09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    Z9 plus 裏配線 part2 

    今回Z9PLUSの配線とほこり対策で用いているグッズを紹介します。
    毎日フリーズ物語のブログに多くの方が訪問されていますが、FC2ブログのいいところは訪問していただいた方の検索キーワードを確認できます。No1のキーワードはZ9PLUSで、以外に2番目は配線もしくは裏配線で訪問されるかたが多いようです。(毎日400人近くの方が訪問していただきありがとうございます)
    パソコンを自作していき多くのパーツを取り付けると、PCケース内は配線で収拾がつかない状態になりますよね!実際私もファンコントローラーを付けたらもうケース内はぐちゃぐちゃの状態でした。しばらくは今度ゆっくり裏配線しようと半月くらい放置していましたが、やっと本腰を入れて裏配線を完成させましたので紹介させていただきます。

    ビデオカード配置換え
    今ままではCPUクーラーに近い一番上のPCIe 3.0 x16 スロットに挿していましたが、CPUのオーバークロックを始めたため、CPUが高温になることが心配ですので、中央のPCIe 3.0 x16 スロットに配置換えしました。この部分だったらサイドパネル下のファンから直接冷風があたりグラボ自体の冷却にも効果大のようです。実際3~5℃下がりました。
    Z9PLUS1.jpg

    裏配線が完成した状態
    電源がプラグインタイプでないので裏配線は困難を極める状態です。Z9プラスのファンコンとKAZEMASTERのファンコン、SSD2台HDD2台があるためかなり難易度が高い裏配線です。更にファンがケース内に全部で10台、LEDイルミナイシオン、USB3.0などなど知らないうちにパーツがどんどん増えていました。
    Z9PLUS2.jpg

    電源コネクタ
    Z9PLUS3.jpg

    温度センサーケーブル
    SATAコネクタにケーブルフック(両面テープ)を貼りまとめました。もう少し小さいケーブルフックがあったらいいかもしれませんが、BKタイプでは一番小さいサイズでした。
    Z9PLUS4.jpg

    チップセットとビデオカードのヒートシンクに取り付け
    温度センサーをチップセットとビデオカードのヒートシンクに取り付けしています。ASRockのF-STREAM TUNING画面でも確認できますが、アプリを起動させたままにしておくのも面倒ですから、ファンコン画面ですぐ見れるようにしています。
    Z9PLUS5.jpg

    PCI Express スロット
    ビデオカードの場所を変更してI・OデータのGV-MC7/XS地デジチューナーが上になるためGV-MC7/XSの基盤にヒートシンクHM-19を付けて冷却します。
    Z9PLUS7.jpg

    リアメッシュをフィルターで塞ぐ
    PCケース内を正圧するために余分なメッシュは塞ぎます。正圧ですからこの分からは排気されますが、真下に電源の排気口があるので余計な熱気もシャットダウンできます。
    Z9PLUS8.jpg

    取り外した5インチベイ用の保護カバーを活用
    フロントパネルにもともと付いていたカバーですが、こんなところで活用できました。フィルターカバー兼、LEDイルミナシオンの固定に使いました。スロットカバーのネジに押し込んだらいい具合に留まります。
    Z9PLUS9.jpg

    LEDイルミナシオンを取り付け
    Z9PLUS10.jpg

    フロントパネルとUSB2.0コネクタ
    フロントパネルとUSB2.0のケーブルも結束して裏に回していきます。
    Z9PLUS11.jpg

    リア用ファンはマザーボードに接続
    超静音ファンのためファンコンでの制御もほとんどしないので、マザーボードに接続してF-STREAM TUNING画面で時々制御するくらいです。ケーブルは巻きグセをつけるか細かく結束しないと邪魔になりますよ!
    Z9PLUS12.jpg

    アイネックス CFF-DF270フィルターとZ9PLUS用フィルター
    Z9PLUS用付属フィルターは網目が大きくかなりのほこりを吸い込みます。安いケースだから仕方ないですが・・・
    アイネックス CFF-DF270フィルターと比較すると一目瞭然!Z9PLUS用付属フィルターがあるフロントと下部にはこのフィルターを更に上からしています。
    Z9PLUS14.jpg

    アイネックス CFA-120A-BKとZ9PLUS用フィルター
    CFA-120A-BKも金属タイプの網状のフィルターにより、ファンへの接触を防止できしかもZ9PLUS用付属フィルターより網目が小さいようです。
    Z9PLUS38.jpg

    網目を比較しました
    Z9PLUS15.jpg
    Z9PLUS39.jpg

    フロントにはアイネックス CFF-DF270フィルター
    これを付ける前はSSDとHDDにすぐほこりが溜まりました。これを付ければ1ヶ月は大丈夫かなという感じです。フィルターは最低2週間に一回はきれいに掃除するようにしています。
    Z9PLUS16.jpg

    ケース底面にも CFF-DF270フィルターを
    Z9PLUS40.jpg

    ファンコン用ケーブル
    Z9PLUSのフロントパネルとKM01-BKのファンコンのケーブルで5インチベイはパニックでした。全部で15本くらいのケーブルがあるのでこれでもかなり結束した方です。スパイダルチューブのみにしたらかなりかさばるので大きなケーブルのみ使用して、その他のケーブルは右側にまとめました。左側はファンコン冷却用のファンを設置したので、巻き込んだら大変ですので反対側に結束しました。
    Z9PLUS0.jpg
    Z9PLUS17.jpg

