09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    CPUクーラー交換 KABUTO SCKBT-1000 

    最近気温の上昇も関係してCPUの温度も高負荷時60℃くらいに上昇して、これからの季節を考えCPUクーラーを取付ることに決定!ケースもミドルタイプなので大きめのクーラーも装着可能ですが、マザーボードをはずしてプラモデル感覚で取り換えできるかなと安易な気持ちでパソコン工房へGo

    サイズ KABUTOクーラー SCKBT-1000サイズ KABUTOクーラー SCKBT-1000
    (2009/04/22)
    サイズ

    商品詳細を見る

    マザーボードを外せるよう電源コードやケーブル類を外してケースブタを開ける。作業がしやすいようケースを横向きに置いてINTELのリテールクーラーを取り外す(CPUごと外れないようしばらくパソコンを起動してある程度CPUを温めておく)

    写真_1~1

    マザーボード側のスロットピンをマイナスドライバーで90°回転させクリップをはずしていき難なくクーラーを取り外し完了!CPUふたのグリスの残りをきれいに拭き取り写真のように準備OK(作業の邪魔になるようだったらメモリーやグラフィックカードも取り外した方がいいかもしれません)今回のKABUTOクーラーには付属のソケットも2種類あってそのままスロット型のピンを利用して、リテンション式パーツを使かわないのでマザーボードは外さなくてもOK!

    2.png

    CPUのふたにまんべんなくグリスを塗って本体側の作業終了。KABUTOクーラーのシールをはがしソケットを取付マザーの上に配置して順番に対角線上にピンを挿していく


    3.png

    グラフィックカード側になかなか指が入っていかない(とりあえずメモリーは外しましたが・・・)カチッと音がするまでゆっくり押していき設置完了!

    6_20120530061446.png

    裏面からピンがちゃんと刺さっているか確認。


    CORE TEMP確認

    HM_20120602205925.png


    OCCTでCPUに負荷を与えたが最大で55℃までしか上がらない。リテール品よりは15℃くらいは下がっておりとりあえずグリスの塗り方もOKのようで、めちゃくちゃファーンの音も静かになりました。夏を前に早めに交換して正解でした。


    4.png

    12㎝のファンはやはり大きいですね!ヒートシンクとヒートパイプ付きで3000円そこそこなので大満足です。
    次回、N岡さんお勧めのスーパーπをしてみます。




      お勧めグリス&クリーナー
    AINEX シルバーグリス [AS05]AINEX シルバーグリス [AS05]

    商品詳細を見る


    アイネックス 2ステップグリスクリーナー AS-CLNアイネックス 2ステップグリスクリーナー AS-CLN

    商品詳細を見る

    関連記事
    2012/05/25 Fri. 23:13 | trackback: 0 | comment: 0edit

    コメント

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/8-fde3ae99
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)