09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    ハイスペックPCを自作していく オーバークロック編 

    Intel Core i7 3770Kのオーバークロック

    マザーボードにCPUとCPUクーラーを取り付け終了したら、Z9PLUSに組み込んでいきます。今回マザーとCPU、メモリー以外は以前のパーツを使用しますので、取り付けは簡単です。難なく接続が終了したのでOSを新規でインストールします。
    ASRockのBIOSは初めてなのでSSDのRAID設定やBOOT設定が気がかりでしたが、以外に見やすくわかりやすいBIOS(UEFI)で簡単にRAID設定もできました。さすが人気の三大メーカーです。初めてASRockを使う人にも優しい作りでした。オーバークロックも設定しますがこちらの画面ももちろん初めてなので心配ですが慎重に設定していきます!

    空冷ではこれが限界か?
    OCをするのであればセオリーは水冷でしょうが、今回そこまで高クロックまでのOCをするつもりはないのでとりあえずはKABUTO SCKBT-1000で空冷の限界を調べてみようと思います。
    3770K30.jpg

    起動をしたらFatal1ty の画面になります
    何かいい雰囲気の画面でしょう!いかにもパワフルだよと言わんばかりのFatal1ty です。
    3770K31.jpg


    F2でFatal1ty UEFI SETUP UTILITY画面になります
    日本語変換モードがあれば言うことなしですが、たまには英語の勉強もしましょう
    MAIN画面です。ちゃんとCPUもメモリーも認識しています。メモリーのCFD W3U1600HQ-4GはDDR3-1866でもボタンひとつで対応できます。さすがCFDは1866でも安定して使えますよ!3000円そこそこでこれですから近日中に8Gプラスしたいと思います。
    3770K32.jpg

    【4.4GHz OC設定】
    Turbo Boost(TB)機能はEnhancedを選択
    3770K41.jpg

    CORE RATIOの設定
    Turbo Boost(TB)動作時のCPU内部クロック倍率を設定するかどうかの項目。「All Cores」では4コア一括で設定。「Per Core」では1コアから4コア動作時の倍率を独立して設定できます。 Per Core設定は安定動作の検証に時間がかかるので今回はALL COREを選択。
    3770K42.jpg

    TB動作時の倍率上限を設定
    All Coresに設定すると倍率の選択画面が出てきます。起動自体は48までは問題なくOKですが、かなり高温になるので今回は44を選択
    3770K43.jpg

    BackSpaceでもともとの数字を消して入力します。確かNumLockキーを押さないと数字が入力できませんよ!
    3770K44.jpg

    Internal PLL Overvoltageの設定
    Internal PLL Overvoltageという設定を有効にします「Enabled」。この設定を有効にしないと、CPUコア電圧などにほぼ関係なく、48倍以上の動作ができません。倍率が47倍以下であれば無効のままでOKですよ!
    3770K45.jpg

    CPU Offset Voltageの設定
    CPUコアの動作電圧(コア電圧)を設定します。CPUコア電圧を上げるとより高いクロックでもCPUが動作しますが、消費電力と発熱は増えます。CPUの寿命も短くなることもあるので安全性を考えると、0.2V(できれば0.1V)以内にしています。4.4GhzまではAUTO(私の構成では4.5GhzまではAUTOで問題なく常用できます) 4.5Ghz→OffsetVoltage=+0.020、4.6Ghz→OffsetVoltage=+0.080、4.7Ghz→OffsetVoltage=+0.130、4.8Ghz→OffsetVoltage=+0.180、4.9Ghz→OffsetVoltage=+0.230で試してみました。
    11月1日追記(簡易水冷で4.8Ghzがひとつの壁になりますね!これ以上は殻割りしないとかなりの高温になり破損の危険もありますので自己責任でお願いします)
    3770K46.jpg


    F-STREAM TUNING HardwareMonitor 画面
    この画面は基本監視画面です。ここから設定を変更することはできないようです。
    3770K33.png

    F-STREAM TUNING FanControl画面
    マザーボードに接続しているファンの回転レベルの調整ができます。ここで設定した数値が①のHardwareMonitor 画面で確認できます。APPLY(適応ボタン)とDISCARD(破棄ボタン)があり、設定後は右下のAPPLYボタンを押します
    3770K34.png

