07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    Z9PLUS エアフローの構築2 

    やっと暑い夏も終わり過ごしやすい季節になってきましたが、PCケース内の温度も気温と同時に徐々に低下しています。夏はファンをフル回転にしていても、室温が30℃あれば、PCケース内は通常7~8℃上昇しますので30℃後半になることもあります。Z9PLUSのように多くのファンを設置できるPCケースであれば上昇も2~3℃くらいに抑えることが可能です。
    高温による熱暴走の心配が軽減する秋から春にかけては、ファンの回転数を下げるか超静音ファンを用いての静音化をしたいものです。マザーボードでファンの調整をするかファンコントローラーを導入するか、超静音ファンをそのまま使用してもいいと思います。個人的には静かな環境で使っているので、ファンの雑音が気になりますので、やっぱり極力ファンの回転数を落として使いたいと常々思い続けています。
    今回は秋から春にかけてのZ9PLUSの静音化と正圧を考慮したエアフローを紹介します。

    Z9PLUSでのファン配置図
    秋冬14
    使用ファン4種類の製品仕様
    OMEGA TYPHOON 140mm CFZ-140GL  800RPM 64.37CFM 11.0dB
    ③④OMEGA TYPHOON 120mm CFZ-120GBL  1100RPM 47CFM 10.8dB
    ①⑥⑦ZALMAN ZA1225CSL120mm  1500RPM 58CFM 28dB
    ENERMAX エベレスト120㎜ UCEV12 1000RPM 46CFM 12dB

    吸気ファンCFMの合計 ①~④
    58+63+47+47=215CFM
    排気ファンCFMの合計⑤~⑦
    46+58+58=162CFM
    53CFMの正圧になります!
    注意:ただし吸気ファンはほこり防止のためフィルターを多様していますので、この数値よりやや少なくなることが考えられます。

    サイドパネルは吸気ファン
    今までは③のみファンを設置していましたが、KM01-BKのファンコンのレギュレーターが高温になるため、急遽この④にもファンを設置しました。おかげでこのファンとファンコンに取り付けたヒートシンクの効果でレギュレーターの温度を10℃以上下げることができ、ファンの制御がしやくすなりました。
    ファンコントローラーKAZEMASTER
    秋冬15

    Z9PLUS エアフローの構築
    正圧や負圧について説明していますので参考にして下さい。

    OMEGA TYPHOON 140mm CFZ-140GL
    今回新規に購入した14㎝ファンです。②のケース下段から上に向かう風量アップのために導入しました。64.37CFMの風量の多さと11.0dBの静音性を兼ね備えた優れものです。
    秋冬1

    OMEGA TYPHOON CFZ-140GLとCFZ-120GBL
    OMEGA TYPHOONの14㎝と12㎝ファンの大きさの違いです。やっぱり羽も一回り大きですね!CFZ-140GLがLEDつきだったら言うことなしですが・・・
    秋冬2

    サイドパネルのCFZ-120GBL×2
    サイドパネルは耳元なので超静音ファンを選択しました。10.8dBというのはファンの音が聞こえない状態です!
    サイドパネルのケーブルの固定はELECOM ケーブル結束フック LD-US10を使うと便利ですよ!今回はケースがBKのため色を合わせてBKのフックを使いました。ワイヤースティカーWS10K
    ファンとファンの間は硬質パネルで塞いでいますので、静音化にも役立ちます!
    Z9PLUSのほこり対策を参考にして下さい。
    秋冬3

    ファンコンのコネクターを5インチベイに設置
    5インチベイのパネルの隙間にコネクターを差込んでいます。ちょうど大きさが合います(少し強く押すくらい)のでそのまま固定できます。この部分にファン側からのコネクターを差込みます。
    秋冬4