    ケース右側に全てのケーブルを結束
    Z9PLUS18.jpg

    アイネックス 電源3分岐ケーブルD3-1504SAUとSATAケーブル
    SSD2台、HDD2台の電源をおのおの持ってきたら大変なことになりますので電源3分岐ケーブルD3-1504SAUを使いコンパクトにまとめました。ASRockマザー付属のSATAケーブルが50㎝あるので、いつものようにグルグル巻きにしてかさばらないようにまとめました。
    Z9PLUS19.jpg

    Z9PLUS20.jpg

    ファンコン用ケーブルを結束バンドで固定
    Z9PLUS21.jpg

    ケース上部のファンコンケーブルと温度センサーケーブル
    それぞれのケーブルをアイネックスKC-006BKを使って結束します。
    Z9PLUS22.jpg

    温度センサーケーブルをケースにはわせる
    ケースの穴を使ってKC-006BKで固定していきます。なるべくケースの表側からケーブルが見えないようにするのがきれいな裏配線のコツです!
    Z9PLUS23.jpg

    フロントパネルとファンコンケーブル
    Z9PLUS24.jpg

    結束バンドできれいに結束
    ケーブルが弛みがないように留めていきます。一直線に結束したらきれいに見えます。
    Z9PLUS25.jpg

    ファンコン用コネクタを整列
    ファンコンのコネクタも番号順に並べます。ファンが多いだけに何番にどのファンを付けたのかわかりやすくするのが目的です。フロントファン2番、下部ファン3番、トップファン4番です。
    Z9PLUS26.jpg

    トップファンをアイネックス ファン用二股電源ケーブルWA-084Aに接続
    4番のトップファンはケース付属のZALMAN ZA1225CSL120mmを2台つけています。同じファンを使うことにより分岐ケーブルを使っても同じ回転数にすることが可能です。
    Z9PLUS27.jpg

    電源裏に使わないケーブルを収納
    プラグインでしたらこのケーブルは必要ないのですが・・・
    Z9PLUS28.jpg

    CPU用電源とUSBケーブル
    右側にはわせていきます。コネクタ類をケースの隙間に押し込むと、この部分は特に結束バンドを使わなくても固定できます。
    Z9PLUS29.jpg

    温度センサーはマザーボードの裏側に通す
    CPUの裏面の温度を確認するためのセンサーです。これはマザーボードをケースの隙間を通して見えないようにします。
    Z9PLUS31.jpg

    サイドパネルにはアイネックス CFA-120A-BK
    サイドパネル内側にCFA-120A-BKとファンを取り付けたら見た目はきれいですが、その周りに隙間があくので、サイドパネル外側につけています。ケースとCFA-120A-BKが黒だからそんなに変ではないですよね!
    このCFA-120A-BKをつけていなかったら相当量のほこりが入ってきます。検索キーワードでPCケースほこり等というキーワードが多いということは、皆さんかなり気になっている部分でもありますよね!
    左下のファンは吸気グラボ冷却用、右上は吸気マザーボードCPU冷却用として使っています。この2台はZ9PLUSのファンコンで制御していますが、OMEGA TYPHOON 120mm CFZ-120GBLの究極静音ファンのためほとんど回転数を下げる必要がないくらい静かです。
    Z9PLUS32.jpg

    サイドパネルの内側
    ファンケーブルをどんな感じでセットするかが難しい所です。今回はケーブルフックで固定してサイドパネルの開閉時に邪魔にならないようにしました。これだと取り外しも簡単で見た目もOKですね!
    ファンとファンの間は硬質パネルで完全に塞いでいます。
    Z9PLUS33.jpg

    メッシュ部分は硬質パネルで塞いでいます
    Z9PLUS34.jpg

    ファンケーブルをひとつにまとめる
    Z9PLUS35.jpg

    ケーブルフックを多用しています
    ファンケーブルもファンフックも黒色だから目立ちませんね!
    Z9PLUS36.jpg

    これでZ9PLUS裏配線の完成!
    何とかまとまりました 
    Z9PLUSも裏配線がしやすいPCケースなんですが、なんせこれだけケーブルやパーツがあったら大変です。しばらくはこのまま使いますが、年に2回パーツを全部外して大掃除をしますので、また半年後この作業をするかと思ったら嫌になります!ただ一度本格的に裏配線をしておけばやるたびにアイディアだ浮かんできて上達しますので、皆さんもチャレンジして下さい。またいい画像とかアイディアがありましたらコメント下さい。
    Z9PLUS37.jpg

    フロントパネルもバッチリ!
    カッコいいフロントマスクになりました。USB3.0が付いたのはありがたいですね!
    やっぱりマザーボードをASRock Fatal1ty Z77 Professionalniにしてよかったなと思います。
    asrock33.jpg



    ほこり対策の必需品
    アイネックス 交換用フィルター 大判シート CFF-DF270
    アイネックス 交換用フィルター 大判シート
    CFF-DF270


    商品詳細を見る


    アイネックス アルミファンフィルター 120mm用(ブラック) CFA-120A-BK
    アイネックス アルミファンフィルター 120mm用(ブラック) CFA-120A-BK


    商品詳細を見る



    関連記事
    2012/10/09 Tue. 01:48 | trackback: 0 | comment: 0edit

    コメント

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/40-203b9982
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)