07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

    フリーズ物語

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --/--/-- --. --:-- | trackback: -- | comment: -- | edit

    最強簡易水冷 CORSAIR H110 

    ガンダム1号機をCORSAIR H110に換装!
    ガンダム1号機は今までH100iを使ってきましたが、P280-MW Window用にH100iを換装したので、最強簡易水冷のCORSAIR H110をポチってみました。
    新製品のNZXT Kraken X60がいいと思ったのですが、140㎜ファンが最大回転数2000rpmで37dBAでしたので、H110よりうるさくなりそうでしたので、使い慣れたCORSAIRにしてみました。

    280mmサイズのラジエーターを採用した水冷一体型ユニットが今一つ人気がないのは、その大きさにあるでしょうね。280mmサイズのラジエーターを設置できるケースがかなり限られますし、それを選ぶくらいなら本格水冷にする方も多いと思います。しかしながら簡単に取り付けできて、メンテナンスフリーで、かなりの冷却性が期待できるというのは大きな魅力でありますし、H100i以上の冷却が期待できますよ!
    今回は製品特徴を中心に紹介していきたいと思います。


    CW-9060014-WW
    メンテナンスフリー、信頼と実績が生んだ安心の長期5年保証付帯です。
    Picture 22_R


    H110紹介動画



    H110とH100iのパッケージ比較
    当然H110のパッケージがひと回り大きくなります。H110のファンのカラーがBKなのが今一つですが・・・
    Picture 26_R


    H110開封
    H100iやCWCH60のときはラジエーターが箱で保護されていなかったような?さすがに今回のH110はきれいに収納されています。
    Picture 29_R


    付属のスクリュ&マウンタキャップ 固定用ねじ
    一番左がラジエーター&ファン固定用のネジで、真ん中がLGA 2011専用固定スクリュとその他のスクリュになります。右のパーツはマウンター&マウンターキャップとバックプレート固定用両面テープが入っています。
    Picture 33_R


    Intel専用ブラケット&バックプレート
    最新のIntel&AMD CPUソケットに対応したユニバーサルデザインを採用しています。Intel LGA2011/1366/1156/1155/1150、AMD Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2です。プラットフォームを選ばず幅広いシステム環境に導入可能です。今回は画像のようにIntel専用ブラケット&バックプレートを使用します。
    Picture 54_R


    Intel専用バックプレート拡大
    左下の1156と書いてあるところが、LGA1150や1155用になります。かなり細かい字で書いてあるので、明るいところで見ないとわかりにくいですよ!
    Picture 56_R


    バックプレートにピンを挿します
    先程の1156のところにピンを挿していきます。これがネジロックの役目になります。
    Picture 61_R


    バックプレート準備完了!
    ピンを挿して両面テープを貼ったら完成です。
    Picture 63_R


    Intel専用ブラケットを組み立て
    ブラケットにマウンター&マウンターキャップを取付します。
    Picture 68_R


    取扱い説明書/ブラケット編
    ここまでの流れは説明書に詳しく書いてありますが、英語のためイラストで判断していきます。
    Picture 42_R

    取扱い説明書/バックプレート編
    Picture 45_R

    取扱い説明書/固定用ホルダー編
    Picture 50_R

    取扱い説明書/ラジエーター編
    Picture 51_R


    付属品組み立て完了!
    説明書の通りバックプレートとブラケットが完成しました。細かい作業ですので意外と大変です。H100iでは無かった作業だけに面倒でした。
    Picture 70_R


    穴の位置確認
    バックプレートとブラケットの穴の位置を確認します。
    Picture 71_R


    穴位置もバッチリ!
    問題なく穴の位置もバッチリOKです。ここが違っていたらH110が固定できないので必ず確認をした上でセットします。
    Picture 72_R


    付属ファン
    最大1500rpm、大口径140mmファンで優れた冷却性能を発揮します。コネクタは4ピンPWMで、最大風量94CFMですのでかなり冷却が期待できます。ファンのノイズは最大35dBAですからかなりうるさいかもしれません。
    Picture 84_R


    280㎜ラジエーター
    ラジエーターサイズ29×140×314mmです。素材はアルミニウムですから冷えそうですね!
    Picture 87_R


    柔軟な設置を可能にするゴム製チューブ
    柔軟な設置を可能にするゴム製のチューブを採用しています。曲げやすく、約300mmの長さを確保することで、ラジエーターの設置が柔軟に行えます。また、チューブは劣化に強く水漏れや揮発の心配はありません。H100iのチューブと比較して、細くなった分柔らかく取り付けが容易になっています。
    Picture 90_R