    ファン側のコネクターを接続
    アイネックスのWA-086 が少し長く(29㎝)サイドパネルを閉めるときに絡まないように巻き癖をつけてコンパクトにしました。しばらく使って癖が伸びてきたらまた巻き癖をつければOKです。コネクターの場所が上の方だから取り外しは楽チンですよ!
    秋冬5

    サイドパネルを閉める状態
    このような状態だったら絡むこともなくスムーズに開閉ができます。
    秋冬6

    OMEGA TYPHOON CFZ-140GLをケース下段に設置
    電源やケーブル類と干渉することもなく設置できました。ここから一気に上に向けて風量アップをしていきます。
    秋冬7

    上から見たOMEGA TYPHOON CFZ-140GL
    LEDイルミナシオンのコードがちょっと弛んでいますが、風を遮るものはないため効果が期待できそうです。
    秋冬8

    ケース上部のZALMAN ZA1225CSL120mm
    排気用のメインファンです。通常は1200rpmくらいしか出ませんが、設置しているファンの中では28dBとうるさい類になります。次回はZA1225CSL120mm を静音ファンに交換していき、ZA1225CSLは夏専用にしていく予定です。
    秋冬9

    リアファンのENERMAX エベレスト120㎜ UCEV12
    このファンの特徴はHALO Frame構造を採用しているので、フレームのサイドからも吸気してくれるのでCPU周りの排熱処理には最適です。しばらく吸気ファンとして使いましたが効果薄のようです。このファンは排気専用のファンですよ!(エベレストシリーズ)
    秋冬10

    サイドパネルはCFA-120A-BKでほこり対策
    アイネックスのCFA-120A-BKをパネル外側に取付しました。以前はサイドパネル内側にして目立たなくしていましたが、特に左下のファンはCFA-120A-BKを内側にすると電源に少しあたり、パネルが閉めにくくなるため今回から外側に設置しました。あんまり見た目も悪くないでしょう!
    秋冬11

    Z9PLUSを上から見たらこんな感じです!
    ブルーのLEDがきれいですね。明るすぎず地味すぎず程よいLEDです。通常はLEDイルミナシオンは点灯させませんが、これから涼しくなると何となく派手にしたくなるような感情が・・・
    秋冬12

    LEDイルミナシオンを点けると
    赤いLEDにしています。ド派手な感じですね。
    秋冬13

    70℃オーバー 熱いぜファンコンCONECO・NETでのKM01-BKファンコン商品レビューでIron Flat さんからコメントを頂いた、92mmケースファンを市販のマウンタかクリップ、または、”自作”マウンタをケース内の5インチベイに装着してやっているそうです。
    確かにファンコンにヒートシンクを設置して10℃の温度低下はできましたが、5インチベイにファンコン専用のファンをつければ更に冷却ができそうで、思う存分ファンの制御ができ静音化が可能ですね!しばらくどこに設置するか、どんな感じで取り付けるか考えてファンを選んでいきたいと思います。
    Iron Flat さんアドバイスありがとうございました。

    【お勧め140㎜ファン】

    アイネックス OMEGA TYPHOON G 140mm 究極静音タイプ CFZ-140GLアイネックス OMEGA TYPHOON G 140mm
    究極静音タイプ CFZ-140GL


    商品詳細を見る


    Cooler Master Case Fan ブルー R4-L4S-10AB-GPCooler Master Case Fan ブルー
    R4-L4S-10AB-GP


    商品詳細を見る


    ENERMAX クラスター 14cm UCCL14ENERMAX クラスター 140㎜
    UCCL14


    商品詳細を見る




    使用ケーブル

    ファン用二股電源ケーブル ロングタイプ 3ピン(メス)-3ピン(オス)x2個 1台分パルス検出可能タイプファン用二股電源ケーブル ロングタイプ 3ピン(メス)-3ピン(オス)x2個 1台分パルス検出可能タイプ

    商品詳細を見る




    関連記事
    2012/09/20 Thu. 22:02 | trackback: 0 | comment: 0edit

    コメント

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/33-b48faa17
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)