09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    4770KのオーバークロックはBCLKで対応 

    4.5GHz常用中 BCLKを125MHzに設定
    4770Kを購入して2週間弱経ちますが、ASRock Z87 ProfessionalのOC TweakerのAUTO設定で、4.6Ghzで使っていました。ブログにベンチマークやOCCTでの結果をアップしようと思い、まずは4.4GHz、4.6GHzでOCCTを走らせてみましたが、ともに完走できず高負荷時は使用できたものではありませんでした。
    AUTO設定でCINEBENCHなどは問題なく通っていましたので、安心して使っていましたが、高負荷時の検証をしていなかったので反省しています。危ない危ない!
    1週間前からOC設定を探ろうと、3770Kの感覚で倍率変更とVcoreの設定変更していましたが、電圧を上げて安定性を取ったら高温になり、電圧を下げると不安定になるということの連続で、何でこんなCPUを買ってしまったのかと、半ば諦めムードでHaswellに導入されたBCLK変更可能という特性を生かしOCを試してみました。BCLK変更は不慣れな分野で手探り状態での設定でしたが、Vcore1.210からの低電圧で起動OKでした。CINEBENCHも難なく完走しますが、OCCT4.4.0が鬼門でした。Vcore1.280以上が必要で、1時間完走を条件にしたら私の環境では1.300Vが最低電圧になります。
    Haswellに関してはOCCT4.4.0ではVcoreも正しく表示できませんし、クチコミでASRockのマザーではエラーが出やすいとありましたので、以前ダウンロードしていたOCCT4.3.2での検証です。

    Haswell用の検証用のレビュアーKitからCPU-Z1.64.2等をインストールして使いました。
    レビュアーKitはこちら
    Please follow that link to download the reviewer kitの LINKをクリックしたらダウンロードページに入れます。

    HaswellはCPUパッケージに電源レギュレーターを搭載することで、より細かな電力制御も実現して、パフォーマンスの強化と消費電力の低減を両立していますが、それゆえZ87のUEFIではOC設定が複雑になり、今までのOC設定項目とかなり内容が変更されていますので、私をはじめ皆さんも苦しまれたのではないでしょうか?
    実際、まだ各ブログではベンチマークの数字だけが出回っているだけで、肝心のOC設定等が全然アップされていないので、私もUEFIの説明書を見ながら、OC Tweaker内のModeや電圧を設定しましたので、まだまだ完全ではありませんのでご了承ください。
    あくまでOC設定は自己判断でお願いします


    4770K 4.5GHzOC紹介動画



    Core i7 4770K
    ◆クロック周波数 3.5GHz
    ◆ソケット形状 LGA1150  
    ◆三次キャッシュ 8 MB
    ◆TDP 84 W
    ◆コア数 4 コア
    Picture 143_R


    ガンダム1号機のPC構成
    M/B   ASRock Fatal1ty Z87 Professional
    CPU  intel Core i7-4770K 4.5GHz OC
    RAM  AX3U2133XW4G10-2X
    クーラー CORSAIR H100i
    GPU  N660GTX Twin Frozr Ⅲ OC
    SSD  intelSSD330 120GB
    HDD  SEAGATE ST1000DM003
    HDD  WESTERN DIGITAL WD5000AAKX
    CACE InWin GRone W
    PSU  SILVERSTONE SST-ST75F-G-E
    OS  Windows8 Pro 64bit


    OC TweakerでのOC設定
    CPU Ratioを36、BCLK Ratio125MHzを選択しました。36×1.25=4.5GHzとなります。CPU Ratioが35であれば4.375GHz、37であれば4.625GHzになります。BCLK Ratioは1/1.25/1.67/2.5が選択できますが、まずは無難な線で1.25を選択しましたが、今後色々試していきたいと思います。
    45G 1


    メモリ&Vcore設定
    メモリの動作周波数は133MHz、メモリチップ規格はDDR3-1333とかなり低めで設定しました。取りあえずOCCTが完走できるかの確認をしたいので、メモリからのエラーを避けるためにこの設定にしました。
    CPU Voltage ModeはOverride Mode(固定)を選択して、Voltageは1.300Vです。ここまで1.250Vから0.010V刻みで盛っては検証の連続でしたので大変でした!
    45G 2


    Input Voltage&LLC設定
    CPU Input VoltageはFixer Mode、Fixer Voltage1.900Vです。Load-Line Calibration (LLC)はLEVEL1でHigh設定です。これはAUTO設定で4.4GHz以上は、全てこの設定になっていましたので参考にしました。
    45G 3


    検証後の設定変更
    OCCTも数回実行して、最終的にはVcore1.300で完走できましたので、少しだけ削って設定しました。現在Vcore1.285にて常用しています。画像はOverride Voltageを変更しているところです。4.5GHz設定でCPU Ratioのみの倍率変更でしたら、Vcore1.320V以上ないとOCCTは通らなかったと記憶しています。その時のOCCT検証時のMAX温度は87℃でした。
    45G 4


