07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    ファンコントローラー  

    KAZE MASTER KM01-BK取り付け
    7月中旬に液晶が映らなくなり修理に出していたKM02-BKですが、あまりにも出来上がらないので購入店に確認TELをしてみました。メーカーに確認して折り返し連絡しますということ。
    週末だったこともあり二日後に連絡があり、代替え品で取替えしますということ。代替え品?ということはKM02-BKではなくなるということ?まあKM02-BKも新製品というこでもなく、どちらかといえばもうモデルチェンジ前のファンコンでもあるし仕方ないのかなとあきらめ気味で購入店に行きました。KM02-BKの代替え品といえば恐らく同じランクのKM01-BKあたりかなと思いながら入店しました。
    BINGO!やっぱりKM01-BKのようです。あえて代替えになった理由は聞きませんでしたが、こんなことなら2カ月間も待たなくてよかったような気がしますが・・・
    私がTELしなかったら半年くらい連絡もなかったかもしれませんね!まあ夏の暑い時期でしたから、あえてファンコンを使って回転数を絞る時期でもなかったのでご愛敬ということで、今後は注意してくださいね!

    帰ってきたファンコントローラー
    KM01-BKもKM02-BKもパッケージはほぼ同じのようです。フロントパネルのアルミパネルモデルかそうでないかの違いだけのようですね!KM02-BKの仕様を確認しようとサイズのホームページ見たら仕様概略にKM02-BKは【この製品は販売終了しました】と、そういうことか!
    KM01-BK1.jpg

    KM01-BK開封
    やっぱり中身はKM02-BKと全く同じですね。
    KM01-BK2.jpg

    付属品一覧
    温度センサー6本(予備2本)、ファンケーブル4本、電源ケーブル
    KM01-BK3.jpg

    KM01-BKの基板
    ヒートシンクもないし簡単構造ですね!こちらもKM02-BKと全く同じですね。
    KM01-BK4.jpg

    アラーム音ミュート(消音)機能搭載!
    ジャンパピン設定でアラーム時の音のみを消す設定が可能!
    ※注意:アラーム機能そのものは停止出来ません。
    KM01-BK5.jpg

    アラーム音オフ
    今回は赤丸のところピンを抜いて警告音がならないようにします。
    KM01-BK6.jpg

    パワーコネクタ
    白いコネクタに挿します。ファンコンは5インチベイに取り付ける前に各種コードを接続しないと後が大変ですよ!
    KM01-BK7.jpg

    電圧レギュレーターとファンケーブル
    コンデンサーの手前にある黒いのが電圧レギュレーターです。ファンを制御したらかなり高温になります。もしかして前のKM02-BKもこの高温が故障の原因だったかもしれませんね!今回は温度センサーをこの部分にも設置しました。
    KM01-BK8.jpg

    ケーブルの接続完了!
    このファンコンだけではありませんが、写真のようにケーブルの巻きグセをとりきれいに伸ばして結束しましょう!前回はすべてのケーブルをスパイダルチューブを用い結束しましたが今回は使いません。裏配線をするときに基盤側から整列させるのではなく、センサー部分や先のほうから場所決めを行いこちらの方へケーブルを引いてきます。
    KM01-BK9.jpg

    5インチベイに取り付け
    Z9PLUSのフロントパネルを外して5インチベイの一番上にセットします。3種類の機器のうちこのファンコンが一番高温になりそうでしたから、当然一番上にしてトップからガンガン熱気を排気していこうと考えています。
    KM01-BK10.jpg

    とりあえずパーツを外して
    サイドパネルを外して作業がしやすいようにします。今回新たに14㎝ファンを購入して更なる静音化を目指していきますので、正圧になるようにファンのローテーションもしてみます。
    KM01-BK11.jpg

    配線がぐちゃぐちゃに
    予想はしていましたが、やっぱりファンコンの配線は面倒だし難しいですね!今日はとりあえず使えるようにセットだけしておいて、後日裏配線をしていきたいと思います。
    KM01-BK12.jpg

    ファンコネクタの配線
    最終形ではありませんが、簡単にファンコン側のコネクタを整列させました。ケースとコネクタを両面テープで固定しました。何番のファンなのかがすぐにわかるように、番号順に配列させるとよりきれいになります。
    KM01-BK31.jpg


    取り付け完了!
    久々にファンコンの液晶を見ました。やっぱりきれいですね!
    KM01-BK13.jpg
    温度センサ(下段の数値左から)
    ①CPU裏面の温度
    ②マザーボードチップセットのヒートシンク
    ③ビデオカードのヒートシンク
    ④ファンコン電圧レギュレーター

    ①CPU裏面の温度
    KM01-BK15.jpg

    ②マザーボードチップセットのヒートシンク
    KM01-BK16.jpg

    ③ビデオカードのヒートシンク
    KM01-BK17.jpg

    ④ファンコン電圧レギュレーター
    KM01-BK18.jpg

    やっぱり④のレギュレーターがすぐに高温になります。ファンの回転数を絞ったら33℃から
    45℃変化しました。しかもほぼ80%くらい制御して10分使用したご覧の通り70℃オーバーの74.9℃になりました。レギュレーター表面に直接付けたら更に上昇してエラー点滅しましたので、恐らく測定可能温度100℃オーバーのようです!(決して直接指で触らないようにやけどしますよ)実験とはいえ制御の掛け過ぎは注意が必要であります。長時間の50%以上の制御はしないほうがいいだろうと自己判断しました。
    こちらも次回ヒートシンクを取り付けして、温度の変化を確認してみます。
    KM01-BK19.jpg