    高い熱伝導効率を誇る銅ベースプレートを採用
    CPUと接触するベース部には、高い熱伝導効率を誇る銅を採用しています。CPUから発生した熱を効果的にクーラント液へ伝え、優れた冷却性能を発揮します。今回はまず付属グリスのまま使ってみて、CPU温度を確認します。
    Picture 106_R


    H110のウォーターブロック
    ウォーターブロックのサイズは70×70×28mmです。丸型のウォーターブロックもなかなかいい感じです。コネクタピンは3ピンになっています。
    Picture 110_R


    スクリュ設置完了!
    スクリュを取り付けてウォーターブロックも完成です。固定用ホルダーが入りにくかったのでご注意下さい。
    Picture 113_R


    バックプレートと穴位置確認
    最終確認作業です。バックプレートとスクリュが4ヵ所とも一致するかを確認しました。
    Picture 118_R


    ファンは排気でセット
    ファンは吸気にした方が冷えそうですが、トップに設置するならエアフローを考慮して排気がいいでしょうね!ドライブベイ横だったら吸気でいけそうですが、メモリクーラーも装着したかったのでトップに設置します。
    Picture 125_R


    バックプレートを固定
    バックプレート内側に両面テープが貼ってあるので、簡単に固定できます。これはH100iやCWCH60より簡単です。それまでの作業が大変でしたのでホッと一息。
    Picture 128_R


    CORSAIR以外のケースは規格が違う?
    H110は、Vengeance C70、Carbide Series 500R、Obsidian Series 650D/900Dに対応しています。トラブルなく設置できるのはCORSAIRの上記のケースですが、注意点はラジエーターの穴位置③~④(8つのネジ穴の中央部の間隔)が20㎜ありますので、仮にPCケースの穴位置がガンダム1号機のように15㎜(①~②)であれば取り付けが困難になります。
    穴位置


    結束バンドで固定
    8ヵ所のうち6ヵ所はねじ止めOKでした(ケース用インチネジ使用)。しかし残りの2ヵ所がネジを斜めに差し込めばいけますが、あまり無理をするとネジ山を壊してしまうので、安全策で結束バンドで固定しました。ケーストップカバーをしたら見えませんからご愛嬌ということで・・・
    しかし安易に考えていました。H100iが何ら問題なく設置できたので、当然H110もケースの穴位置と一致すると思っていましたので、「何で」という感じでした。NZXT Kraken X60よりラジエーターが大きいから変だとは思っていたのですが、まさかの失態でした。一応取付はできましたのでOKでしたが・・・
    Picture 135_R


    H110設置完了!
    H110設置完了です。さすがに280㎜ラジエーターは大きいですね!それが装着できるガンダム1号機は最高です。ラジエーター取付で少々苦労しましたが、これで4770KをOCしても安心です。
    Picture 96_R

    ガンダム1号機の構成
    【M/B】 ASRock Fatal1ty Z87 Professional
    【CPU】 intel Core i7-4770K 4.5GHz OC
    【RAM】 AX3U2133XW4G10-2X
    【クーラー】 CORSAIR H110
    【GPU】 N660GTX Twin Frozr Ⅲ OC
    【SSD】 PX-128M5P
    【HDD】 WESTERN DIGITAL WD5000AAKX
    【CACE】 InWin GRone White
    【PSU】 SILVERSTONE SST-ST75F-G-E
    【OS】  Windows8 Pro 64bit


    OCCTを走らせてCPU温度確認
    2013-07-30-00h19-Temperature-Core #1
    2013-07-30-00h19-Temperature-Core #3

    ★★ 4770K 4.5GHzOC ★★
    室温H110=29.3℃、H100i=29.5℃
    H110ファン回転数=1100RPM、H100iファン回転数=1400RPM
    アイドル時(左H110、カッコ内H100i)
    Core#0  33℃ (33℃) 
    Core#1  33℃ (34℃)
    Core#2  32℃ (32℃) 
    Core#3  31℃ (31℃)