    CPU-Z 1.64 2
    Haswell用のCPU-Zです。このバージョン以外は低いVcore表示になりますのでご注意ください。発売前にVcore1.000Vで5.0GHzとかいう記事がありましたが、恐らく以前のバージョンのCPU-Zで表示が間違っていたのでしょうね!
    CPU-Z.png


    CPU-Zでメモリタイミング確認
    OCCT検証まではDDR3-1333 133MHzで設定していました。メモリによるエラーもなかったので、現在はDDR3-2000 100MHzにて設定変更しています。
    CPU-Z2.png


    CINEBENCH R11.5

    CPUは9.73ptsでした。10.00ptsまではあと少しでしたが、過去最高の数値になりました。以前の3770Kは4.6GHzで9.04ptsが最高でしたので、4770Kの性能がわかります。AUTO設定で4.6Hzでは9.96ptsでした。
    CINE2.jpg



    Crystal Disk Mark も高速?

    ASRock Fatal1ty Z87 Professionalの機能ですが、ダイナミック ストレージ アクセラレータで最大25%アップとありますのでその効果か?intel SSD330シリーズの読込速度500 MB/s、書込速度450 MB/sが公称値ですし、今までこんな数字はありませんでした。マザーボードを変更したときには測定していなかったので、今回確認してみたら、驚きの数字になっていました。BCLK変更の影響ではないと思われます。
    CDM530.jpg


    3770K+Z77 ProfesionalでのCrystal Disk Mark
    CDM3.jpg



    OCCT4.3.2 30分完走!
    本来なら1時間はしたかったのですが、それまで2時間くらいOCCTをしていましたので、途中から30分に変更しました。いつもはVcore設定して5分くらいエラーがなければ時間を長くするパターンで検証していますが、さすがにこの季節は室温が高い!前日までは測定時の室温が29℃でしたが、本日はやや涼しくなって(しかも夜中にしました)検証時の室温26.8℃にて確認しています。H100i用CORSAIRファンは2000rpmで検証しています。
    OCCT1300.png


    OCCTモニタリング
    MAXの温度が以下の通りです。さすがに80℃は超えませんでしたが、殻割りなしですからこんなものでしょうか!
    これから更に暑くなると常用は難しいかもしれませんが、もうこれから9月まではエアコンをガンガンにきかせていますので、恐らく室温も20℃くらいになりますので、この数字より5~7℃は下がるでしょうけど・・・
    Core#0  76℃ 
    Core#1  77℃ 
    Core#2  73℃ 
    Core#3  65℃ 
    OCCT1300 2


    HWINFO64で確認
    HW Monitorでも正確なVcoreが表示されないので、最近はHWINFO64で確認しています。こちらでのOCCT時の温度は以下の通りです。やや低めに出ていますがCoreTempだとやや高めですから、平均値で確認するようにしています。
    Core#0  72℃ 
    Core#1  75℃ 
    Core#2  71℃ 
    Core#3  64℃ 
    OCCT時のCPU消費電力は107.5Wで、アイドル時27.4Wです。C1E設定はdisable、電源管理はパフォーマンスモードを選択しています。
    HWM1300.png


    Core#0データ
    OCCT終了後に気付いたのですが、OCCTのデータを見てたら、Curerent Clock4653MHz/FSB129MHzとあったのですが、これってLLCで盛られているのか?OCCTの時は4.653Ghzだったのですかね?想定以上の高クロックになっているということでしょうか?だから低いVcoreでは通らなかったのでしょうかね!また勉強していきます。
    ちなみにOCCT中も、CPU-ZやHMINFO64では125MHzで4.498Ghz表示でした。
    2013-06-14-00h11-Temperature-Core #0


    Core#3データ
    2013-06-14-00h11-Temperature-Core #3


    CPU VCORE
    30分でしたがCPU Vcoreも安定しているようです。やっとこれで検証終了です。Vcore1.285V~1.300Vあたりで常用していきたいと思います!
    2013-06-14-00h11-Voltage-CPU VCORE


    ガンダム1号機 Haswellバージョン

    まあ大して3770K時代から変わってはいないのですが、またまたケース内を飾っていきたいと思います!
    Picture 282_R


    H100iのおかげで殻割り無しでも4.5Ghzで常用できそうで安心しています。個人的には殻割りしてまでクロックを上げる必要性も感じていないし、リスクを負う必要もないのですが、せっかく4770Kで遊べるわけですから、次の新製品5770K?が出るまでは大事に使っていきたいと思います。
    今回、ベースクロックを変更してオーバークロックをしてみましたが、Haswellの底力を見たような気がします。確かに起動やアプリの立ち上がりがかなり高速になっていますし、現状では体感速度も少しは感じています。
    まだBCLKの設定も試用段階で、これから更に詰めていく必要があると思いますので、これからのブログにてアップしていきたいと思います。
    次回、4670Kの検証結果もアップします!