    アイネックスHM-19
    アルミニウムで熱暴走対策に最適ですよ!サイズ: W15×D15×H8mm 熱伝導テープも同封されていますので、今回のファンコン等につかえば少しは効果ありかな?
    KM01-BK22.jpg

    まずはレギュレーターに
    少しでも風通しがいいように向きを考えて貼りましょう!
    KM01-BK20.jpg

    これで基板も安心?
    本当は小型のファンがあれば冷却効果も倍増しそうですね!
    KM01-BK21.jpg

    ヒートシンク効果
    アイネックスHM-19を取り付け同じようにファンの制御をして温度測定!
    なんと11.2℃低下しました。安くて簡単なアイテムですがいい働きをしてくれます。通常はファンも50%以上回転数を落とすことはないですので、50~55℃の範囲内であれば熱による故障の心配も全くないので、これで安心して使えそうです。
    KM01-BK23.jpg


    試しにファンを取り付ける
    インテルのリテールクーラーを仮に取りつけ、レギュレーターの温度がどのように変化するか実験してみました。5インチべイのスペースを作るため、ファンコンやDVDディスクをひとつ下の段に取り付け、一番上のスペースを10㎝くらい確保します。
    KM01-BK24.jpg

    ヒートシンクを取り外し
    これがインテルのリテールクーラーについているいたヒートシンクです。
    KM01-BK25.jpg

    5インチベイに取り付け完了
    CPUクーラー用ですのでプッシュピンがちょっと変ですが、これが大いに役に立ちます。まずはファンコン周辺のケーブルがファンに巻き込まないようにこのピンがガードが役にたちます。それと固定の際に活用できました。
    なおインテルリテールクーラーは4ピンコネクターのため、ケーブルの接続にはCA-08PFを使い、こちらもファンコンで回転数の調整をします。
    KM01-BK26.jpg

    プッシュピンを固定
    ケースに固定するため結束バンドで絞め込みます。赤丸のようにケースの隙間に結束バンドを巻きつけます。
    KM01-BK27.jpg

    ケース外から見た様子
    今回は二か所だけの固定になりますが、以外と安定感があり、ガタガタと動く感じは全くなく、まるでネジで固定したような感じですよ!
    KM01-BK28.jpg

    素晴らしい!この温度は
    仮にファンを70%制御してファンコンの温度上昇を確認します。そのまま使用したら74.9度、ヒートシンクを取り付け後63.7度、なんと小型ファンをつけたら33.3度ですよ。ヒートシンク取り付け後から30度以上下がりましたよ!これでファンコンをかなり制御しても問題なく使えます。回転数を50%以上落としても何ら問題なく31℃~34℃で安定します。インテルのCPUクーラーでは見た目は悪いですが、他の小型ファンをどのように取り付けるか難しいですよね!磁石式のステーもありますが、今回のように結束バンドを使った固定方法も有効かもしれません。
    KM01-BK29.jpg

    Z9PLUSへのファンコン取り付け完了
    ケース内温度が25℃、CPU裏面が25.6℃、マザーボードが34.2℃、グラボが25.4℃、ファンコン34.1℃とファンを30%くらい制御して使っています。かなりの静音化ができました!
    KM01-BK30.jpg



    70℃オーバー!熱いぜファンコン
    ファンコントローラーでの使用は注意が必要!
    【70℃オーバー!熱いぜファンコン】対策にはこれ
    CONECO・NETレビュー

    アイネックス ファン用二股電源ケーブル WA-084Aアイネックス ファン用二股電源ケーブル
    WA-084A


    商品詳細を見る


    アイネックス ファン用電源変換ケーブル CA-08PFアイネックス ファン用電源変換ケーブル
    CA-08PF


    商品詳細を見る


    パソコン 熱対策 チップ用ヒートシンク 小型 W15xD15xH8mm アルミ製 4個入り 【高品質】
    パソコン 熱対策 チップ用ヒートシンク
    小型 W15xD15xH8mm アルミ製 4個入り 【高品質】


    商品詳細を見る



    アイネックス チップ用ヒートシンク YH-3820A
    アイネックス チップ用ヒートシンク
    YH-3820A


    商品詳細を見る
    関連記事
    2012/09/17 Mon. 23:42 | trackback: 0 | comment: 2edit

    コメント

    こんばんは!海ザルMAXさん

    先ほどは呼び捨てで敬称もなくて失礼しました。
    だんだん目も弱くなって来てダメですね。すみませんでした。

    私めのファンコントローラーはLEDはもうほとんど暗くて見えません。
    強者はLEDの交換もするらしいですが私には無理ですね(笑)
    他モデルに交換検討中ですが
    ボタンが中に収納できる物でないとSGC1000ケースのフロントのフタが
    閉まりませんのでいろいろ検討中ですw
    これも収納不可でしたよね?

    オリエントブルー #n08XGfOg | URL | 2012/11/22 22:17 * edit *

    Re: タイトルなし

    オリエントブルー さん

    いや何も気付いていませんでした。
    わざわざありがとうございます。

    ファンコンは一度壊した経験があるので、またすぐダメになりそうで・・・
    フロントのフタがあるタイプはKM01-BKはあたりますね!
    でも静音性があるケースがいいですよ。
    私は今大きめのケースを探している状態です。
    ケースが先か、SSDが先か(SAMSUNG 840 )悩み中です。

    いつもアドバイスありがとうございます。

    海ザルMAX #- | URL | 2012/11/23 00:20 * edit *

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/32-e4e404f4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)