    サイズ

    商品詳細を見る


    サイズ KABUTO2 トップフローCPUクーラー 兜2 SCKBT-2000サイズ KABUTO2 トップフローCPUクーラー 兜2 SCKBT-2000
    (2012/08/10)
    サイズ

    商品詳細を見る

    SCKBT-1000は黒字でSCKBT-2000は赤字で表示しています。

    【サイズ】
    124×133×高さ132㎜
    132×140×厚さ130㎜

    【ファン回転数】
    0(+200)~1300rpm±10%
    0(+300)~1300rpm±10%

    【ノイズ・風量】
    0dBA/0CFM~26.5dBA/74.25CFM
    0dBA/0CFM~26.1dBA/73.39CFM

    【対応ソケット】
    intelソケット478/775/1155/1156/1366 AMDソケット754/939/940/AM2/AM2+/AM3
    intelソケット775/1155/1156/1366/2011 AMDソケットAM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2

    【ヒートパイプ】  
    6㎜径×6本      
    6㎜径×6本    

    【重量】
    730g
    695g

    SCKBT-2000がややサイズが大きくなっていますが、ほぼ同じといってもいいでしょう。
    ファンはKAZE-JYUNI 120mmファンから新設計の「隼120」120㎜ファンとノイズもCFMもほぼ同等です。いままでのKAZE-JYUNI 120mmファンも74.25CFMと120mmファンの中でもトップクラスの風量を誇っています。

    サイズ KAZE-JYUNI PWM SY1225SL12LM-Pサイズ KAZE-JYUNI PWM SY1225SL12LM-P
    (2009/10/21)
    サイズ

    商品詳細を見る


    サイズ オリジナル設計静音ファン 隼120PWM 1900rpm SY1225HB12SH-Pサイズ オリジナル設計静音ファン 隼120PWM 1900rpm SY1225HB12SH-P
    (2012/08/10)
    サイズ

    商品詳細を見る

    SCKBT-2000の一番の売りは【構造強化バー採用】でヒートシンク部の変形を防ぐところです。(CPUソケット方向に傾く、もしくは逆報告に反る)
    あと写真を見たらわかりますが、ファン固定用ワイヤーがSCKBT-1000より取り外しがしやすそうです(赤丸の部分)。これだったら指で軽く外せそうですね。
    個人的には涼しい時期はKAZE-JYUNIからLED静音ファンに換えていましたが、ワイヤーグリップが外しにくいといったらありませんでした。普通はあんまり外しませんよね!kabuto2-front.jpg
    とここまで見たらSCKBT-1000からのマイナチェンジと思っていいみたいですね。価格が¥4500前後と考えたらいますぐにSCKBT-2000に変更するかと言われたら・・・・
    ただしSCKBT-1000も2009年3月発売当時は¥4800くらいしてましたよ!今でこそ¥2500前後が最安値になっていますが、こうしてみたらまだまだSCKBT-1000も使えるCPUクーラーですね。


    コネコネットに投稿した 【サイズKABUTO SCKBT-1000 VS 2000】 レビュー




    関連記事
    2012/08/17 Fri. 20:57 | trackback: 0 | comment: 0edit

    コメント

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/25-7245fbb9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)