    OCCT LINPACK(左H110、カッコ内H100i)
    H110ファン回転数=1450RPM、H100iファン回転数=2000RPM
    Core#0  74℃ (76℃)
    Core#1  76℃ (78℃)
    Core#2  73℃ (76℃)
    Core#3  70℃ (73℃)

    アイドル時cpu温度はほとんど同等の数値でした。高負荷時はさすがにH110が2~3℃低くなりました。というかH110iも冷却性能が悪いわけではないので、ほとんど誤差の範囲内という状況でしょうか。
    個人的にはもう少し冷えるかなと思っていただけに、2~3℃の差で少し残念ですが、それでも空冷や以前のCWCH60に比べてたら、かなり優秀でないでしょうか。



    HWiNFOでCPU温度確認
    Haswellになって、OCCTやHWMonitorでの温度表示が正しく表示されないため、いつもHWiNFOで確認しています。
    Vcore1.240Vでこの温度ですから、夏場はH110を持ってしても、これ以上のOCは危険ですね!高負荷時80℃未満であれば故障などのトラブルも少ないでしょうから、現状では4770Kは4.5GHzで4670Kは4.4GHzで常用していきます。
    Core#0  76℃ 
    Core#1  75℃ 
    Core#2  73℃ 
    Core#3  66℃ 
    CoreMax  76℃
    HWM H110


    H110とH100iで最強コンビ完了!
    ANTEC P280-MW Windowにケースを交換して、最近はそちらをメインで使ってきましたが、やはりH110に換装したらガンダム1号機をメインで使い始めるでしょうね!
    Picture 140_R

    殻割りなしで4.5GHzで常用できたら御の字です。H110を使ってみて意外とファンのノイズが気にならなかったので満足しています。その分他の箇所に多くのファンを設置していますので(140㎜ファン×10基)、他のファンがうるさいのかもしれません・・・
    メイン機サブ機とも、CORSAIRの最強簡易水冷に換装できましたので、この夏も熱対策は万全でないでしょうか?ちなみにエアコンつけて室内温度を23℃に設定していたら、4770Kのアイドル時26℃、地デジ見ながらCPU使用率20%前後で36~39℃でかなり冷えることを付け加えておきます。


    CONECO・NETレビュー
    最強簡易水冷 CORSAIR H110




    CORSAIR 水冷一体型クーラー CW-9060014-WW(H110)CORSAIR 水冷一体型クーラー CW-9060014-WW
    H110


    商品詳細を見る


    Corsair 一体型水冷CPUクーラー CW-906009-WW H100iCorsair 一体型水冷CPUクーラー CW-906009-WW
    H100i


    商品詳細を見る
    関連記事
    2013/08/01 Thu. 01:46 | trackback: 0 | comment: 4edit

    コメント

    情報ありがとうございます!

    どんどこどんさん 情報ありがとうございます!

    > ConecoがYahooに買収されました><
    そうなんですね。何かCONECOがよくなればいいですが・・・

    私も状況見ながら対応していきます。



    海ザルMAX #- | URL | 2013/08/04 07:19 * edit *

    私もH110を使ってますが、Corsairクーラーのバックプレートは締め込む時にプラスチック部分で舐めてしまってバックプレートだけ付け替えました。
    市販のバックプレートだと少しネジ穴まで短くて…
    丁度良い物はないですかねー

    nono #- | URL | 2013/08/05 01:13 * edit *

    コメントありがとうございます

    nonoさん コメントありがとうございます!

    > 市販のバックプレートだと少しネジ穴まで短くて…
    市販のバックプレートに交換されたんですね?

    CORSAIRの簡易水冷のパーツは、ネジ山がだめになりやすいし
    トラブルが多いようです。

    リンクスでCORSAIRの保守部材品を販売しているので
    必要な部品があったら、一度確認してみてはいかがですか!

    サポートお問い合わせフォーム
    https://otoiawase.jp/do/public/form/links55/1/

    リンクスアウトレット問い合わせ
    https://otoiawase.jp/do/public/form/links55/3

    海ザルMAX #- | URL | 2013/08/05 07:44 * edit *

    これは

    これは垂直に付けないと効果ないのでは?
    冷えた水が下に行くので、水平だと温水の流れができない。

    gooz #mQop/nM. | URL | 2015/07/08 15:53 * edit *

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック
    トラックバックURL
    →http://4338.blog.fc2.com/tb.php/94-7b7c6eca
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)