    F-STREAM TUNING Overclocking画面
    CPUのRatuoやVoltegeの変更ができます。ただし何回か行いましたが、UEFI画面に反映されていないので、UEFI画面で設定します。 (M/B、CPU、クーラー等の環境が違いますのでOCの設定はご自身の判断でお願いします)
    3770K35.png

    F-STREAM TUNING Fatal1ty Mouse Port画面
    今回はこのマウスは使っていません。ゲーマーにはいいかもしれませんね!
    3770K36.png

    F-STREAM TUNING Energy Saving画面
    3770K37.png

    F-STREAM TUNING XFast RAM画面
    今回はRamphantomEXを使うためこのXFast RAMは使いませんが、今度安定性など確認してみたいと思います。
    3770K38.png

    OCCTで高負荷にしてみる
    4.4Ghz OC CPUクーラーKABUTO SCKBT-1000でOCCTを走らせたらコア温度MAX=83℃ 殻割りか水冷にしないとこれ以上は無理そうですね!
    この設定で4.6Ghzにすると起動は問題なくできますがOCCTであっという間に90℃超えです。仮に高負荷状態でゲーム等を長時間していたらおちてしまうでしょうね!購入1週間で壊してしまってもいけませんので、しばらくは4.4Ghzの設定でいきます。
    3770K39.png
    ☆OCCTのCPUテストで負荷をかけながら同時にCPUZで倍率が落ちないかを見ていきます。問題なく1時間動作したら、安定性に関してはある程度問題ないと考えてOKですよ!
    今回は4.8Ghzまでは起動してみましたが、空冷では限界を感じました。一応CPUクーラーのグリスも塗りなおして確認しましたが、個人的な意見としては空冷では4.4Ghz以上では使用しない方がいいかと思います。無駄な抵抗は止めて4.4Ghzで快適なPCライフを過ごします!

    CINEBENCH11.5
    i7 3770K 4.4Ghz OCでのCINEBENCHのスコア 8.69pts
    CINEBENCH4.png


    スーパーΠを試してみる
    実際いままでのCore i5 2450Pと比べた場合、すごい変わったという実感はありません(本音の部分)
    やはり数字で確認するのは、簡単なスーパーΠをしてみました。

        2450P 3.2GHz(定格) 3770K 3.5GHz(定格) 3770K 4.4GHz(OC)
    104万桁    10秒            9秒          8秒
    419万桁    56秒            47秒         42秒


    3770K40.jpg
    4.6GHzで走らせたら419万桁41秒です
    3770K47.png


    スーパーπで419万桁は56秒!あなたのCPUは?
    CONECO・NETレビューを参考にして下さい。

    Intel Core i7-3770Kの実力からすると当然の結果であり、やっとこのCPUのすごさが実感できたように感じます。
    OCに関してはまだまだ水冷などの改善余地がありますので、新しいことをチャレンジしていきたいと思います!

    Intel CPU Core i7 3770K 3.5GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770K【BOX】
    Intel CPU Core i7 3770K 3.5GHz 8M
    LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770K【BOX】


    商品詳細を見る

    関連記事
    2012/10/02 Tue. 18:47 | trackback: 0 | comment: 3edit

    コメント

    F-STREAM TUNINGで設定した場合は再起動後にはバイオスでの設定に戻ってしまいますよ!
    fan設定などもずっと反映させるにはバイオスで・・・

    maki #1wIl0x2Y | URL | 2013/01/04 11:59 * edit *

    Re: タイトルなし

    コメントありがとうございます

    ご指摘の通りOC設定はUEFIで設定しないと反映されません。
    最初は出来るのかなと思いやっていましたが、ただ倍率変更だけは
    反映されませんか?

    一応OCした内容をF-ST画面でアップしたつもりなので
    ご了承ください。

    最近は、F-STで設定してなかったので、
    ご指摘ありがとうございました。

    海ザルMAX #- | URL | 2013/01/04 12:20 * edit *

    私の場合はどの設定も再起動後には元に戻ってますよ~ ちなみにZ9 Plus使ってるのでfanの音が結構うるさいからfan Target Speedはレベル5にしてます。これでかなり静かです。
    CPUファンはRR-TX3E-28PK-J1でグリスはAINEX/AS-05塗ってますが この状態で高負荷でも4.4GHZなら55度で安定してますよ~
    冬場で室温が低いのもあるけどw

    maki #- | URL | 2013/01/04 12:51 * edit *

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/38-c8c9b771
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)