09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    サンドファンの再構築 

    4.6Ghz OCで常用するためにサンドファン再構築
    i7 3770Kを4.6Ghz OCで常用するために、CWCH60のサンドファンをより強力にしていき、CPUの温度を下げるようファンの追加と配置換えをしていきます。
    CHCH60付属のCORSAIR 120mmファンは強力で、1800RPMまで上がるためかなりのノイズを発生しますが、冷却のためと思い静音化よりは冷却重視でファンの取り換えをします。1600RPM以上ある標準から強力なファンを探しました。
    サンドファンでの風量を考慮したファン選び方としては、自論ではありますが
    吸気パターン:外側ファン⇒ラジエター⇒内側ファン  外側ファンRPM≦内側ファンRPM
    というパターンが強力な風力を作れるのではないかと考えていますので、今回もCORSAIR 120mm ファンを基本に組み直してみます。


    アイネックスCFZ-120F
    CFZ-120F(1600RPM)かCFZ-120R(2000RPM)か悩みましたが、春までは標準タイプのCFZ-120Fで十分かと思い購入しました。
    【仕様】
    定格入力: DC12V
    サイズ: 120×120×25mm
    期待寿命: 60,000h (40℃)
    DUROベアリング使用
    3ピンコネクタタイプ [結線仕様]
    回転検出パルスセンサー付
    ケーブル長: 約40cm
    3ピン→大4ピン変換ケーブル (パルスセンサー検出タイプ)、固定用ネジ×4個付
    DSCF7852_R.jpg


    アイネックスCFZ-120F開封
    CFMが69.53ありますから、今までのサイズKAZE-JYUNI SY1225SL12LM-Pを同じくらいです。サイズは74.25CFMでしたから、CFZ-120Fより上?なんと勘違いしていました。サイズKAZE-JYUNIは1300RPMで65CFMくらいと思っていました。ということで今回は急遽企画変更で、サイズKAZE-JYUNIとアイネックスCFZ-120Fでサンドファンを構築してみます。ただしその前にCORSAIRファンとの組み合わせも実験したうえで、サイズKAZE-JYUNIに変更してみます。
    DSCF7857_R.jpg



    OMEGAブレード 特殊羽根形状で大風量・低騒音
    無数の窪み (ディンプル形状) が空気抵抗を減らし乱流を低減します。羽根のエッジを丸くすることでスムーズな風の流れを作り、他の一般的な羽根と比べ約10%の風量増・騒音減を実現!
    DSCF7859_R.jpg


    今のサンドファンの状態
    ケースファンにはすべてファンガードをつけています。Z9PLUSでミドルタワーケースのため、以外と配線を巻き込みそうな状態になっていますので・・・
    DSCF7860_R.jpg


    今まではCORSAIRとサイズの組み合わせ
    今まではCORSAIRとサイズの組み合わせでしたが、回転数が差があり調整が非常に面倒でしたので、より近い回転数のファンで組み合わせ。
    DSCF7866_R.jpg


    ファンを取り付けします
    CWCH60を全部外してから作業をするべきでしょうが、シルバーグリスを買い忘れそのまま作業しています。でもシルバーグリスも半年も持ちませんでした。使い過ぎ?
    DSCF7869_R.jpg


    ファンガードとCWCH60の取り付け用ネジ
    先に両サイドからラジエターにネジで固定するので、ケースへの取り付けは簡単ですよ!
    DSCF7870_R.jpg


    CPUFAN1とCPUFAN2に接続
    Fatal1ty Z77 ProfessionalのマザーにCPUFAN1=4ピンとCPUFAN2=3ピンが隣にあるのでサイズKAZE-JYUNI(CORSAIR)を4ピン、CFZ-120Fを3ピンに挿しました。
    DSCF7874_R.jpg


    吸気口にフィルターをつけて完成
    アイネックスのCFA-120A-BKをつけないと、ケース内は埃だらけになります。一週間でフィルター表面は埃がいっぱいです。他にいい方法があったら教えて下さい。
    DSCF7876_R.jpg


    CORSAIRとCFZ-120F
    CORSAIRファンがCPUFAN1で1862RPM、CFZ-120FがCPUFAN2で1454RPMであまりにも差がありすぎるので、この組み合わせは不可ですね。CORSAIRファンにはCFZ-120Rで2000RPMとの組み合わせがいいようです。それは春以降にしていきます。
    CORSEA.png


    サイズKAZE-JYUNIとCFZ-120F Level10
    サイズKAZE-JYUNIがCPUFAN1で1582RPM、CFZ-120FがCPUFAN2で1454RPMとなかなかいい感じです。このくらいの組み合わせが一番ですね!
    LEVEL10.png


    サイズKAZE-JYUNIとCFZ-120F Level8
    サイズKAZE-JYUNIがCPUFAN1で1339RPM、CFZ-120FがCPUFAN2で1446RPMと内側のCFZ-120Fがやや高回転ですから、自論通りの結果です。ややノイズが気になる程度です。
    LEVEL8.png


    サイズKAZE-JYUNIとCFZ-120F Level6
    サイズKAZE-JYUNIがCPUFAN1で1180RPM、CFZ-120FがCPUFAN2で1284RPMとこれまたいい感じです。アイドル時はこのくらいの回転数でOKです。ノイズもほとんど気になりません。
    LEVEL6.png


    OCCT 4.6Ghz
    4.6GhzでOCCTを30分してみました。MAX84℃まで上がっていますが、だいたい70℃から75℃で安定しています。Vcoreを先日の1.340Vから1.320Vに落としているから、安定度がちがいます。このレベルだったら常用可能ですね!
    OCCT4646.png


    CINEBENCH11.5
    CINEBEBCH11.5でもCPU9.08ptsに上昇しました。前回が8.94ptsでした。
    CINE46.jpg


    取り付け後のケース内
    今日は一度試しで以前のGTX550Tiをつけて2枚挿しでLSIをしてみたけど、2枚目がX4動作になるためか、N660GTX1枚ほほぼ変わらずで、現状のままに戻しました・・・
    DSCF7879_R.jpg



    CFZシリーズ120mmファン

    アイネックス OMEGA TYPHOON 120mm 標準タイプ CFZ-120Fアイネックス OMEGA TYPHOON 120mm 標準タイプ
    CFZ-120F


    商品詳細を見る


    アイネックス OMEGA TYPHOON 120mm 高速タイプ CFZ-120Rアイネックス OMEGA TYPHOON 120mm 高速タイプ
    CFZ-120R


    商品詳細を見る

    関連記事
    2012/11/28 Wed. 16:58 | trackback: 0 | comment: 0edit

    コメント

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/49-ebd13e1f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)