    CONECO・NETレビュー
    BCLK125MHz 4.5GHzで常用中!


    7月15日追記
    ベースクロックのOCより倍率変更のOCに変更しました。予想以上に低い電圧でCPU LINPACKもOKでしたし、4670Kよりも低電圧で常用できそうですので追記しました。
    4770Kを4.5GHzにオーバークロック



    Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz 8Mキャッシュ LGA1150 Haswell UnLocked BX80646I74770K 【BOX】Intel CPU Core i7 4770K 3.50GHz 8Mキャッシュ LGA1150 Haswell UnLocked BX80646I7
    4770K 【BOX】


    商品詳細を見る


    Intel CPU Core i5 4670K 3.40GHz 6Mキャッシュ LGA1150 Haswell UnLocked BX80646I54670K 【BOX】Intel CPU Core i5 4670K 3.40GHz 6Mキャッシュ LGA1150 Haswell UnLocked BX80646I5
    4670K 【BOX】


    商品詳細を見る



    関連記事
    2013/06/14 Fri. 19:23 | trackback: 0 | comment: 6edit

    コメント

    いつもレビュー参考にさせてもらってます。

    CPU:OCCTは温度もシステム安定度も個人的にあまり信用できないので
    時間がありましたら
    http://freesoft.tvbok.com/freesoft/pc_system/prime95-setting.html
    のサイトの"CPUおよびメモリに負荷をかけたい場合"



    OCCTのCPU linkpack 64bit/AVX対応/全コア使用

    での1時間後の温度とかも載せてもらえると嬉しいです。



    あとすごく些細なことですがcrystal markは4スレッドのアプリケーションなので
    i7とかFXのスコアは正常にでませんし、あまり当てにならなかったり。

    774 #- | URL | 2013/06/17 02:03 * edit *

    ありがとうございます!

    774さん コメントありがとうございます。

    最近prime95をしてなかったのでやってみます。
    ぼくんちのTV別館の記事も拝見させていただきました。

    個人的にもよくたどり着くサイトなので
    また詳しく見てみます。

    ここ数日4670Kの検証をしてるとこなので、できることからしていきますね。
    色々アドバイスいただきありがとうございました。
    またよろしくお願いします。

    海ザルMAX #- | URL | 2013/06/17 07:31 * edit *

    こんにちは! 海ザルMAXさん

    ネコの4770Kレビュは違反でストップしてました~w

    さて4770Kですが
    OCに関してはマザーBIOSの詳細設定もまだ把握出来ていませんが
    私め環境では4.4ギガ以上は熱も出てしんどい様子です。
    4.2ギガまでが安定して使える状態ですね。

    注目のBCLK設定の変更ですが
    私の環境では30X125でも起動は出来ませんでした。
    何か設定ミスなのかな?

    そして今 早速出ましたUSB3.0障害が
    スリーブ関係なく見失うしォーマットしろと出ました(笑)

    USB3.0メモリに関しては出ませんでしたが
    USB3.0外付けHDDで挙動不審状態です。
    承知で購入してるので致しかたないですが かなりうっとうしい存在ですわw

    情報のOPEN GLに関してはCINEBENCH数値でかなりのUP
    そしてCPUレンダリングもUPしてますね~。
    SSDのベンチ数値も書き込みがUPしていますね。
    VGAベンチに関してはGTX660なんら変化なしでした。

    海ザルMAXさんや先駆者の情報でおおよその見当はついていましたが
    BCLKが変更出来ないのだけが気になりますね~(笑)

    また情報下さいね宜しくです。

    オリエントブルー #- | URL | 2013/06/18 14:58 * edit *

    Re: タイトルなし

    こんばんは!オリエントブルーさん

    > BCLKが変更出来ないのだけが気になりますね~(笑)
    私も最初BCLKのみ上げていたら起動できませんでした。
    ちなみに
    BCLK/PCIE Frequency/125.0とBCLK Ratio/1.25に変更したらOKでした。

    メモリ周波数は2133から大事を取って1333に変更してOCCTをしました。
    現在はDDR3-2000を選択していますが。

    外付けHDDは問題ありですか!
    私はHaswell2台でまだ直面していないのでストレス感じていないですが
    そのうち問題が発覚しそうですね!

    海ザルMAX #- | URL | 2013/06/18 23:20 * edit *

    アズロックのマザボいいですねー

    とくにストレージ25%upが

    DRAMでキャッシュでもしてるんですかね?

    nono #- | URL | 2013/07/01 02:58 * edit *

    コメントありがとうございます

    nonoさん コメントありがとうございます!

    「ストレージ25%up」
    確かにSSDが高速になっています。
    インテル330がかなりアップしたので、PLEXTOR PX-128M5Pも
    購入して試しましたが、PLEXTORは今一つの数値でした。

    またよろしくお願いします!

    海ザルMAX #- | URL | 2013/07/01 07:46 * edit *

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/87-fb603fcf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)